ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

カテゴリ:PS4ソフト プレイ日記 > <PS4>神獄塔 メアリスケルター2

スポンサーリンク
最終章、監獄塔エリア・上層の11階にある戦闘イベントマークに触れてイベント。
ここの選択肢でトゥルーエンドに突入した後、すぐさまにボス戦が始まりました(エンド分岐の詳細はこちら)。

トゥルーエンドのラスボス名は、ナイトメア・ラブ。
鬼ごっこなどはなしに、そのまま戦闘開始です。

神獄塔 メアリスケルター2_20180801013240

部位を順番に破壊することも可能ですが、反撃や、ジェイルボーナスの敵全体攻撃などで本体にダメージを与え続ければ、部位を破壊しきる前に決着がつくこともあります。
要するにいきなり本番戦ですね。

ジャックの「じょうか」などの行動はすべて選択可能なのでご安心ください。
ただし、ジャックリッパー化などの厄介な事態も変わらず起こり得ます。


HPはFEARで77000~95000前後、1~2回行動。

・通常攻撃 338~369
・溺愛 追加効果で猛毒 全体 427~564
・狂気 追加効果でスキル封じ 全体 320~526
・約束 全体のすべての能力強化を消し去る
・誰も守れない 都度ランダム対象に計2?~10?回攻撃 352~422
・ただ守りたいだけ ATK上昇
・詠唱 次の行動順またはその次の行動順に「夢」を発動 全体 536~1067
・受け流し 次の行動順までダメージ半減


「誰も守れない」が最も厄介。
攻撃回数7回以上が出やすいうえ、1ターンに2連続で使われることもあります(終盤になるほど使用頻度が上がる模様)。

これだけでパーティが壊滅し得るほどの破壊力でした;;
まずはこれに耐えられる、または最低限立て直せるだけの耐久力は必要でしょう。

レベル上げや防具変更・強化のほか、ラプンツェルの魂血スキルを頻繁に発動させるなどの工夫を行います。
他には、つう以外のアイテム回復役にはスキル封じ対策もしておくべきです。


部位は「愛と絆」(水弱点)のみ。
まともに戦うなら、魔法攻撃ではほとんどダメージが出せなかったので、物理で攻めなくてはならない。

ですが、少なくとも難易度FEARの場合、血式退化も含めてかなりしっかりと育てていないとまともに戦える相手ではありません…。

お勧めは、ラプンツェルには水属性スキルを連発させること。
「愛と絆」を攻撃して返り血を溜め、他のキャラに舐めさせて常に味方全体の防御力を上げておきます。

ついでに弱点攻撃なのでジェイルの食欲を、舐めることによって性欲を満たすことができ、ジェイルボーナスを頻発できる。
予め敵全体ダメージのJピースを大量にセットしておけば、ジェイルボーナス一回だけで1万前後の与ダメージです。

返り血を溜めることとジェイルボーナスを発動させることが目的なので、ラプンツェルに火力は必要ありません。
HPやDEF、SPの高い職業や装備を選ぶと良いでしょう(他にはMEN、AGI)。


他のキャラは、状況に応じて出血性のスキルまたは水属性スキルを使用したり、アイテムやスキルで回復したり。
もちろん、他のキャラの返り血が溜まっていたら隙を見て舐めます。
ブラッドスケルター化だけ起こさないように注意しながら。

それと、ジャックの方もジャックリッパー化しないよう、隙あらばしんこきゅうしておきましょう。


もし敵を倒す前に部位破壊が先にあった場合、本体は風弱点なので水属性に代わり風属性で攻撃するだけです。

終盤ほど「誰も守れない」の使用率が高かったので、Jピースには敵全体ダメージ以外に睡眠付与か麻痺付与あたりがあっても良いかもしれませんね。

最後にもう一つだけ、通常のナイトメア戦と同じく、敵の行動順はリアルタイムで繰り上がっていきます。
こちらの行動選択は、選択を誤らないように慎重にかつ急いで選択するようにしましょう。


倒したら、イベント後、道なりにダンジョンを移動して行きます。
特に急がなくても問題ありません。

途中で階段が2つ、レバーを引いて扉を開けないといけない場面が1つだけあるのみ。
すべてのイベントが終わったらエンディングです。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
最終章、監獄塔エリア・上層の11階にある戦闘イベントマークに触れてイベント。
ここの選択肢でバッドエンドに突入した後、すぐさまにボス戦が始まりました(エンド分岐の詳細はこちら)。

バッドエンドのラスボスは、謎のナイトメアです。
鬼ごっこなしで戦闘開始。

神獄塔 メアリスケルター2_20180731235722

部位を順番に破壊することも可能ですが、反撃や、ジェイルボーナスの敵全体攻撃などで本体にダメージを与え続ければ、部位を破壊しきる前に決着がつくこともあります。
要するにいきなり本番戦ですね。

本体のHPは難易度FEARで52000~61000前後、2回行動。

・通常攻撃 281~364
・無価値 追加効果で猛毒 全体 336~462
・何もいらなくなった 都度ランダム対象に計1~4?回攻撃 (DEFアップ中で)190前後
・虚(部位「愛ギア」を破壊した後に使用を確認) 追加効果で麻痺 全体217~282
・詠唱 2つ後の行動順に「絶望」を発動 全体 180~712


最も厄介なのは「虚」による麻痺。
猛毒はそこそこ無視できますが、麻痺は数ターン動けなくなるので痛すぎる。
これが複数人になると、一気に全滅しかねません。

最悪でもアイテムやスキルでの回復役たちには麻痺対策をしておきたい。
スキル回復役は「リカバリー」も覚えさせておけば、重要なキャラの麻痺を治すついでに猛毒も同時に治せて便利です。

それと、偶然かもしれませんが、虚は部位「愛ギア」を破壊した後に初めて使われました。
愛ギアを破壊するまではそこそこターン数がかかっており、破壊後の虚の使用頻度はそこそこあったので、関係していそうな気がするのですが…。
念のため、本2冊破壊後は範囲攻撃は使用せず、すべての部位を均等に攻撃した方が良いかもしれませんね。


愛ギアがもしそうだったなら、他の部位も破壊したら何か敵の攻撃パターンが追加されるかもしれないですし、部位を一つも破壊せずに勝利するという戦い方が良いかもしれません。
もちろん、予めジェイルマネージで敵全体攻撃などのJピースをセットしておく必要がありますが。
でないと、パーティの普通の攻撃手段では全部位を破壊しきるまで本体に一切のダメージを与えられないので。

後はもちろん、最高級の全体回復アイテムを買い漁っておくこと。
猛毒にならなくとも、敵は火力が高いうえに範囲攻撃や複数回攻撃を連発してきて被ダメージは相当な数値になります。

これが最後の戦いなので、惜しまずにより良いアイテムを使いまくりましょう。
(後でトゥルーエンドを見たい場合でも、この戦闘勝利後はクリアデータをセーブする場面などは出ずラスボス前・エンド分岐前に戻る、すなわちアイテム消費もなかったことになるためご安心ください。)





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。