ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

カテゴリ:PS4ソフト プレイ日記 > <PS4>神獄塔 メアリスケルター2

スポンサーリンク
過去記事を少しでも簡単に探せるようにするためのまとめ記事です。
カテゴリー別に振り分けています。

※本ブログ内で書いたプレイ日記カテゴリ「<PS4>神獄塔 メアリスケルター2」のリンクのみとなります。
※すべて時系列です。
※遅ければ毎日就寝前に更新するため新記事を投稿した時間とのタイムラグが生じ得ます。


-ゲーム評価・感想(1)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 評価と感想



-ボス戦・強敵戦(27) ※難易度FEAR

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「地下洞窟ダンジョンで初めてのボス戦!?ナイトメアくうかんを使って戦おう」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.ウィズアスラネッサ 土属性の攻撃手段を準備しておくと楽になる」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.人魚姫のナイトメア 部位破壊が終わるまでは急いでコマンド入力を」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.ストマックイーター スキル封じや睡眠耐性装備または状態異常回復アイテムを用意」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.ヘンゼルナイトメア 部位破壊には、魔法攻撃か反撃を利用する」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.プリンシパルハント 混乱対策があれば問題なく勝てる」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.旧河川・沼ナイトメア ステータス変化の補助技を使用している隙に回復して態勢を整える」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧寺院エリア2区での強敵戦!単発の戦闘不能者は出得るが、概ね攻撃に集中して問題なし」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.ムーンディスオーダー 状態異常対策と、全体攻撃に耐えられるだけの耐久力を!」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.旧寺院ナイトメア 睡眠耐性は必須!それとナイトメアくうかんを大いに活用する」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.ガーディアンビースト 敵に状態異常をかけて楽に戦う」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.鶴の恩返しナイトメア 回復役のAGIが低くなければ余裕を持って戦える」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元繁華街エリア1区に入ると同時に強敵戦開始!」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元繁華街エリア2区のマップ中央、戦闘イベントマークにて強敵戦」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元繁華街エリアで核の番人戦!攻撃がばんばん飛んでくるので耐久力の強化を」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.元繁華街ナイトメア 念のためスキル封じ対策だけしておいて、他は特に何もなし」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元駅構内エリア2区での強敵戦!魔法防御が低いので弱点属性の魔法攻撃が楽」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.ミリオネアジュエル 全体対象の状態異常攻撃を2種も持つ厄介な相手」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.元駅構内ナイトメア 舐めるを多用して性欲ジェイルボーナスを狙う」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.マーベルウォーズ 行動速度と物理押しのわかりやすい相手」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS元街道沿いナイトメア 物理防御はすごく高いが、こちらも弱点属性や高火力を用意すれば問題なし」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.ヴァンダルシスター 魔法型の味方はサポートに徹する」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.元墓所ナイトメア とにもかくにも高火力!常にHP満タンを維持し続けること」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.コアーマキアZ 蘇生の手段は複数用意しておく」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「VS.監獄塔・前ナイトメア 感染毒は無視、つうの魂血スキルをこまめに発動させる」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「バッドエンドのラスボス戦!麻痺対策はしておいた方が良い」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記・最終回 「トゥルーエンドのラスボス戦!スキル封じ対策と、全体の耐久力を上げておく」



-ダンジョン探索 第1章(5)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「最初のダンジョン・元街道沿いエリアの探索開始! ~最初のセーブポイントまで」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元街道沿いエリアの探索-その2 2区の最初のセーブポイント~別のダンジョンに到着」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「地下洞窟ダンジョンを探索-その1 2区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「地下洞窟ダンジョンを探索-その2 1区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元街道沿いエリアを探索-その3 地下洞窟ダンジョン脱出~第2章に入るまで」



-ダンジョン探索 第2章(3)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「水族館跡エリアを探索-その1 1階」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「水族館跡エリアを探索-その2 2階」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「水族館跡エリアを探索-その3 3階~4階」



-ダンジョン探索 第3章(4)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧学生街エリアを探索-その1 1区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧学生街エリアを探索-その2 2区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧学生街エリアを探索-その3 3区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧学生街エリアを探索-その4 4区(道中の強敵戦を除く)」



-ダンジョン探索 第4章(4)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧河川・沼エリアを探索-その1 1区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧河川・沼エリアを探索-その2 2区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧河川・沼エリアを探索-その3 3区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧河川・沼エリアを探索-その4 4区(道中の強敵戦を除く)」



-ダンジョン探索 第5章(4)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧寺院エリアを探索-その1 1区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧寺院エリアを探索-その2 2区(道中の強敵戦を除く)」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧寺院エリアを探索-その3 3区~4区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧寺院エリアを探索-その4 5区(道中の強敵戦を除く)」



-ダンジョン探索 第6章(4)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧芸術通りエリアを探索-その1 1区~2区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧芸術通りエリアを探索-その2 3区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧芸術通りエリアを探索-その3 4区~5区(道中の強敵戦を除く)」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「旧芸術通りエリアを探索-その4 6区」



-ダンジョン探索 第7章(4)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元繁華街エリアを探索-その1 1区(道中の強敵戦を除く)」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元繁華街エリアを探索-その2 2区(道中の強敵戦を除く)」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元繁華街エリアを探索-その3 3区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元繁華街エリアを探索-その4 4区(道中の強敵戦を除く)」



-ダンジョン探索 第8章(2)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元駅構内エリアを探索-その1 1区~2区(道中の強敵戦を除く)」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元駅構内エリアを探索-その2 3区~5区(道中の強敵戦を除く)」



-ダンジョン探索 第9章(3)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元街道沿いエリアを探索-その4 第9章開始~2区」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元街道沿いエリアを探索-その5 3区~4区(道中の強敵戦を除く)」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元街道沿いエリアを探索-その6 5区」



-ダンジョン探索 第10章(3)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元墓所エリアを探索-その1 1区~2区でチューリップ柄のアイテム扉を開ける」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元墓所エリアを探索-その2 2区・チューリップ柄のアイテム扉の先~合流地点」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元墓所エリアを探索-その3 4区~5区(道中の強敵戦を除く)」



-ダンジョン探索 最終章(6)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「監獄塔エリア・下層を探索-その1 1階~2階」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「監獄塔エリア・下層を探索-その2 3階~4階」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「監獄塔エリア・下層を探索-その3 5階~6階(道中の強敵戦を除く)」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「監獄塔エリア・上層を探索-その1 7階」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「監獄塔エリア・上層を探索-その2 8階~9階」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「監獄塔エリア・上層を探索-その3 10階~11階」



-システム関連(6)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「まずは簡単な戦闘チュートリアルから」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「第2章開始!拠点で様々な施設が使えるように」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「ブラッドファームで血花を育てよう!」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「第3章開始!拠点には依頼所が新たに追加される」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「第6章開始!戦闘メンバーから溢れたキャラにはコンビネーション設定をしておこう」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「エンド分岐の条件とクリア後に関して」



-その他プレイ日記(4)

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「第4章開始~次のダンジョンに出かけるまで」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「第5章開始~次のダンジョンに出かけるまで」

<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「第7章開始~次のダンジョンに出かけるまで」


<PS4>神獄塔 メアリスケルター2 プレイ日記 「元墓所エリアより帰還~監獄塔へ向かう」




松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PS4ソフト「神獄塔 メアリスケルター2」をエンディングまでクリアしてみての評価と感想です。
評価はより客観的に、感想はより主観的に。

本ソフトには前作も収録されていますが、ぼくは前作は発売当初にプレイ済みで、本記事に前作の評価と感想は含まれません。
(前作の評価・感想記事は こちら ですが、アップデートなどで大きく改善される前のものであることをご了承ください。)


まずは評価から。
ジャンルはダンジョンRPG、ダンジョン内の視点は一人称です。


世界観やその設定は、前作とまったく同じ。
かつてそこにあった街も人も何もかも丸ごと飲み込んだ、生物なのか何なのか正体がまったくわからない「ジェイル」と呼ばれるもの。
ジェイルの中には「メルヒェン」という化け物が巣食っており、メルヒェンたちに囚われた人々は毎日、謎の拷問をかけられる。
といったところなのですが、前作をプレイせずに2をプレイするのはまったくお勧めできません。
前作との繋がりがあるかどうかとか以前に、世界観の説明がほとんどないので。
初めてプレイされる方は2からプレイすると付いていけないと思われます。

前作をプレイ済みなら、「ああそう言えばこういう設定だったな」と思い出せる程度には簡単な説明はありましたが…。
世界観やその設定がまったく同じなので、せっかく独特で面白いものなのに、前作をプレイしたときに感じた新鮮さは一切感じられません。
これは少しもったいなかったなと。


シナリオは、総合的な内容とオチは良かった。
ただ運び方がダメでした。

序盤は、前作との関係や繋がりはどうかとか、この先の物語はどう転がっていくんだろうかなど、プレイヤーは惹きつけられる。
でも中盤以降、終盤に差し掛かってもなお、オチに関連する謎解きはほとんどされず、伏線も全然ない。
ただ淡々とダンジョンを攻略しているだけに感じてくる。
盛り上がりがないままにそのままラスボス戦前後まで到達します。
そしてここで、いきなり駆け足ですべてのことをまとめて説明される。
これだと話に付いていけない人も少なからず出てしまうでしょう。

前述した通り、その内容とオチは良かったんです。
なるほどそういう設定だったのかと感嘆し、驚きや、その他様々な感情も湧きたち得る。
だからこそ余計に、オチに繋げるまでの運びが残念でした。


戦闘システムは前作とほとんど同じ。
概ねは基本的なダンジョンRPGと大きくは変わりません。
が、敵の血を浴びると強くなったり、血浴びが悪くいけば凶暴化してしまうこともあるなど、世界観が生かされています。
システムは、問題なく楽しめるものではないかと。


ただ、戦闘難易度のバランスが悪かった。
例えば序盤で、最初のダンジョンが終わり新たなダンジョンに入ったとき、敵が馬鹿みたいに強くてゲームオーバーを連発しました。
ぼくは最高難易度でやっていたので、試しに最低難易度まで下げてみたのですが、それでも歯応えを感じるほどに強い。
同時期に強い装備を手に入れるための手段が解放されたので、これを行い強い装備を手に入れていることが前提になっているような強さです(それでもどうにかゆっくりと探索が進められる程度)。

中盤から終盤にかけては問題なくサクサクと進めて行けましたが、ラスボスがまた異常な強さ。
一つ手前のボスにどうにか勝てるくらいのパーティでは絶対に勝てません。
最低難易度で育成よりもシナリオ進行をメインに進めてきた方でも、ラスボス直前にレベル上げをする羽目になるでしょう。
中盤から終盤のボスを常に楽勝で倒せるくらいに慎重に進めてきた方なら、レベル上げや装備強化などなしでもどうにかラスボスに立ち向かえるかなというほどの強さでした。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

続いてダンジョン探索ですが、まずダンジョンの構造は謎解きや仕掛けを解いていくタイプと言うよりは、迷路型です。
ギミックの内容は他のダンジョンRPGでもよく見るようなものが多く、それほど難しいものはないため困ることはそうありません。
マップサイズも、前作は広すぎましたが今作はまともなので、問題なく進められる。
ダンジョン自体には悪いところは特になさそうでした。
が、シナリオの盛り上がりがない点と相まって、終盤には探索が飽きてくる恐れはあります。

ダンジョン探索では他に、このゲーム特有の「虐殺鬼ごっこモード」というものがあります。
上級のメルヒェンであると考えられている「ナイトメア」という存在。
探索中はこのナイトメアに遭遇することがあり、ナイトメアは通常倒せないうえ人を見つけると全滅するまで襲ってくる。
ダンジョン探索中にナイトメアに遭遇すると、リアルタイムでナイトメアに追いかけ回されるというものです。

ナイトメアとの距離を大きく離すことができれば逃走成功となり、逃走できれば通常の探索に戻れる。
まさに鬼ごっこですね。

これ自体は、慣れるまではスリルもあってなかなか面白い要素なのですが、前作に引き続き今作も若干面倒さが上回りました。
鬼ごっこモードが始まると逃げないといけないので、通常の探索が進まない(ナイトメアを無視して探索しようにも、ギミックを調べたら「それどころではない」などと表示され解くことができない)。
頻繁に起こるとそれだけ時間も余計にかかるということになります。

鬼ごっこの頻度ですが、少なくはありませんでした。
そのうえ今作では、ナイトメアの移動速度が前作よりも速い。
逃走ルート(現在地周辺のマップ構造)を完全に把握していても、操作を誤って壁にぶつかったりしていたらすぐにナイトメアに追いつかれてしまいます。
ナイトメアに戦闘を仕掛けて、いくつかある部位のうちどれか一つでも破壊できれば、ナイトメアはしばらくノックダウンして動かなくなるので、確実に逃走することができる。
でも毎回戦っていられないですよね;;



最後に、その他の点でいくつか気になったことを。
まず、拠点では依頼を受けられるのですが、1つずつしか受注できないのが痛すぎます。
同じダンジョンで同時にこなせそうな依頼でも、いちいち拠点に一度帰還して、今受けている依頼を報告してから新たな依頼を受注して、また同じダンジョンに出かける…といった面倒なことをしなくてはなりません。

次に、敵のドロップするアイテムを集めて来いという依頼があるのですが、ドロップ率が低いものがあります。
ドロップ率アップやドロップ数アップのスキルをわざわざ覚えさせたりといった工夫が必要ですが、スキル習得は、レベルアップでもらえるポイント割り振り制です。
普段の敵の強さを考えると戦闘用のスキルばかりを覚えさせたいところなので、こんな無駄なスキルを習得したくはありません。
といった具合に、一部の依頼の難易度が厄介でした。

後は、イベントスキップが遅いこと。
イベントを完全に飛ばすことはできず、早送りになるのですが、早送りにしても遅いです。
普段はイベントのセリフなどはすべて聞いて読んでするので問題ないのですが、前述したラスボス戦で少し…。
ラスボス戦前のイベントはそこそこ長いんです。
何度も敗北してゲームオーバーになって、その都度ラスボス戦前のイベントを見ることになり、ここでイベントスキップを使っていたのですが、遅いからすごくきつかった;;
ラスボスが凶悪だったのとイベントスキップの遅さの相性が偶然にも最悪でしたね;;



ここからは感想。
10点満点で点数を付けるなら1。
(評価点ではなく感想点。目安として、8~10 完全にハマった、5~7 かなり楽しんだ、2~4 概ね楽しんだ、1 自分には合わなかった、0 面白くなかった、です。面白くなかった方向へも5段階ほどあり、実質-5~10点間で付けた点数とお考えください。)

えっと、途中で飽きました笑
総合的に面白くなかったというほどではなかったので、0ではなく1にしています。

中盤以降に盛り上がりが全然なかったため、ずっと同じような作業をやらされている感覚で;;
本当に、目的も何もなくただ淡々とダンジョン探索をしているだけに感じてしまいました;;

前作はもっと楽しめていたのですが、やはり世界観がまったく変わらず新鮮さが全然なかったのも大きかったのかなと。
もし次回作が出るなら、最低でもこのあたりに変化がなければ買いません。

個人的には、あまり人に勧められる作品ではありませんでした。
前作を未プレイの方なら、この一本を購入して前作から今作まで通しでプレイするのであれば、まあありなのかなとは思いますが…。


松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。