ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

カテゴリ:3DSソフト プレイ日記 > <3DS>ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

スポンサーリンク
ついに冒険の書の世界をけがしていた張本人の元へたどり着けました!
過ぎ去りし時の祭壇から行ける最後の世界「過ぎ去りし時の最果て」にて、「時の破壊者」との戦闘開始です!

DSC_0021

敵の見た目は邪神ニズゼルファの色違いで、本体のほかに「ひだりうで」「みぎうで」もあります。

行動パターンなどもかなり似ていますが、闇の衣はまとっていないため、勇者のつるぎ・真を使う必要はありませんでした。


時の破壊者(1回行動 ※片腕または両腕がないときは2回行動、HP14400~14800前後)
・かがやく息(全体53~128)
・しゃくねつの炎(全体75~119)
・時空のはざまからいかずち(全体177~275)
・バギムーチョ(全体87~210)
・イオグランデ(全体202~265)
・やみの炎(全体65~108)
・マホトーン
・ボミオス
・いてつくはどう
・めいそう(HP999回復)
・ひとみがあやしく光った(単体にねむり)
・時をうばった(数ターン1人以外は何もできない・受け付けない)
・こわれたうでにチカラをこめた(両腕復活、復活した腕のHPは2分の1)
・不敵に笑っている(何もしない)

ひだりうで(1回行動、HP3500~3800前後)
・通常攻撃(236)
・流星のごときこうげき(全体に110~132、追加効果で1ターン休み)
・不敵に笑っている(何もしない)

みぎうで(1回行動、HP4300~4500前後)
・通常攻撃(250~287)
・はげしくなぎはらった(全体161~189)
・異次元のきり(全体に1ターン休みなどの悪い状態を付与)


これらの他「終末の炎」を呼び寄せることがあります。
使ったターンと次のターンが溜めで、邪神ニズゼルファと同じならおそらくその次のターンに放出だと思われます。
ぼくは次のターンの溜め中に片腕ないし両腕を破壊できたので;;

DSC_0022

片腕でも破壊できた場合、終末の炎の支えを失い、時の破壊者本体に炎が落ちて302~429のダメージが出ました。
溜めが長い方がダメージが多いようですね。

溜め中は三位一体なので、使った次のターンは行動なし。
その次のターンの敵の行動は、終末の炎による攻撃のみだと思われます。

終末の炎による攻撃は、邪神ニズゼルファのときは防御状態でも全体に193~286、防御なしだと600越えのダメージが出ている凶悪な技。
なので発射されるターンには必ず全員防御するようにしましょう。


「時をうばった」がありますが、邪神ニズゼルファのそれと比較すると効果が弱いです。
1回目に使われたときは次のターンでいきなり解除され、2回目のときは4ターン後、3回目は3ターン後です。

また、時をうばわれているときに敵が両腕とも健在だと、3体合わせて2行動の模様。
しかもそのうち1行動は「不敵に笑っている」ことも多いため、時が戻るまで防御で耐えるのも簡単です。


基本的に邪神ニズゼルファの劣化版と考えて良いかと。
実際のところはおそらく多少は強化されていると思われますが、こちらもこの場にたどり着くまでにレベルが上がっているので;;

厄介なのは本体の最大HPくらいでしょう。
MPが最後までもてば何の問題もありませんし、ベロニカとセーニャのれんけい技「ラムダの祈り」を使うのも有効です。


倒したらイベントで、何故こういう事態(冒険の書の世界が傷つけられたのか)が起きたのかなどすべての謎が判明。
ヨッチ村の祭壇の間に主人公の銅像も建てられました。

DSC_0023

また、以降は「クルッチ」をサポートキャラとして連れて行くことができます。
戦闘中に様々なアイテムを使ってくれるキャラでした。

単体をゾーンにする「きせきのきのみ」、MPを大きく回復できる「けんじゃのせいすい」など、ものすごく便利です!
ただし、お供は1人までなので、クルッチを連れるとエマがイシの村に帰ってしまいます。

再度イシの村からエマを連れて来るとクルッチがヨッチ村に帰る。
もう一度クルッチを連れたい場合はヨッチ村の「祭壇の間」の中にいるクルッチに話しかければokでした。

ただし、邪神ニズゼルファ戦には連れて行けないなどはエマと同じです。
なので今から全員のレベルを99に上げる、モンスター図鑑を埋めるなどのやり込みをするつもりがないなら、正直好みで決めて良いかと;;


ひとまず、ヨッチ村でできることはすべて終わりました。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
過ぎ去りし時の祭壇の「追憶の神殿 3層」にてモンス・デミーラとラプソンフープを倒すと、連戦がありました。
HPMPは回復していなかったため初戦は余力を残しながら戦わなくてはいけません。

ぼくはベロニカとセーニャにれんけい技「クロスマダンテ」を使わせたせいでこの2人のMPが0で…泣

DSC_0020

次の敵は「メガトンギオス」「ネルゲルデーモン」です。


メガトンギオス(2回行動、HP7400~8000前後)
・通常攻撃(88~180)
・ばくれつけん(都度ランダム対象に計6回攻撃、1回あたり68~88)
・ジゴスパーク(全体134~145、追加効果でマヒ&雷耐性ダウン)
・みわくのマッスルポーズ(全体に魅了付与)
・おたけび
・ぜんしんにちからを超ためた(次の物理攻撃の火力が3倍)

ネルゲルデーモン(2回行動、HP11600~12200前後)
・通常攻撃(198~233)
・大きなハンマーをふりおろした(単体即死)
・巨大なしっぽでなぎはらった(全体113~182)
・はげしいしょうげきは(全体110~129)
・しゃくねつの炎(全体74~111)
・あんこくのきり(全体にマヌーサなどの悪い状態を付与)
・いてつくはどう
・めいそう(HP255回復)

このほか、れんけい技で全体262~343のダメージを負いました(おそらく追加効果でマヒもあると思われます)。


今回は確実に、どちらかを集中攻撃して先に倒すべきでしょう。
ぼくは先にネルゲルデーモンを倒したのですが、その後はメガトンギオスの行動回数が3回に増えました。

どちらも同程度に厄介なので倒す順番は好み次第ですが、メガトンギオスの方が倒しやすいのではないかと。
元のHPも低いですし、めいそうも使わない。
それに主人公のギガデインが900前後、ベロニカのメラガイアーで750前後のダメージが出ています。

ぼくがネルゲルデーモンを先に倒したのは、敵のHP情報がなかったのと、序盤に使われた即死攻撃が面倒だったという理由だけですし;;


序盤はカミュの「ぶんしん」「会心必中」(これで1200~1300前後のダメージ)でネルゲルデーモンを集中攻撃しました。
カミュはみかわし率も高く、物理攻撃の多いこの相手には最適。
大活躍してくれました。

他のキャラは基本は復活・回復で、隙があればネルゲルデーモンに攻撃です。
ただ、カミュのMPが尽きるまでに倒しきれない程度にはHPが高いんですよね;;

カミュには「けんじゃの石」を持たせていたので、以降は回復役に転じ、主人公の「ギガデイン」などに切り替えました。


ネルゲルデーモンを倒しきる前に大ピンチが2回。
1回目はグレイグの「メガザル」、2回目はセーニャの「メガザル」で乗り切っています。

もうそろそろネルゲルデーモンを倒しそうというところで残りベロニカとセーニャとシルビアの3人になったときは本当に焦りました;;
ベロニカとセーニャのれんけい技「ラムダの祈り」でHPMP継続回復状態を作り、セーニャは即座にメガザル使用。
ベロニカは回復したMPで攻撃魔法を使い、ようやくネルゲルデーモンを倒せたという形です。

本当に初戦でクロスマダンテなんか使わなければ…;;
ま、勝てたから良いんですけどね笑


残りがメガトンギオスのみになったとき、ちからを超ためてからの「ばくれつけん」が恐いです。
なので頻繁にグレイグに「におうだち」をさせていました。

グレイグもメガザル使用でMP0でしたが、におうだちはMP消費なしなので本当に助かります。


最後はグレイグへのザオリクが間に合わず1人死亡のままの勝利でした。
初戦で余力を残さなかったぼくでもどうにか勝てているので、しっかりと余力を残しておけばもっと楽に戦えた相手ではないかと。
(せめて初戦終了後にレベルアップで全回復してくれていれば…なんて都合の良いことはそうないですしね;;)

倒したら、装備品「神鳥の杖」「ラバースーツ」、および次の合言葉を入手です。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。