ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

カテゴリ: Nintendo Switchソフト プレイ日記

スポンサーリンク
エンディングを見た後、そのセーブデータ(オートセーブされている)を読み込むと、ラスボス戦後の世界に入りました。

これといった追加要素としては、オリーブに話しかけると受けられる事案が挙げられます。

DSC_0014

事案を受けると、これまで行ったことのある各地マップに自動移動。
目的地マーカーを見ながら移動し、すべての敵を倒したら拠点に自動的に戻る。

と、要するに戦闘のみを楽しめるミッションみたいなものですね。

オーダーの該当項目を見る限り、事案は全部で71種類ありそうなので、様々な場面での、または様々な敵との戦闘を楽しめるでしょう。
まだまだ戦いたりないという方にとってはありがたい要素です。


他には大した追加要素もないので、自由にやり込むのみ。
基本的にはオーダーの全項目を達成するのが主目標となるのではないかと。
PCから過去のFILEに再挑戦もできますし。

個人的には主人公の性別を変えられたら嬉しかったのですが、セーブデータも2つまで作れるのでそれは最初からやり直すしかありませんね。


と、クリア後に関してはこれだけです。
プレイし足りないという方は、過去FILEのやり直しややり込み、追加要素の事案を存分に楽しみましょう。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
イージス研究所の3つ目のフロア、エーデルガーデンに到着。
ここではぐれたアキラを発見しましたが、アキラに近付く前に少し戻って、エレベーター横のサプライケースを回収です。

アキラのもとへ向かうとレッドケース「計画の余興」が始まります。
レギオンを使われるので遠距離で戦おうかとも思いましたが、銃でチクチクされるのも結構痛い。
そのため被ダメージ覚悟の近距離戦で一気に削りにかかった方がむしろ良いでしょう。


イベントで戦闘が中断されたら、戦う対象が変わりました。
敵はビースト型とアーム型の大きめなレギオンが2体です。
敵がレギオンと言ってもキメラと同じと考えて問題ありません。
アーム型の方は、重力球を出して引き寄せてくるのは厄介でした。

しばらくアキラたちのセリフが続くので、それを読み聞きしたいなら、アックス・レギオンでの防御やビースト・レギオンに乗るなどして逃げ回るのに集中しましょう。
敵の他の攻撃パターンは、これまで見た似たタイプのキメラと同じようなものばかりなので特記はしません。

1体倒すとアロー型の敵レギオンが出現。
こいつは姿が消えるタイプでもありました。

その次はアックス型、最後にソード型が出現します。
アックス型やソード型は、大剣を装備し、ジャストレギオンや回避からのシンクアタックなどで一気に畳みかければすぐに倒せるでしょう。
5体とも倒すとケースクリアです。


次は「ノア 野心の化身」に襲われました。
イベント中、主人公が画面外にいるときに左スティックで動き回っていると、いきなり落下してダメージを負ってしまったりする可能性もあるためご注意ください。

DSC_0013

主人公が視認できるようになり敵が攻撃を始めたら、しばらくはチェインジャンプで足場から足場へと逃げていくだけです。
所々に区切りがあるようで、もし失敗して落ちてしまったら、その区切りの最初からやり直しでした。

序盤は急がなくても余裕がありますが、終盤は、ZLボタンでレギオンを放たないと時間が厳しいかもという程度には急ぐ必要があります。
何度か失敗したら次に飛ぶ足場の方向を覚えるのでいずれはクリアできるでしょうが…。


チェインジャンプが終わったら、イベント後にレッドケース「コアの破壊」です。
基本的には大剣などでがんがん攻撃をし続けるのみ。

敵が殻に覆われたときは、間違ってスキル「オートバインド」を使ってしまったときに殻を破壊できたので、チェインバインドするのが正解だったのかもしれません。
同時に殻への攻撃も仕掛けていたのでタイミングが偶然重なっただけかもしれないですが;;

その後は、不可避の攻撃はどうしようもないので、常にHPに余裕を持っておくことだけ気を付けておきましょう。


コアの破壊が終わったら、イベント後、「ノア 純粋体」とのボス戦開始です!
同時にレッドケース「ノアとの戦闘」も始まりました。

距離を取っても瞬間移動で速攻詰められる、元々の動きも早め、なので基本は警棒での戦闘がお勧めです。
敵が上空に留まり遠距離攻撃を続けてくるときのみ、銃での攻撃に切り替えます。
チェインバインドは成功しても一瞬で拘束が解かれるため狙う必要はありません。

敵の攻撃パターンのうち、先ほどのコアが使っていたような、エネルギーを複数方向の地面に伝わせる攻撃は最も避けやすいので確実に避けましょう。
後は、スキル「ヒットラッシュ」は積極的に使っておかないと、なかなか敵のHPを削れなくて大変です。


HPを半分ほど削ると、演出後に敵の色が変化しました。
おそらく強さも変わっているでしょう。
こちらもドリンクアイテムでドーピングしておきます。

以降は、重力で引き寄せてからの攻撃が厄介で、当たると即死ダメージが;;
確実にビースト・レギオンに乗って回避したいので、ビースト・レギオンだけはヒットラッシュで飛ばさないようにしなくてはなりません。

ぼくは戦闘後に思い出したのですが、ここでレギオンとの融合を使った方が良かったですね;;


敵のHPを削り切って演出が始まったら、シンクアタックのタイミングでZLボタンを押してスコアボーナスを得ましょう。

イベント後、敵に近付いて行って次のイベントを待つ。
最後の選択肢はできない方を選びましたが、結局はどちらを選んでも同じっぽいですね。

選んだら、後は自動で進み、エンディングに入りました。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。