ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

カテゴリ: Nintendo Switchソフト プレイ日記

スポンサーリンク
エンディング後、クリアデータのセーブ画面になりました。
クリアデータは周回専用のようで、ボス戦前からやり直しといったことはできません。

クリアデータをロードすると、いくつかの項目を引継いでの周回を始められる。
また、周回時のみの追加要素も。


まずは引継ぎ項目ですが、自動(強制)引継ぎ項目と任意引継ぎ項目とがありました。
強制の項目は以下の通りです。

・プレイレコード&アワード
・ショップの売り物ラインナップ
・衣装
・アートワーク
・Analysisの情報
・ウラハラ闘技場の称号


そして任意項目は以下。

・レベル
・カルネージ
・スキル
・オートマップ
・お金とアイテム


続いて追加要素に関してですが、1つは難易度ルナティックの追加です。

DSC_0005

ルナティックで始めるとゲーム中に難易度変更不可。
また、引継ぎ項目のうち任意のものは一切引き継ぐことができませんでした。

カルネージやスキルは頑張ってやり込んだ人ほど引き継げないのは痛いところでしょうが、ルナティックでのクリアはプレイレコードの1つだと考えられます。
なのでプレイレコードやアワードのコンプを目指す方は、2周目でルナティックを選択した方が良いでしょう。


他の追加要素は、プレイレコードの空き項目から察するに、リクエストや闘技場の級なども増えているのではないかと考えられます。
逆に引き継がれなかった要素として特記しておくことは、ドーピングアイテムでのステータス強化状況。
各種ドーピングアイテムを計40個くらいイツキに使った状態で周回を初めてみたのですが、序章の時点でステータスはツバサとほとんど変わらずでした。
シャードなども引き継がれていないので、こちらもカルネージやスキル同様に強化し直しですね;;

以上、周回と引継ぎに関してでした。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
第6章でボスを倒し、インターミッションなしで終章に入る。
いつも通りセーブ画面が出てきますが、ここで注意事項が表示されました。

DSC_0003

どうやら終章ではユニティができなくなるほか、サイドストーリーやリクエストの進行も不可、さらにダンジョンに入ったり闘技場挑戦もできないようです。

1周目で取っておきたいプレイレコードがある方などは、セーブデータを分けておくか、ボス戦前のセーブデータからやり直す必要があるということですね;;
まあプレイレコードのコンプには周回必須なのでボス戦前からやり直すという選択肢はそうないと思いますが…。
周回するつもりはない、でもサイドストーリーやリクエストは全部見ておきたいという場合はセーブデータを分ければ良いだけですし。


さて、終章が始まったら、フェスを回りながらフォルトナの仲間たちの様子を見ていくことになりました。
実際には、別に仲間たちのもとへ行かずとも、ブルームパレスに入るとエンディングを迎えられるのですが。
それぞれここでしか見られない小イベントが発生しますし、せっかくなので見て回りましょう。

・ツバサ カフェ(店内)
・トウマ 東母デパート屋上
・キリア 106前
・エリー ダイバースタジオ
・マモリ 大東テレビ
・ヤシロ セントラル街通り
・マイコ フォルトナ事務所
・バリィ 鳥頭目芸能塾(建物内)

その他、様々なリクエストに登場したモブキャラたちなどの様子も各地で見られました。

DSC_0004

やり残したことや心残りがなければ、ブルームパレスに入ってエンディングです。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。