ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

カテゴリ:PS Vitaソフト プレイ日記 > <PSV>Caligula -カリギュラ-

スポンサーリンク
ソーン、μを倒してエンディング後。
クリアデータをセーブしそのデータでプレイを再開すると。

2016-06-29-163449

クリア直前の状態からスタートできます。

後はやり込み要素を自由にやってください、というところですね。

・まだ見ていないキャラクターエピソードを完遂する
・全生徒と仲良くなる(各クラスの黒幕がどう…という部分まで踏み込む)
・全マップ踏破(魂の残滓に干渉しているデジヘッドも全討伐)
・アスモデウスなど化け物の撃破
・ワードリワードを完全攻略

くらいですね。
…で、結局ワードリワードのキーワードを1つも入手できていない;;

ドロップ率が高いものでも1%ですし。
通常プレイでエンディングまで到達したくらいではまだ1つも入手できていなくともおかしくはないのですが。
どこで入手できるのか、どれがドロップするのかなど不明なことばかり;;

ワードリワードを開いて1つずつ説明文を読んで参考にするしかなさそうですね。
他のことを進めているうちにヒントくらいは見つかるかもですし。
どうせワードリワードのどれかに今すぐ行けてもレベルが足りていなさすぎるので。
後回しで良いでしょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
ソーンを倒した後、続けて9章に突入。

2016-06-29-161624

セーブする間もなく、μとの連戦が始まります。

2016-06-29-161737

μのレベルは30。
今度こそ最終決戦かと思い気合を入れて。

…あれ?
ノーダメージで勝ってしまった?

2016-06-29-162012

と困惑しているとμ覚醒。
レベルは変わりませんが、体力は先ほどより高い。

扇風機のように回転しながら放つレーザー。
μを中心に爆発する範囲攻撃。
支援パーツは動き回りながら攻撃を繰り返し、当たると麻痺になる。

など。
近付いても離れても安全圏などありません。
1つ1つの攻撃がいちいち広範囲をカバーしていて、同時に2つ以上出されると逃げ場が本当に限られてくる。

何より、カウンターの通用するスキルがなかったのが辛かったです。
敵の動きを少しでも封じるなら補助スキルを使用するしかなくなりましたが。
そもそも時間を取られるスキルも多く、なかなか打つことすらままならない。
当然、回復スキルを使用する隙も多くはないので被ダメージは避けなくてはいけない。

といった感じで。
敵の攻撃を避けながらちまちまと削るのが一番良い戦い方かもしれません。
リスク付与もうまくいかずリスクブレイクまでいきませんでしたし(リスクは2までしか付けられませんでした;;)。


倒せばエンディングです!
スタッフロールの流れたのち。
イベントムービーがあって終了。

クリアデータをセーブできます。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。