ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

カテゴリ: 単発プレイ日記(ハード、ソフト問わず)

スポンサーリンク
PS4ソフト「うたわれるもの斬」をPSトロフィーコンプまでやり込んでの評価と感想です。
評価はより客観的に、感想はより主観的に。


まずは評価から。
ジャンルはアクションです。

シナリオは、うたわれシリーズ本編3部作のうち、2作目「うたわれるもの 偽りの仮面」の内容。
ほとんど偽りの仮面と同じですが、戦闘ステージの都合上か、一部のみ変化があります(それに伴い原作ではなかったセリフも)。
ただアドベンチャーパートがほとんどないうえ、大筋の内容もかなり省略したうえでナレーションが説明しているのみ。
そのナレーションでも最低限の説明がなっておらず、本編をプレイしていない人は付いていけないほどに省きすぎでした。
シナリオ内容とは関係ありませんが、特に各キャラの性格などは本編を知らない人にはわかりづらいと言うか、知っている前提のワードチョイスが時々見受けられます。

しかし、本編をプレイしている人でも、懐かしさを感じるには物足りない。
肝心なアドベンチャーパートも、ほぼほぼ省いているものと長いところと、バランスが悪いです。
(戦闘のある章ではアドベンチャーパートが短めで、戦闘がまったくない章では長めといった感じに、シナリオ内容の重要性とは関係のない基準でした。)

シナリオで唯一良かったのは、3Dモデルだからこそできる演出を用いたラストシーンくらいです。


アクション戦闘では、致命的な問題は見当たりませんが、良いところも特になく面白さは普通。
基本操作は簡単なので、雑魚敵なら簡単に複数まとめて倒せ、そこそこの爽快感はあります。
パーティメンバーは4人、戦闘中に操作するキャラの切り替え可能。
パーティ外のキャラにも経験値はいくらか入るため、ステージごとに別のキャラで挑むことも気兼ねなくでき、全プレイアブルキャラの戦いぶりを堪能しやすいです。
連撃(任意で出せる技)は、うたわれシリーズ本編にあったような「タイミングよくボタンを押す」仕様があり、成功すると威力強化などのメリットがあります。
このあたりは、できるだけ本編を尊重しようとしているんだなと感じられました。

戦闘ステージでは、ステージクリアのための主目標の達成と、クリアには関係ないがアイテム入手などの特典のある副目標の任意達成を目指すという流れ。
敵から逃げ回って目標地点に到達したり、指定アイテムを入手することが目標となることもありますが、大抵は特定の敵や一定数の敵を倒し続けるのみ。
メインストーリーとは関係のない「自由任務」も含めればステージ数はそこそこありますが、戦闘フィールドの数が少ない。
メインストーリーが「うたわれるもの 偽りの仮面」の範囲なので敵の種類も多くはない。
結果的に、「自由任務」までやり込むと、同じフィールドで同じ敵を何度も何度も倒し続けることになってしまいます。

他の難点として、副目標の発生場所がマップでは確認できないことが挙げられます。
主目標の近くに副目標が発生するなど一部ではマップに表示されることがありますが、基本的には表示されない。
ステージ中を駆け回って副目標の発生場所を探ったうえで、任意発生させる必要がありました。
出現タイミングが固定だったり隠れた位置にあったりと、結構面倒くさいです。


キャラの育成は、通常の経験値入手によるレベルアップと、経験値とは別に入るBPを自身で各パラメータに割り振る方法とがあります。
普通にメインストーリーをクリアするだけなら、レベル上げやBP稼ぎは特に必要なし。
自由任務の全ステージをクリアするのにもレベル上げなどは必要ないので、とりあえずの戦闘難易度はほど良いバランスと言えるでしょう。
メインストーリーとほぼ同じステージを、難易度「普通」「難しい」でプレイできる「戦闘回想」では、難易度「難しい」の終盤が少しきつくてパーティ編成および装備の工夫が必要となりますが…。

キャラ育成で問題が出るのは、PSトロフィーをコンプしたい場合です。
誰か1人をレベル最大およびBP MAXにするという項目があるのですが、メインストーリー、自由任務、戦闘回想の全ステージを一通りクリアしても終わらないどころかそこからの時間でもかなりかかる。
効率よく稼いでも10時間以上はかかります。
RPG系のレベル上げとは違って画面から目がはなせませんし、苦痛の作業ゲーと化す。
有料DLCでプレイアブルキャラの追加もあるんですし、トロフィーとは関係なく全キャラの育成がやりたい人もいるでしょうから、もう少しバランス調整が必要だったのではないかと。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

キャラに装備させられる「巻物」の入手方法は、ステージで特定の条件を達成するなどで入手できるパターンと、スマホゲームのようなガチャがあります。
特殊な巻物以外はレベルが存在し、同じ巻物を入手することでレベルが上がっていく(上がるほど装備効果が強くなる)。
巻物のコンプリートやレベル上げをするためには、ステージなどで手に入れたお金を消費してガチャをすることが必須です。
一応、別のキャラで同じ巻物を装備することが可能なので、同名の巻物はレベル上げを除けばとりあえず1つ入手できれば良い。
そのためレアな巻物を複数入手したり、いくつもの同名の巻物を最大レベルまで上げるために勤しむといった面倒さはありません。

が、それでもガチャで当たりの出る確率が低すぎる。
ガチャでは、巻物の他にもキャラの衣装などが出ることがあります。
ハズレの場合は微量のお金やBPを獲得し、稀に、10連ガチャにかかるお金以上のお金や多めのBPが出てくることもあります。
巻物、衣装、高額、BP大を「当たり」とした場合、当たりが出る確率は、10連のうち2つほどです。
メインストーリー、戦闘回想、自由任務、これらすべてのステージを一通りクリアして、それまでに入手したすべてのお金でガチャを回したとしても、ガチャから出る巻物や衣装のコンプは難しいかなというくらいの確率です。
当然、すべての巻物を最大レベルまで上げるとなるとどれだけ時間がかかるか。
前述した通り、戦闘難易度自体はそれほど高くなく、巻物のレベル上げなどしなくともクリアできるほどですが、やり込み要素としてもバランスが悪すぎます。


総合して、うたわれシリーズのファンが、うたわれキャラのいつもと違う雰囲気を楽しむためだけのファンゲームです。
3Dモデルのアドベンチャーパートだったり、いろんなアクションが見られることだったり。
ファン以外にはほとんど楽しめる部分がありません。



ここからは感想。
10点満点で点数を付けるなら3。
(評価点ではなく感想点。目安として、8~10 完全にハマった、5~7 かなり楽しんだ、2~4 概ね楽しんだ、1 自分には合わなかった、0 面白くなかった、です。面白くなかった方向へも5段階ほどあり、実質-5~10点間で付けた点数とお考えください。)

うたわれシリーズの好きなキャラたちの違った様子が見られたという点では、十分に楽しめました。
ただ、その他の点が残念すぎましたね;;

うたわれをアクションゲームに落とし込むことに注力しすぎて、他のすべての要素に目が行き届いていない感じです。
そのアクション部分さえも普通でしたし。

プレイを始める前は、DLCも購入して全キャラ育成をするつもりだったんですが、途中でその気は失せました;;
トロコンしたのも、せっかく1人はここまで育成したんだしあと少しだけだから…という程度の理由です笑


もし次回作が出るとしても、おそらく購入しません
今回が偽りの仮面だとしたら次回作は「二人の白皇」の範囲になる気がしますし、だとしたらプレイアブルキャラは全然変わらないでしょうから。
好きなキャラでアクション戦闘ができるという部分の楽しさは今作だけで十分堪能したので。

斬よりも、うたわれシリーズ本編の完全新作を作ってほしいなと。
今のところ3部作は完結しているので、世界も登場キャラも完全新規のストーリーで。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
Nintendo Switchソフト「マリオテニス エース」の、ストーリーモードクリア、対COMトーナメント一式クリア、および対人オンライントーナメントに数回挑戦したうえでの評価と感想です。
評価はより客観的に、感想はより主観的に。


まずは評価から。
ジャンルはスポーツ。

ストーリーモードは、通常の対戦とは一風違った様々な遊びがあります。
例えば一定ポイント以上得るまでラリーを繰り返すことを目標としていたり、コート上に延々と現れる的にテニスボールを当てて行き制限時間内に規定ポイントを達成するなど。
他にも一定数以上の敵にテニスボールを当てるステージ、謎解き要素のあるステージやボス戦も。
普通にテニスをするステージでも、様々な障害物が飛び交うコートが出てきたリと、なかなか楽しめます。

ただストーリーモードの難易度はかなり高め。
序盤でも結構手こずらされる。
そのため、なかなかクリアできず、ここで嫌になる人も少なからずいるでしょう。
一応、ストーリーモードの主人公・マリオはレベル概念があり、何度もチャレンジしていれば経験値を得てレベルが上がり基本ステータス(ショットの速さや移動速度など)が上がりはします。
でも多少レベルが上がったくらいでは目に見えた変化はなし。
また、ストーリーを進めるうえではやらなくても良い寄り道ステージにて、より強いラケットを入手できたりするのですが、このステージも普通に難しい。
終盤では強いラケットを持っていないとなかなか厳しいこともあり、結局は寄り道ステージもクリアして行かなくてはならない。
といった具合です。

もう一点残念なのは、ストーリーモードを進めて行かないと、フリー対戦モードで使えるコートが増えません。
様々な障害物のある面白いコートがいくつかあり、友達と集まってわいわいプレイするには持って来いなので、複数人でやるつもりで購入した方にとってはストーリーモードを進めることはほぼ必須となってしまいます。


代わりと言っては何ですが、ストーリーモードをクリアする頃にはゲーム操作の上達ぶり目覚ましい。
左右前後やショット(種類)の打ち分け、本作の新要素であるエナジーを用いた攻撃や防御など、一通りは問題なく扱えるようになります。
特に意識せずとも対人戦で適当なかけ引きもできるでしょう。
難易度は歯応えがあって良いと捉えられる方や、今後オンライン対戦などを主軸に考えている方にとっては、ストーリーモードは楽しく上達できるこれ以上ない要素だと思われます。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

続いてトーナメントに関して。
まず対COMのトーナメントは全部で3種類あり、1つクリアするごとに1段階難しいトーナメントが解禁されます。
が、ストーリーモードをクリアできたなら、3つ目の最高難易度のトーナメントでも多少の手応えを感じる程度。
特に代わり映えする要素もなく、これは数回やっていたらすぐに飽きます。

オンラインの対人トーナメントですが、現時点では、ストーリーモードをクリアしただけのぼくの実力だと1~2回戦突破くらいが限界です。
対COMとは違った心理戦のようなかけ引きもできるのは楽しいですが、なかなか厳しいところがある。
今後プレイ人口が増えれば敷居は下がるでしょうが、ひとまずはストーリーモードクリア程度の実力は最低限必要となります。
ちなみに、新要素のエナジーも普通に使えるルールとこれを除いたシンプルルールとがあり、エナジーが難しいという方はシンプルルールで楽しむことも可能です。


最後にエナジーについて少しだけ説明を。
必殺技ゲージのようなもので、ラリーを続けたり溜め打ちをしたりすることでゲージが貯まっていきます。
これを攻撃に使用すれば、コート上の一点をピンポイントで狙える「ねらいうち」や、ゲージが満タンなら「スペシャルショット」を放つことができる。
そのまま点を稼ぐことにも利用できるし、相手が打ち返そうとラケットに当ててくると、ラケットに与ダメージが通る。
一定以上のダメージでラケットが壊れ(スペシャルショットなら一撃)、一定個数のラケットが壊されるとその時点でKOにて試合の決着がつく。

ただし、ねらいうちなどは、ジャストのタイミングで打ち返すことで「ブロック」が発動。
ラケットへのダメージが0になるほか、ブロック成功でエナジーゲージが大きく貯まるといった留意すべき点もあります。

エナジーを防御に使用すれば「加速」することが可能です。
プレイヤーから見れば加速と言うより実質はスローモーション。
テニスボールの動きがゆっくりになるので、遠くの球にも追いつきやすく、ねらいうちされてもブロックしやすい。

と、こんなところです。
エナジーを貯めることを優先するか、確実にショットを打ち分けることを優先するか。
お互いのエナジーゲージの残量を確認しつつ、ねらいうちするかスペシャルショットまで我慢するか防御に使うかなど、試合中に頭に入れておくべき事案が増えました。
慣れるまでは頭がこんがらがって凡ミスなども結構出てしまったりするなど、この新要素にも良し悪しがあります。
が、先ほど書いた通りエナジー抜きのシンプルルールでも遊べるため、新たに楽しめる要素が増えたと考えられることはあっても、問題は特にないでしょう。



ここからは感想。
10点満点で点数を付けるなら4。
(評価点ではなく感想点。目安として、8~10 完全にハマった、5~7 かなり楽しんだ、2~4 概ね楽しんだ、1 自分には合わなかった、0 面白くなかった、です。面白くなかった方向へも5段階ほどあり、実質-5~10点間で付けた点数とお考えください。)

ストーリーモードはかなり楽しめました。
難易度が高めなのは好みですし、普通のテニスをする以外の様々な遊びがあったのも面白かった。

ただ、ストーリーモードをクリアしてしまうと、後はやることが何もないです笑
いえオンライントーナメントに精を出すのも楽しそうではあるのですが、他にもやりたいゲームがたくさんあり、マリオテニスのさらなる上達に勤しむ理由がぼくにはありませんでした。

1人でプレイする分には、ストーリーモードとオンライントーナメントを楽しめるかどうかが鍵。
特にストーリーモードに興味が湧かないならあまりお勧めできません。
友人と集まってわいわいプレイする分には、変わったコートもありますし、過去作以上に盛り上がることでしょう。
そういったソフトはSwitchではマリオカートほか現時点であまり多くは出ていませんし、持っていて損はない一作ではないかと。


松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。