ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

カテゴリ: ゲームプレイ関連その他

スポンサーリンク
前回更新時より変更された点
・ランキングに「オクトパストラベラー」を追加


これは、
ぼくがプレイしたことのあるゲームの中で、
ぼくがおすすめしたいと思ったゲームを、
ぼくが勝手におすすめ紹介するものです。


※この記事はNintendo Switchソフトのみのランキングです。
※新たにおすすめしたいゲームが増えた時点で更新します。
※現在、ランキング記事はNintendo Switch、PS43DSPS Vitaの4つです。
※複数ハードで発売されているゲームは他ハードのランキング記事に載せている可能性があります。


【Nintendo Switchソフト おすすめゲームランキング】(計20作以上プレイ)

1位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

護る。
駆ける。
活きる。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

アクションアドベンチャーでお馴染みのゼルダの伝説シリーズを、オープンワールドとして見事に昇華させた作品です。遊び方はプレイヤー次第、本当にたくさんのことができて、すごく自由な作りとなっていました。
まずフィールドは、多くの人が行かなさそうであったり見ないであろう細かいところまで、手を抜かれず丁寧によく作り込まれています。隅々まで探索しつくすだけという遊び方も十分にでき得るほどに。また、フィールドと様々なアイテムとの組み合わせや兼ね合いがすごく面白い!剣で草を刈り取ると虫が出てきたリ、草原を燃やし尽くしてその炎で敵の魔物を攻撃したりと、この辺りはまだまだ序の口。もしこれからプレイされるのであれば、「これを使えばこんなことができるかも」と考えたこと、ぜひ試してみてください!何度でも使えるリモコンバクダンや、金属を操作できるマグネキャッチ、特定の物の時間をしばし止められるビタロックなどの固有アイテムでできることも多岐にわたる。多種の消費アイテムまで含めると、できることを探究する面白さは計り知れません(細かく書きたいところですが、多すぎることと、自身で発見する楽しさを損ねたくないため控えます)。

ゼルダと言えばな謎解きが楽しめる「試練の祠」が計120個(謎解きじゃないものもあるので実質80前後くらいでしょうか)。試練の祠とは別でダンジョン攻略型の謎解きも5か所ほどあります。試練の祠は隠されていることもあり、試練の祠自体を見つけるための「ほこらチャレンジ」という謎解きも数ありました。ほこらチャレンジ以外に、「ミニチャレンジ」という所謂クエストと、物語の中枢に関わる「メインチャレンジ」というものが存在します。これらもただエンディングを迎えるだけならクリアする必要はありませんが、今作の楽しみの一つになるでしょう。
他にも、ちょっとしたミニゲームが楽しめるスポットも複数か所存在していたり、「コログ」という生き物を探したり(計900でコログを出現させるのにもちょっとした謎解きあり)。「ウツシエ」という固有アイテムを使い、魔物や生き物のほか武器や食材などを直接撮影することで集められる図鑑の収集に励むこともできます。後はゲーム内で作れる料理をいろんな食材で試してみたり、素材を集めて全防具を最大まで強化したりといったことも。

こんな具合に本作の遊び方はゴマンと存在していますが、すべてが強制されておらず、やろうと思った項目だけやれるのが特に良い。また、終盤でもまだ新たな発見ができたりするので、全やり込みコンプを目指して何百時間とプレイし続けても飽きない人も少なくないでしょう。
Wii U版でやっておらず、Switchを購入した方は、真っ先に目を向けてほしい作品。ぼく個人としては人生のベスト3の一角に名をはせたゲームでした。Switchのソフトはこれからまだまだ発売されるでしょうが、本ランキングでは不動の1位となりそうなほどの神作です。


2位 ゼノブレイド2


天空にそびえ立つ世界樹を中心に広がる雲の海、アルストという世界。
世界樹の上には「楽園」と呼ばれる地があると言う。
そして今、「楽園」を目指す旅が始まる――。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

世界樹を中心に雲の海が広がり、雲海を泳ぐ巨神獣(アルス)の背中などで人々は生活している。巨神獣は生き物ですが、動く大陸のような感じで、緑も豊かで水も豊富な巨神獣や干上がった巨神獣など様々です。そのため見た感じの基本的な環境は他のゲームと大きな違いはありませんが、わざわざこの世界観になっている理由がきちんとあって、世界観までうまく使いこなした壮絶なシナリオのRPGでした。仲間にも敵キャラにもおざなりになっている者がいないため、それぞれがどういう理由でその行動を取っていて今に至るのかなども納得できるし、いろいろな視点から舞台が見られたのも面白いです。続きが気になる、プレイヤーを引き付ける演出には長けていました。そのため序盤からラストまでずっとワクワクドキドキハラハラと感情やモチベーションを保ちながらプレイできます。特にイベントムービーは圧巻で、場面によっては感動モノです。
メインシナリオだけでも買って損のないどころかお釣りが来る内容でしたが、サブシナリオも豊富で、どれもよくできています。クエストの形で進行し、メインシナリオの内容を補強するものから各キャラにスポットを当てたものまで、数多いのにどれもよく作り込まれていました。
戦闘は、チュートリアルのタイミングが悪かったり見直しができなかったりするため、理解せずに進めてしまうと若干難しく感じるかもしれません。慣れてしまえば楽しいです。戦闘中に考えることはたくさんあり、仲間や敵の様々な情報を把握しながらリアルタイムで都度最適な行動を模索するのも良い感じ。ボスや強敵との戦闘は歯応えもあり、敵の攻撃モーションの演出も合わさってスリル満点。さらには大ダメージの出せるコンボを狙って出せたら爽快です。
パーティーは、主人公たち「ドライバー」と呼ばれる存在が3人までと、各ドライバーに「ブレイド」と呼ばれる相棒を3人までセットできる。このブレイドですが、コアクリスタルというアイテムを同調(消費)することで仲間になります。大抵はモブですが低確率でレアブレイドという固有キャラが出現。そしてレアブレイドをコンプするのも楽しみの一つですが、各レアブレイドにもサブシナリオが付いているのがすごく良かった。

…実は、このレアブレイドの入手率が悪かったり、マップが見づらかったりと、気になる点は挙げだしたらそこそこ数が出てきます。こんなに面白いのにもったいないなと何度も思いました。ですがそれでも、1位のゼルダの伝説ブレスオブザワイルドほどではないにせよ、今後Switchソフトが多く発売されても上位にい続けるであろうほどの名作です。ぜひプレイしてみてください。発売後のアップデートで改善された点も既にいくつかあり、まだ今後もアップデートでの改善予定はありそうなので、ぼくがプレイしたときよりも快適になっていることも間違いないですし、本当にぜひ!


3位 オクトパストラベラー

主人公は、「8人」の旅人たち。
生れた場所も旅の目的も、そして特技も異なる8人。
はたして君は、どのような旅を体験するだろうか。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

ドット絵2D表示のようなグラフィックですが、注ぐ光や流れる水などはすごく綺麗で、昔ながらの雰囲気も感じられつつ現代のゲームとしても楽しめます。この昔と今とをうまく融合させたようなグラフィックは見事の一言でした(公式サイトによると、ドット絵に3DCGの画面効果を加えた「HD-2D」というもののようです)。
8人の主人公がいて、それぞれにメインストーリーがあります。個々の物語は長いものではありませんが、短い話の中にも起承転結はしっかりあって、必要なセリフや演出も欠かさず入っているため、プレイヤーを十分に引きつける内容となっていました。8人それぞれ似通った話がなかったのも魅力の一つ。暖かい話や優しい話もあれば、暗い話やかっこいい話もあり、ゲームタイトル通り8人それぞれの旅があったと思わせてくれる内容です。それに、主人公8人それぞれに別の旅があったというだけでなく、プレイヤー一人一人に違う旅があったと思わせてくれるエンディングの演出がまた最高でした。
メインストーリー以外に、サブストーリーがあります。メインストーリーの内容を補完するものや、メインストーリーでは開かされなかった謎を解説・解決するものもありました。短くともそれぞれにしっかりと内容があり、すべてのサブストーリーをクリアしたくなるほどの面白さです。各主人公たちのメインストーリーで出てきた固有キャラたちが登場するサブストーリーも多くあるため、プレイされる方はぜひともサブストーリーまでやり込んでみてください。
各主人公は、町や村、はたまたフィールドにいる人に対して使用できる「フィールドコマンド」というものを持っています。所かまわず勝負を挑んだり、その人の持ち物を盗んだり買取ったり、情報を聞き出したり連れ回したりなど。サブストーリーではこれらを行わないとクリアできないものも多く、誰に対してどの主人公のフィールドコマンドを使うのかと考えるのは楽しいです。そうでなくとも、情報を聞き出せばモブキャラそれぞれに違った生活があることがわかったり、すごく便利なアイテムを持っていたりするので、すべての人物にあらゆるフィールドコマンドを試してみたくなります。

以上のようなこのゲーム特有の要素がたくさんありますが、どれも秀逸で、余計だとか詰め込み過ぎなどと感じることはありません。本当に、よくここまで作り込んだなと思える作品でした。グラフィックの雰囲気などが苦手だったり違和感を感じる方でなければ、まずプレイして損のない作品です。ぜひとも彼ら8人の旅に触れてみてください。


4位 スプラトゥーン2



知名度は高いので、Wii U版の前作をプレイしたことがなくても名前は知っている方も多いでしょう。様々なブキでインクを塗って戦うアクションシューティングゲームです。基本的にはインターネット環境で、自動マッチングにて他プレイヤーと4対4でのバトルを繰り広げます。制限時間内で塗った面積の広さを競うナワバリバトルが基本ルール。他にもガチホコやガチヤグラというものを相手陣地に運んだり、フィールドに散らばっているアサリを拾い集めて相手ゴールに入れたり、マップ中央に設定された狭いエリアだけを取り合ったりと少し変わったルールで遊ぶこともできます。
ただ早く塗れば良いというだけでなく、インクを敵に直接当てれば倒すことができる。倒された人はスタート地点にて復活しますが、復活までにも数秒かかるし、元いた場所に戻るのにも移動時間がかかるため、できるだけ倒されないこととできれば倒すことも重要です。
通常時はヒトの姿で、イカの姿に変身すると自チームの色のインクに潜ることが可能。自チームの色のインク内をイカで走るときはヒトで移動するときよりも速い。またブキは、現実の水鉄砲のように使えるインクの最大容量が決まっているので使い続けるとインク切れを起こすのですが、イカ姿で自チームの色のインクに潜っていると徐々に回復していきます。そのためヒトとイカの姿をうまく使いこなすことも大切です。
とまあ後は実際に戦って慣れていくのみですが、とにかく最初は何もかもうまくいかない!笑 そりゃあ初心者なので仕方ありませんが、ここですぐに自分にはできないと諦めず少しずつできることを増やしていくと、いつの間にか、やめ時がわからないくらいにドハマりしました。単純なルールと操作性の中にすごい中毒性が潜んでいます。
惜しむらくは、ネット環境がないと楽しめない作品であるということでしょうか。一応ネット環境不要の、ステージ攻略を楽しむ「ヒーローモード」というものもありますが、ドンキーコングやクラッシュバンディクーなどそれ専門のゲームと比較すると大きく見劣りします(ちなみに「サーモンラン」というタワーディフェンスのような遊びもありますがこちらは要ネット環境)。Switchのオンラインサービスは有料となり、手放しでおすすめするには少しだけためらいが…。それ込みでもランクインさせているだけの面白さはあるという点もご参考にしていただければと思いますが、上の2作とは違い、こちらはSwitchソフトの本数が増えて行くに連れ順位は少しずつ下がっていきそうです。


<ランクインまであと一歩!>

-マリオカート8 デラックス > レーシング
~安定感抜群の一作!でも悪く言えばそれ以上の面白さがない。複数人でプレイできる環境があるなら遊べる期間は長いですが。


-ドラゴンファングZ 竜者ロゼと宿り木の迷宮 > ダンジョンRPG
~DL専用のローグライクダンジョンRPG。通路より部屋の中で戦うことに意義のある独自のシステムに魅力あり。モンスター図鑑が埋まるルールの都合上やり込みがやや面倒。
公式サイトURL





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
前回更新時より変更された点
・なし(今回が初投稿)


これは、
ぼくがプレイしたことのあるゲームの中で、
ぼくがおすすめしたいと思ったゲームを、
ぼくが勝手におすすめ紹介するものです。


※この記事はPS4ソフトのみのランキングです。
※新たにおすすめしたいゲームが増えた時点で更新します。
※現在、ランキング記事はNintendo Switch、PS4、3DSPS Vitaの4つです。
※複数ハードで発売されているゲームは他ハードのランキング記事に載せている可能性があります。


【PS4ソフト おすすめゲームランキング】(計30作以上プレイ)

1位 戦場のヴァルキュリア4

征暦1935年、連邦と帝国に二分されたヨーロッパ大陸。
圧倒的な劣勢を覆すべく連邦が取った大反攻作戦。
仲間との絆、託される想い…様々な犠牲の下、成し遂げる意志を試される。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

ヨーロッパにおける大戦を題材としたシミュレーションRPG。登場キャラたちの想いや成長を中心に、雰囲気を出しつつまじめに取り扱っている。シナリオ内容だけでも手に取って損のないほどよくできている作品でした。ですが、このゲームをランクインさせた理由はその戦闘システムにあります。
自ターンと敵ターンが交互にやってきて、各ターンに決められたCPを消費し、アクションシューティングゲームのように戦場で味方ユニットを動かしていく(行動中はAPというゲージが消費されていき、APが0になったらそれ以上動けなくなる)。動いている最中、敵の視認範囲および攻撃射程距離内にいると、リアルタイムでガンガン攻撃されてしまう(逆に敵ターンであれば近付いてくる敵に対して勝手にガンガン攻撃を仕掛けます)。ここで、行動コマンド(ターゲットモード)を出せばお互いの動きがいったん中断。敵の種類や配置などに応じて、手持ちの銃で撃つか、手榴弾で吹っ飛ばすか、はたまた味方歩兵や戦車を回復したりなどの選択をします。もちろん、土嚢や壁に隠れたり死角から攻めたりと、うまくユニットを動かすことも重要です。
各兵には種類があります。例えば偵察兵はAPが多いため移動可能距離が長く、突撃兵は対人戦闘に長けている。遠くから狙える狙撃兵に、狙撃兵ほどの射程距離はないけど、攻撃が放物線上の軌道をたどるため障害物越しに攻撃できる擲弾兵など。ついでに1~2台しか出撃させられないけど火力も耐久力も高い戦車や、味方歩兵をまとめて移動させられる装甲車といった変わり種もあります。どのユニットをどの位置にどれくらい配備するか、どこに移動させ何をさせるのか。1ターンに同じユニットを何度動かしても良いのですが、動かすたびにそのターン中のAP最大値が減り移動可能距離が狭まるので、1人に特攻させるか全員で少しずつ戦線を上げて行くかと、考えることは多岐にわたります。他にも、物陰に隠れて回復を図ったり、ピンチの味方を撤退させCP消費で新たな味方を召還したり。CPを多く消費して特殊な命令(全体防御アップや1人の対人攻撃アップなど)を下すことも可能。余ったCPは次のターンに繰り越せる(上限あり)ため、CPのやり繰りもしつつ、準備が整ったら一斉攻撃するといった作戦もありですね。
といった具合に、シミュレーション戦闘のシステムが独特で、面白さも光っている作品です。そしてこのシステムを最大限活かすようなマップ構造や、敵ユニットの配置がまた絶妙。ここに敵がいたら嫌だなあとか、あそこを確保できたらかなり有利に戦えるとか、そういった場所にもよく敵兵がいたりします。でもしっかりと考えながら行動を取っていけば着実に対処できる。歯応えは確実に感じさせつつ、嫌になるほどには難しすぎない、このバランスが見事でした。頭を使うゲームが好きな方には特におすすめできます。


2位 ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて

悪魔の子と呼ばれた勇者。
勇者にまつわる伝説の謎を解き明かすため冒険の旅に出る。
そしてふたたび、「勇者の時」が動き出す。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

ドラゴンクエストシリーズの完全新作ナンバリングタイトル!これだけでも期待値が高くなってしまうところですが、その期待を凌駕する、素晴らしいシナリオ内容でした。本来なら無視されそうなちょっとしたことにまで意味があったりして、「そういうことだったのか!」と、驚きの連続。さらに嬉しくて涙、悲しくて涙と、しっかりとロールプレイングもさせてもらえました。
ファンを楽しませるドラクエらしさもしっかりと押さえられていましたが、PS4版はドラクエらしさよりもこのゲーム自体の面白さをより味わえる作りだったように思います。グラフィックの美しさもさることながら、イベントムービーではキャラの細かい仕草や表情まで表現されているのが印象的でした。そのため3DS版以上にシナリオに没入してしまい、キャラへの感情移入もしやすい。本作の素晴らしいシナリオ内容を十二分に堪能できるでしょう。
ぜひともネタバレなしでプレイしてほしいためあまり具体的には書けませんが、絶対的なおすすめ度です!PS4版にしかない要素、3DS版にしかない要素がそれぞれあり、どちらもすごく面白いため、時間のある方はどちらもプレイしてみてください。どちらかのみなら、ドラクエファンの方にはぜひ3DS版を、ドラクエファンではない方やシナリオに没入したい方にはPS4版をおすすめします!(今後発売予定のNintendo Switch版のプレイ予定は今のところないため、比較は割愛します。)


3位 ペルソナ5

悪い大人を改心させる!
痛快な怪盗ライフ!
ペルソナの力を駆使して、腐った心を盗み出せ!


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

シリーズファンには待望だった、ペルソナシリーズの最新作。怪盗をテーマとして繰り広げられるシナリオですが、ペルソナシリーズらしさも出しつつ、今作は今作できっちりと締まっていました。少し無理やりな部分もあって個人的には前作や前々作には劣ると感じていますが、意外性のある(完全に裏をかかれた)部分があったり盛り上がりどころもこしらえていて、総合的には優れた内容です。
物語の進行は、強制イベントのある日を除き、1年間の期限の中で毎日自由に行動を選択できます。普段は学生生活で授業を受けたりバイトをしたり、バッティングセンターや釣り堀に行ったりゲームで遊んだり、他にも怪盗に必要なアイテムを制作したりなどできることは様々。そしてもちろん、本懐の怪盗行為をしにダンジョンへ突入するのも良しです。
ダンジョンは、マップの見た目や構造、侵入経路やシステム・演出まで、今自分は怪盗をしているんだとしっかり疑似体験させてくれる出来でした。ただそれ故に少し複雑だったり難解な部分もあります。人によっては楽しいとは捉えず面倒くさいと感じてしまうかもしれません。
戦闘は、敵の弱点を突いたりクリティカルすればチャンスが広がり、逆ならピンチに陥ります。基本は主人公たち人間が戦い、各個が持つ「ペルソナ」という能力が、キャラの使用できるスキルに寄与します。主人公のみ複数体のペルソナを所持することができ、戦闘中にペルソナチェンジしながら戦うことも可能。対峙している敵と交渉して直接仲間にしたり、所持しているペルソナ同士を合体させて新たなペルソナを生み出すなどして、より強い戦力を整えて行きます。パーティー編成以上に主人公のペルソナ作りが鍵です。図鑑もあるのでやり込み要素でもあります。戦闘難易度はNORMALでも高めですが、メニューからいつでも切り替え可能。ただ今作はダンジョン攻略中の回復が容易ではないため、シリーズ初心者の方は最低難易度まで下げないと難しいかもしれません。一度ダンジョンに入ると、出るときに一日を消費するので、こまめにダンジョン外に出て何度も入り直すというのを嫌う人もいるでしょう。そういう方は、引き継ぎ周回プレイはともかく、1周目は難易度を下げてプレイすることも考えてみてください。
総じて見るとすごく面白い作品ではあるのですが、ランキングを少し下げた理由は、戦闘含むダンジョン攻略の難易度のほかに日常のマップの複雑さにあります。主な場所には一度行ったことがあればメニューからジャンプして行けるのですが、初めてのときや、そこから少し歩きで行かないといけない場所だったりすると方向音痴のぼくには訳が分からなくなることもあり…。店もあちらこちらに大量に存在していて、その多くは最初から最後までまったく利用する必要のない場所だったりもするので、よく使う店が確定するまではどこに何があったっけと頭がこんがらがってしまいました。今作は大都会の東京が舞台なのでマップは仕方がないにせよ、利用可能な店の数はもう少し減らしても良かったんじゃないかなと思います。
と、一応気になる点も書いておきましたが、それでも躊躇せずランクインさせるほどには面白い一作です。シリーズ初めての方でも、もし迷ったならプレイしてみてください。


<ランクインまであと一歩!>

-魔女と百騎兵2 > アクションRPG
~戦闘の操作性や難易度バランスが優れている。歯応えがあって楽しいが、敵の種類が少ないのが特にもったいない。シナリオももう二捻り。


-戦場のヴァルキュリア リマスター > シミュレーションRPG
~「戦場のヴァルキュリア4」と紹介文がほぼ同じなため割愛。4がシリーズ初プレイで、別のストーリーや違うマップでの戦闘を楽しみたい方にお勧め。






松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。