ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

カテゴリ: ゲームと同時に何かをすることで得られる脳力・能力

スポンサーリンク
つい先日書いた記事「」では、「記憶とはすなわち思い出す力、想起力のことである」というお話をしました。

すべての記憶は、大小関わらず何かしらの出来事をきっかけとして思い出されるもの
その出来事と記憶との間に関連性があるからです。


テストで考えてみたらわかりやすいと思いますが。

テストが始まる時間ギリギリまで勉強している人は、参考書などを見ながら、あるいは頭の中で「○○は△△だ」と反復しています。
もちろん普通のテストなので覚えないといけないことは100以上ある。
それらすべてを反復することになります。

いざテストが始まり問題を見たとき、問題文の○○という文字を見て△△を思い出しますよね。
問題文を見るその瞬間まで「○○は△△だ」と反復していない限り。

が、それが100もあるので、例えば「○○は△△だ」は反復できていても、「□□は☆☆だ」が頭の中の反復集団の中から抜けていたりします。

□□という問題文を見てようやく「そう言えば□□も見たことあったっけ」と思い出します。
ここで記憶ができていれば、すなわち想起がしっかりとなされれば☆☆という答えを導き出せます。
答が出なければ「見たことがあること」しか覚えていない状態ですね。



もちろん見たことすらないものはわかりませんので、「見たことがあること」と「見たことがあることがわかること」は最低ラインです。
が、ほとんどの人はそこで記憶が途切れてしまっています。

頭の中で、「見たことがあること」と「それが何なのか」との繋がりが弱いからです。
一夜漬けする人はこのタイプが多いかと。
(人と言うべきなのか勉強法と言うべきなのか…。)

テスト勉強をほとんどせずとも点数が取れる人は、頭の中での関連づけがうまく想起力が高い。



正直、これは持って生まれた才能がほとんどです。
生まれつき記憶力が強い人は間違いなくいます。

そして才能がない人でも鍛えることが可能。

ですが、普通に単純に鍛えようとすると勉強をしまくらないといけない。
それは面倒ですよね。

どうせなら楽しくやりたい。
ということで「連想ゲーム」をしましょう。


連想ゲームとは、今となってはかなり古いですが「マジカルバナナ」がそれですね。

バナナ と言ったら 黄色
黄色 と言ったら レモン
レモン と言ったら 酸っぱい
酸っぱい と言ったら 青春
青春 と言ったら 球児
……

「マジカルバナナ」はそのものから連想できることを次々に考え出すリズム遊びです。

これを普段からやってください。
別にリズムに乗せる必要はありませんが笑


記憶力とは想起力であり繋がりの力です。
このほとんどは「無意識下」におけるもの。
そして「無意識下」における繋がりの力は「才能」によるものです。

なら「意識下」で鍛えるしかありませんよね。
意識下で関連付け、連想を繰り返すことで記憶力を強化することができる。


日常生活内でちょこちょこと連想ゲームをすればオーケーです。
が、ぼくは読書時のみ行っています。
時が決まっている方が継続できるかなと思ったからです。

記憶力を鍛えるついでに知識自体も付きますし、さらに「連想ゲーム」、「関連づけ遊び」は読書内容の理解の手助けにもなります。

難しいことは普通に説明されるより例え話をされた方が理解しやすくはないですか?
要は自分で例え話を作るわけです。

ぼくの場合はほとんど「ゲーム」と関連付けています。
このブログ内の「ゲームで理解する心理学」シリーズでは毎回何かしらゲームに例えて説明していますが、これがそう。
ぼく自身が読書中にそうやって理解して記憶しています。

「ゲーム」で縛っているのにも理由があります。
いきなり「何かに例えて」と言われてもなかなか思い浮かばないですよね。
そもそも何に例えたら良いのかがわからない。

だから「ゲーム」で縛っちゃいました。
特にぼくは読書をしながら同じタイミングでゲームもしているので、読書中に何かわかりにくいことがあれば
「今のこのシーンに関連付けてみよう」
「次に出てきた敵キャラの特徴との共通点を見つけよう」
と「何に例えたら良いか」に苦労しなくなります。

ゲームと勉強を同時にすることによる一つのメリットですね。



意識下で訓練することは、のちに無意識下にも影響します。

自転車の乗り方などと同じですね。
初めは意識を集中させて何度もこけながら練習を繰り返します。
が、今はどうですか?
わざわざ「サドルに座ってハンドルを持って地面をけってペダルをこいてバランスとって……」などと考えながら乗りますか?
無意識に乗ってますよね。

意識的に関連付けの力を鍛えることは無意識的な繋がりの力を鍛えることになっているのです。

ただこれも自転車などと同じで、努力だけでそうそう才能には勝てませんのでご了承ください。
時速40kmで自転車走らせた状態でサドルの上で逆立ちとかできますか?
競輪出れますか?
ということです(さすがにこのレベルの人たちは才能+努力も重ねていますが)。



記憶力は多くの人が憧れるもの。
鍛えられるものなら鍛えたいと思ったことがある人も多いはず。
この機会にぜひ関連付け技法を試してみてください。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
今回は「ゲームと他の何かを同時に行う」ことで身に付けられる視力と聴力のマルチタスクについてです。


」では消音でゲームをプレイするのは

・現実に音を響かせたくない
・現実の音を拾いたい

の二つの場合があると言いました。
このうち「現実の音を拾いたい」場合は「ゲームと他の何かを同時に行う」にあたります。


親に隠れてゲームをしているから、部屋に近付く足音を聞きのがしたくない。
小学生のぼくの場合はこれでした笑
世の中に隠れてゲームをする人がいなくなってほしいというのもこのブログを作った大きな理由の一つですがここでは関係ありません笑

ただこれが訓練になったからこそ、今ではレポートをまとめながら友達と会話を楽しむくらいはわけありません。


消音でゲームをする場合であっても、積極的に周りの音を拾ってみると良いでしょう。



逆にゲームの音を出しつつ別のことをする場合を考えてみます。
ぼくの場合は読書です。

以前「」では、ゲームと読書を同時に行う方法として、ゲームのすきま時間を利用することを推奨しました。
「ゲーム」の進行に支障がないうえ読書(や他の何か)もできるので、初めての人にもお勧めです。

ここで、ゲームと読書を同時に行うのに別のテクニックが存在します。

「ゲームの画面を見ずに音だけに反応してゲームの操作をする」というやり方です。


RPGで経験値稼ぎに街の周辺をうろうろしたことはないですか?
目当ての超レアモンスターを捕まえたくて出てくるまで洞窟内をうろうろしたことはないですか?

フィールドをうろうろしている時にある音楽が流れています。
敵が出てくるときはバトル開始の音楽や効果音。
バトルが始まればフィールドとは別の音楽に変わる。
カーソル移動やコマンド選択の効果音を頼りに戦闘や逃走を行う。
バトル終了の合図。
そして再びフィールドをうろうろ。

少し慣れたゲームであれば音の選別も簡単ですし、コマンドの位置も覚えています。
経験値稼ぎなどのエンカウントをするのに画面を見る必要性など一切ないのです。


これで音だけを頼りにできるゲームがあることが分かりました。
あとは勉強なり読書なり、目を自由に使っても良いのですから簡単です。



効果も便利ですよ。

セミナーや講義で講師の話を聞きながら生徒の反応を眺めることができたりしますから。
もし普段は講師で今は生徒の立場の人であればかなりのメリットでしょう。

前記事「 」で話した「危険回避」などにもより一層役立ちます。

うぶな人の初デートでは、会話にいっぱいいっぱいにならずに周りをしっかり見てエスコートできるようになるかもしれませんね笑



これまで挙げた例は、視力と聴力のマルチタスクでできることのほんの一部でしかありません。
ぜひ、みなさん自身でいろいろな体感をしてみてください。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。