ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

2020年01月

スポンサーリンク
幻想ドル―アの攻略を進め、道中に幾度となく中ボス戦を挟む。
最後の中ボス戦を終えて高度634mに到達し、クロムの隣にある扉を調べたら、ようやく最後のボス戦です。
第6章は希望の幻想領域の探索もありましたしかなり長めでしたね。

DSC_0001

バトルが始まると、イツキがこの戦闘中のみスペシャルパフォーマンス「神竜の加護」を使えるようになりました。
消費SP2で、味方全体に1行動の間、あらゆるダメージ攻撃を無効にする防御効果を与えてくれます。


敵は、ボスである「メディウス」の他に雑魚敵が2体。
どちらも道中に出会ったことのある敵のようで、属性相性などもすべてわかっているのでサクッと倒してしまいましょう。

メディウスの属性相性は、氷結弱点、火炎吸収、肉体無効、剣・槍・斧・弓・衝撃通常、霊性不明。
HPは概ね20000~25000ほど(この戦闘ではSwitch本体の機能で動画を撮ることができなかったことなどにより、見逃しで前後に一定以上ズレていると思います;;)

毎ターン2回行動で、確認できたスキルは以下の通りです。

・屍尾(剣) 耐性を無視する
・大牙(獣) 追加効果で封印
・業火(火炎) 追加効果で炎上(継続ダメージ&火炎耐性低下&セッション参加不可)
・闇のブレス 全体の攻撃力・命中・回避率を3行動の間低下させる
・ネビュラフレイム(火炎) 全体、相性に関係なくセッションが開始される(該当する雑魚敵が残っている場合のみ)


1ターン目は雑魚敵を2体とも処理することに専念。
2ターン目以降は、雑魚敵が増援で呼ばれたらそちらを、いなければボスを狙います。

DSC_0002

「闇のブレス」によるデバフにはすぐに「デクンダストーン」で対応する。
「業火」で炎上状態にされたらこちらもすぐに「アムリタソーダ」で回復です。
これらのアイテムの他にも、ヒーホーマートで購入できるHP回復アイテムや「マハブフの石」などは限界まで購入しておきたいところ。
後は、だいたま展望台にある飴ガチャを回しまくって、EP回復アイテム「チャクラドロップ」もあると便利かと。

ボスを攻撃する際は、弱点である氷結属性の他は、竜系ミラージュ特攻のあるスキル(滅竜門など)で攻撃すればセッションを繋げられます。
消費アイテム「マハブフの石」でもセッションを繋げられるので、弱点を突くスキルがないキャラはこちらを使うのも手です。

敵の攻撃では、「屍尾」は耐性を無視されるので、戦闘メンバーを選ぶとき剣は弱点でさえなければ良い。
火炎は問題なく無効化できたので、火炎吸収や火炎無効のキャラを戦闘メンバーに突っ込みます。
候補は、カルネージでトウマやヤシロ、パッシブスキル「火炎無効」のツバサの計3人ですね。
お勧めはヤシロとツバサ。
ヤシロは攻撃役、ツバサは回復役ですが余裕のあるときは「マハブフの石」やバフ・デバフの消費アイテムを使用、という形です。
それとイツキがほとんどのカルネージで火炎弱点なので、レアエネミーの素材を使う「アマノミツルギ」を装備させておきましょう。

ひとまずは、炎上(状態異常回復アイテムおよび火炎属性の対策)と雑魚敵さえ安定して処理できれば、その後はワンパターンなので問題なく倒せるでしょう。
敵のHPが高いので時間はかかると思いますが。


問題は、倒しても敵の属性相性などが変化したうえで連戦になったことですね;;
味方はHP全回復および状態異常が取り除かれますが、EPは回復していません。

槍・弓・氷結弱点、火炎無効、剣・斧・電撃・衝撃通常、霊性・肉体不明。
HPは前半戦とおそらく変わらず、概ね20000~25000ほど。

・屍尾
・大牙
・闇のブレス
・ディエス・イレ(万能) 全体に絶大ダメージ
・リミットレス(パッシブスキル) 自身の攻撃に対してセッションが可能になる
・マハジオダイン
・マハザンダイン
・マハブフダイン
・メギドラオン
・エナジードレイン(肉体) 追加効果でEPを0に
(固定スキルのうち1つは不明。)

ターン経過または敵のHP減少のどちらかの条件で敵のスキルが増えていきます。
何度か弱点を突かれていましたが、「リミットレス」でのセッションを初めてされたのは敵のHPを3分の1ほど削ってからだったなどの理由でそう判断しました。

他にも、敵の属性相性が、最初は電撃や衝撃は通常だったはずなのに、いつの間に電撃が弱点に、さらにターン経過で衝撃が弱点に変わっているのを確認。
「マハ○○ダイン」で初めて使われる属性が出てきたときが、敵の属性相性も変わっている頃だと思うので、そのときだけでも敵のステータスを確認しておきましょう。

ちなみにですが、「マハザンダイン」を使い始めてからはそれまで使っていた「マハジオダイン」を使わなくなり、「マハブフダイン」が出て来てからは「マハザンダイン」を見ていません。
おそらく、この順番でスキルが完全に切り替わっていくのだと思われます。
なので敵のスキルが変わったら、その属性に対して相性が良い、または弱点ではないキャラを優先して戦場に立たせたいところです。

ただし、「エナジードレイン」を使われ始めてからは、肉体弱点のキャラも戦闘メンバーには入れないよう。
(肉体弱点はトウマやヤシロが該当すると思いますが、火炎吸収を諦めて火炎耐性や火炎無効で良いのであれば、肉体に対して通常相性のカルネージを装備しておくということもできます。)


前半戦と違い、ここからはスキル「マカラカーン」や消費アイテム「魔反鏡」を使うのもありですね。
前半戦は火炎属性を跳ね返しても吸収されるだけでしたが、後半戦ならその心配はないので。
行動順の都合で交代が間に合わない、またはそろそろ別属性に切り替わりそうといったときに保険でかけておくこともできます。
ただ、反射バリアを張っている状態ではおそらく確定で万能属性の「メギドラオン」を放たれるため、味方のHPが少ないときは使わない方が良いですが。

「ディエス・イレ」を使われるタイミングがわかれば、イツキのスペシャルパフォーマンス「神竜の加護」で防御できると思うのですが…。
これは敵の行動パターンやターン数で読めそうになかったので、「神竜の加護」を使うことはあまり意識しなくても良いのではないかと。


後半戦に勝利したら、今度こそ戦闘終了。
イベントで話が進みます。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
幻想ドル―アで3つ目のボス戦を終え、高度428mエリアまで上がってきました。
このエリアから出現する「パラサイト」を倒して「パラサイトフォース」を入手したら、3つ下のエリア高度232mで受けたリクエストもようやく達成できますね。

また、高度232mのマップ北西部分、浮遊水晶を求めてミラージュと追いかけっこしていた最後の地帯にいるミラージュは、話しかけると闘技場にスカウトできるようになっています。
3つ目のボス戦後じゃないとスカウトできないため忘れそうになりますが、ボス戦後すぐにスカウトに戻りましょう。
これで闘技場に戻って報告すれば、長く続いていた闘技場リクエストも達成です。

闘技場は、そろそろ上級でも1挑戦アンコール2回をクリアできる頃だと思います。
また、シャード交換のミラージュに話しかけると、これまでの累計交換数が影響しているのか、突然のイベントが発生。
だいたま展望台の最奥でこのミラージュを発見し、近付いてリクエスト「強者の道」を受けられる。

DSC_0006

雑魚戦をこなしてパフォーマを入手したら、イツキのスキル「鍵開け」をレディアント・ユニティできるようになりました。
このスキルがあれば宝の鍵なしでも鍵付き宝箱を開け放題なので、必ずこなしておきましょう(リクエスト自体は雑魚戦後に闘技場に戻って依頼主と話せばクリア)。

過去のダンジョンで未回収の鍵付き宝箱を開けて回ったところで、幻想ドル―アの探索を再開します。


今回は結構単純で、パイプは見たままのあみだくじでした。

DSC_0007

西側にある4つの青色床を通るときはすべてパイプ上をあみだ形式。
つまり予めゴール地点は目算できるということですね。
とは言え向こう側(東側)に何があるのかわからないので、少なくとも最初の1回目はゴール地点がわかっても仕方がないのですが笑

ひとまず手前(南)から1つ目と2つ目のスタート地点は、それぞれゴール地点で宝箱を2つずつ回収できます。

手前から3つ目を通り、一番南のゴール地点にたどり着いたら、そこにある緑色台で移動する。
移動先に別の緑色台があるのでそれに乗って北へ。
目の前の像を調べると、先に左右にある2つの像のもとへ行って来いと言われました。

左右の像へ向かう前に、念のため、近くにあるハシゴを上ってワープポータルを起動しておきましょう。
その後、まずは左(西側)の像のもとへ向かいます。
現在地の像の付近に西方向の緑色台があるのでそれに乗るだけですね。

左の像を調べたらイベント発生、クリア条件がよくわからないまま条件達成してしまっていました笑
ヤシロ、トウマ、エリーに関わる何かだとはわかりますが…。


今乗ってきた緑色台に乗り直して中央の像に戻って来たら、南の緑色台で移動。
そのままあみだくじのスタート地点へ向かい、まだ使っていない奥の青色床を通って行く。
一番北のゴール地点に着いたら、そこにある緑色台で移動し、こちらも右の像を調べただけで条件クリアです。

今回はキリア、ツバサ、マモリの3人のようですが、結局サイドストーリーなのかステージランクなのか、条件が全然わかりませんね;;
まあ寄り道せずメインストーリーだけを一直線で進めてきた方とかでなければ問題なく条件達成すると思いますが…。


左右の像のイベントが終わったら、中央の像まで戻る。
ワープポータルを起動済みなら、ここでボス戦に備えて一度帰還できるので便利ですね。
中央の像のイベントを見て浮遊水晶をゲットしたら、ワープポータルの先へ向かい、上のエリアでボス戦です。

と、街に帰還したついでに少し寄り道。
このタイミングで気付いたのですが、渋谷106の左側でリクエストが1つ追加されていました。

「庵、運命の女に出会う?」を受注、幻想106に入って地下3階の強敵アイコンに向かう。
戦闘後は一度帰還して依頼主と会話、幻想渋谷(入ってすぐ)と幻想ダイバースタジオ(モニタ室)と幻想ドル―ア(高度54mのワープポータルに飛んでやや南西へ)でそれぞれミラージュと話す。
再び依頼主と話して、最後に幻想106地下3階で強敵アイコンともう一度戦闘を行えば、依頼主に報告してようやくリクエスト達成です。


では、ダンジョンに戻ってボス戦を始めます。
今回の敵は「エクセライ」、ほか「混沌の勇者」が1体。

混沌の勇者のHPも5500ほどあったようですが、ぼくの場合はエリーのスペシャルパフォーマンス「イッツ・レイト」の追加効果が発動して最初の一撃で瀕死に、そのままセッションスキルで1ターン撃破してしまいました笑

エクセライは、やはり「これは演出よ」での属性相性および所持スキルの変化が厄介ですね。
以前と同じなら、混沌の勇者を先に倒すと最初の変化時から全体攻撃スキルばかりの編成になると思いますが…。
まあ所持スキルは魔法攻撃ばかりなので、基本的にはスキル「マカラカーン」や消費アイテム「魔反鏡」でも張っておけば余裕ができるのではないかと。

HPは8500~9000前後くらいでしょうか。
デュオ発生の運が悪くとも3~4ターンくらいで撃破できそうですね。


戦闘後はヤシロに話しかけると小イベントが見られます。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。