ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

2019年12月

スポンサーリンク
第4話のアドベンチャーパートを進めていき、あざみを探すため帝劇の外に出てきました。
ここからしばらくは帝劇内に戻ることはできません。
ただ拾えるブロマイドは新しく出現しているようで、銀座横丁の占いで「今日の運勢」を選ぶとヒントが聞けます。

新サクラ大戦_20191218162554

めでたきタルが並び立つ → 歌舞伎座前、歌舞伎座の入口より左側のタル付近(No.S16)
香りとざわめき、緑はう安らぎの場 → カフェ ジル・ド・レ、店内奥にある花瓶の近く(No.S35)
瞳なき4人が見つめる、花の街 → 銀座大通り、マネキン4つの前にある花壇(No.S45)

適当に動き回っていると、さくらからの電文が入りましたが、これは読むだけで終わりのもので必須ではないようです。


サブイベントが発生するのは2か所。
1つ目はミカサ記念公園で、頭上にアイコンの付いているモブに話しかけるとクエストを受けられます。
時間制限のあるイベントで、光は芝生側に4個と奥の手すり付近に1個の計5個ある。
依頼主に拾ったものを渡すときは1つずつしか渡せないため、何度も話しかける必要がありました。

5個目の手がかりを渡す前に、本当に渡すかどうかという選択肢が。
これを渡さないで時間切れまで待ってみると、イベントで該当者の信頼度が上がります。

サブイベント2つ目は大帝国ホテル。
ランスロットに話しかけて、「オムライスの悪魔です」を選ぶと効果音なく終わってしまいました笑


あざみを発見できないまま、ブロマイド入手やサブイベントをこなしていると、またまた電文が入ってくる。
今回は緊急出撃でした(パートナーは初穂)。
WAVE2では盾や大剣など名称のある強敵が複数まとめて出てくるためジャスト回避をしないと被弾の危険が高まります。

さて、寄り道に関してはこんなところですね。
最初にシナリオイベントが起きる場所は停留所でした。
選択肢なしで、見終えたら次は銀座横丁の神龍幹へ。

続いて屋上遊園地です。
行く前に行くかどうかの選択肢があったので、寄り道は今のうちに終わらせておけということでしょう。


屋上遊園地のイベントでは選択肢がいくつかあります。
最初の2回は「栗まんじゅう、俺も好きです」「ひどいウソをついたものです」で特に効果音などはなし。

イベントが続き、選択肢も畳みかけてきました。
「さすがに、信じられないかな」
「ニセモノでもいいんじゃないか?」
「自信なんてないよ」
「花組のみんなのおかげだよ」
ひとまず、ここまでは以上の選択肢を選び、どれも信頼度アップに繋がっています。

次は制限時間ありの自己視点カメラで、調べられるところを片っ端から調べてみても目的のものは見つからず。
制限時間も短めですし、おそらくそういうものではないかと考えています。

時間切れの後は引き続きイベントで進行する。
以降で選んだ選択肢は以下の通りです(うち、※ を付けた選択肢は効果音なしでした)。
「もう本物だろ?」
「俺の降魔の力……見せてやろう!」 ※
アナログLIPS、ゲージ最高
「もちろん、構わないよ」
自己視点カメラ以降2回目の選択肢以外は信頼度が上がりました。


イベントをすべて見終えたらアイキャッチが挟まります。
どうやら第4話の戦闘パートに入るようですね。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
第4話で最初のアイキャッチを挟んだ後、再び自由行動が始まります。
まずはヒント確認のため資料室へ。

新サクラ大戦_20191218154103

仲良き2人、おしゃべりのその後で → 楽屋、扉付近の壁(No.S08)
トップスタァを見つめる目、右7後9 → 劇場1階客席、舞台の人物を真ん前から見て右に7歩と後ろに9歩(実際には9歩よりもっと多いですが)辺りの位置(No.S26)
オイルにまみれし、ガラクタの山 → 格納庫、入ってすぐ目の前の木箱の中(No.S31)

ついでにクラリスとのシナリオイベントを見ておきました(選択肢なし)。


2階はこれだけなので次は1階に下りて、まずは売店でブロマイド購入。
いつきはシナリオ関連の会話の後、再度話しかけるとブロマイドイベントが起きる(No.S49に反応)。

経理室でのカオルとのイベントでは、「エッチな雑誌ですね!」と正直に答えると良い効果音が鳴りました。その後のことは知りません笑

楽屋では初穂&さくらとのシナリオイベント。
この後に初穂は中庭でサブイベントもあります(コミュニケーションモードを見ている場合のみ?)。
選択肢は「わかってるよ」で信頼度アップです。

新サクラ大戦_20191218152826

大道具置き場、斜面の上にある棚の光を調べるとノートを入手。
これを資料室にいるクラリスに届けたら選択肢、「独特で面白かったよ」を選びましたが良くも悪くもなさそうでした。

次は劇場1階へ。
自動的に発生するさくら&アナスタシアのイベントを見た後、さくらは大浴場に移動します。
このタイミングで大浴場にて発生するイベントが、今回の「清らかなる者へ」です。
清らかなる者は大人しくこの場を離れましょう笑

アナスタシアの方は舞台上に残っており、彼女に話しかけると別のシナリオイベントが起きる。
このシナリオイベントの後、舞台裏の13か条を調べればアナスタシアとの「13の定めを学ぶ者へ」イベントも発生します。


あざみについて全員から聞いて回ったら電文が入る。
1階ロビーに至急来てくれとのことです。
さっそく向かってみると、1階ロビーでは自動的に発生するイベントを見るのみで終わりました。

次は支配人室へ向かうのですが、1階ロビーおよび食堂にいるキャラたちのセリフが変化しているので見たい方は話しかけてみましょう。

支配人室に近付くとイベント、選択肢は「言えないなら聞かないよ」で信頼度アップ。
続いて、支配人室に入ってのイベントで選択肢「スパイである証拠もありません」を選びましたが、こちらも良い効果音が聞こえています。


物語はここで一旦の区切りですね。
イベント後は自動的に帝劇の外へ出され、戻って来れないためご注意ください。



松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。