ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

2018年11月

スポンサーリンク
Nintendo Switchソフト「ポケットモンスター Let's Go イーブイ」を、ポケモンリーグ制覇後の要素まで概ねプレイ(一部除く)してみての評価と感想です。
評価はより客観的に、感想はより主体的に。


まずは評価から。
シナリオ内容に関しては、初代ポケモンこと赤・緑・青およびピカチュウ(黄)とほとんど同じです。
多少の違いはあれど新鮮さを感じるほどのものではない。
シナリオを楽しめる最低条件として、初代ポケモンをしていない人または初代をプレイしているが懐かしさを楽しみたい人に限られるでしょう。
(そもそもポケモンシリーズ自体がそこまでシナリオ内容重視のゲームではないように思いますが…。)

ここからは、今作が初代ポケモンやその他ポケモンシリーズ過去作と比較して大きく違う点を中心に書いていきます。


初めにエンカウト方式に関してです。
草むらや洞窟にて、ポケモンのシンボルが突如として出現し、そのシンボルに触れるとエンカウト。
その地帯に生息するポケモンの中から一定確率で出現するため、シンボルエンカウントとは言えランダム性は保たれています。
「かみなりのいし」「つきのいし」といった進化の石を使わないと進化しないポケモン(進化後)も概ね出現したりと、各地に生息しているポケモンも初代と比較して結構違いました。
草むらなどからシンボルがふと出現するのはまさに「野生のポケモンがとびだしてきた」という雰囲気でテンションが上がります。

ただ、小さい草むらからサイズが大きいポケモンが出てきたときなどは不自然さもある。
それと、大サイズの、例えばイワークなどのシンボルが出てきた場合に避けて通るのが困難であるという点も。
エンカウントを避ける「むしよけスプレー」などのアイテムは今作にもあるので絶対に避けたい場合はそれを活用すれば良いわけですし、過去作はランダムエンカウントだったためスプレー必須でしたが、シンボルエンカウントだと「シンボルサイズが大きいせいで避けられない」というのはイラッとしてしまう要素になりかねないため一応書いておきました。


シリーズ過去作ではエンカウントしたらバトル画面に入りますが、今作では野生ポケモンとのバトルは通常ありません。
モンスターボールなどの捕獲用ボールを投げるか、各種きのみを投げて捕獲率を上げるなどの工夫をするか、逃げるかの3択のみでした。
エンカウントした野生ポケモンには輪が2つ付いており、片方は一定の速度で輪の中心に収束していく(輪がだんだん小さくなる)。
最低でも外側の動かない輪の中にボールを当てないと空振りし、その一投は100%捕獲失敗。
外側の輪の中でかつ、内側のだんだんと小さくなる輪の中にボールを当てた場合、輪の小ささに応じて捕獲率が上がるといった形です。
この捕獲チャレンジ中に、野生ポケモンたちは飛び跳ねたり横にステップを踏んだりと、種類ごとに様々な動きを見せます。
コントローラのジャイロ操作でこの動きを追い、なおかつ小さくなる輪のタイミングも計らなくてはならない、という具合に捕獲はちょっとしたミニゲームのようになっていました。
捕獲に成功すると、手持ちのポケモン全員に経験値が入ります。

捕獲に焦点を当てた面白い試みだとは思いますが、ミニゲーム感覚で楽しめるのは序盤のうちだけ。
飽きた後はポケモンが動き回るのがすごく面倒です。
通常バトルのできるポケモントレーナーの数も限られているので、ジム戦やポケモンリーグ前などで経験値を稼ぎたい場合は野生ポケモンの捕獲が必須。
画面を見ずにAボタン連打でのレベル上げなどが不可能なのは辛いところでしょう。

また、すべてのポケモンが一定時間経過後に逃走する点も考えもの(同じポケモンでもすぐ逃げたり想像以上に長く留まったりと時間はまちまち)。
捕獲率が低いポケモンなどはモンスターボールよりも捕獲しやすいスーパーボールやハイパーボールを使用しても逃げられることが少なくないため、捕獲率の低いポケモンがなおかつ出現率も低かったりすると、図鑑を埋めるためにただ捕まえたいだけという場合でも大変です。
すべてのポケモンを統一してモンスターボールだけで捕まえたいなどの縛りプレイがしたい人にとってはさらに厳しい世界となります。



(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

今作では、捕獲して手持ちに入れたポケモンの中から1匹、ボールの外に出すことが可能です。
この仕様は一部過去作でもありましたが、今作では確実に進化しています。
ただ連れ歩けるというだけでなく、ポケモンによっては背中に乗って移動したり飛行ができる。
また、ポケモンごとの動きがよく作り込まれていて、150匹(ミュウやメルタン、メルメタルを入れたら153匹)すべてのポケモンを一度ずつボールから出して見てみたいと思うほどに楽しめる要素となっていました。

ただし細かな難点も3つほど。
1つは、今作には自転車がないため、主人公の移動速度を上げるには乗れるタイプのポケモンを手持ちに入れかつボールから出す必要があることです。
パーティ6匹のうち1匹は移動用ポケモン枠という選択肢が、好きなポケモンのみでパーティを組みたいという考えにプレッシャーを与えてきます。
一応、フィールドはそれほど広くなく主人公の通常時の移動速度でも探索が苦にはならない程度でしたが。

2つ目は、トレーナーの近くや狭い道などでは、ポケモンが自動的にボールの中に戻ってしまうという点です。
その場所を抜ければ再び勝手にボールから出て来てくれますが、移動用ポケモンを使っているときは、いきなりスピードが落ちてイラつく、そこからまた突然スピードが上がることで勢い余って使うつもりのない階段を使ってしまうなどの事態も起こり得ます。

3つ目は、乗って飛行するポケモンに関してです。
ポケモンリーグを制覇して殿堂入りした後は、飛行高度が上がります。
この状態での移動は楽な部分も多いですが、洞窟や建物に入りたいときなどに意図的に高度を落とすことができない。
すなわちポケモンから下りるしかなく、先ほど書いた「自動的にボールの中に戻る」条件のどれも該当しないため、その都度メニューの手持ちポケモンを開いてから戻すほかありません。
確実に面倒くさいです。


ポケモンシリーズは、シリーズが進みポケモンの総数が増えるに連れて、ポケモンバトルに重点を置いたゲームとなっていったように思います。
ですが今作は、バトルに関しては直近の過去作と比較すると白熱できるものではまったくない。
細かく分けるといろいろ理由が挙げられますが、大きな理由として、登場するポケモンの総数が初代ポケモンとほぼ同じ150匹ちょっととなっているためです。
なのでバトルを楽しみたいという方には正直お勧めできない。
その代わり、図鑑を集める楽しさはシリーズの中でも一番と言っても過言ではないでしょう。
より正確には、ポケモンを連れ歩くことの面白さから派生して、よりたくさんのポケモンをボールから出して連れ歩いてみたいという欲求から結果的に図鑑も集まっていくということなのですが。
今作の購入を検討するうえでは最も重要視してほしいポイントです。
感覚的には、通常のポケモンシリーズの一つと考えるより、ポケモンピンボールやポケモンでパネポン、ポケモン不思議のダンジョンといった派生作品の一種と考えた方がしっくりくるかもしれません。



ここからは感想。
10点満点で点数をつけるなら3。
(評価点ではなく感想点。目安として、8~10 完全にハマった、5~7 かなり楽しんだ、2~4 概ね楽しんだ、1 自分には合わなかった、0 面白くなかった、です。面白くなかった方向にも5段階ほどあり、実質 -5~10点間でつけた点数とお考えください。)

自分には、ポケモンを連れ歩く面白さがしっくりハマりました。
一匹一匹違った動きをすることもですし、意外な動き方や乗り方があったのも面白い。
バトルに関しては、ガチの対人戦がしたいという人以外はそれほど気にならないような気もしました。

評価のところでは書いていませんが、相棒のポケモン(ピカチュウまたはイーブイ)を撒撫でることができます。
過去作にもあったポケパルレのようなものですが、今作で撒撫でられるのは相棒のポケモンのみ。
ですが、ずっと撫でまわしたり突っついたりしていても全然飽きないというほど、相棒の反応が可愛い笑
なつけばまた違った反応が見られたので、旅の途中でこまめに相棒を撒撫でるのも楽しみの一つでした。

後は、3DSのバーチャルコンソールで初代ポケモンや金・銀をやっていなかったため、懐かしさを楽しめたという部分もあります。


ただ150匹は少し物足りないなと;;
今や800種類以上のポケモンが存在するので。
初代ポケモンの世界の広さを考えると十分なのですが、つまりは今作のボリュームはそれほどないという言い方もできますね。

殿堂入り後の要素で今作特有のものもありましたが…。
例えば、イーブイマスターやナゾノクサマスター、ナッシーマスターみたいな、各ポケモン使いが至る所に現れて、同じポケモン同士の1対1のバトルができるというものがあります。
えっと…進化前のポケモンと進化後のポケモンを両方レベル上げしなくてはならなかったりと、数が結構多いので作業感が強かったんですよね;;
進化前のポケモンのマスタートレーナーに勝った後に、そのポケモンを進化させて進化後のマスタートレーナーと戦う…ということをするにせよ、進化前後のマスタートレーナーの場所を先に探す手間がある。
頑張って育てたそのポケモンをついでに対人戦に使えるといった考え方も、今作に限ってはできませんし。
ボリュームの少なさをカバーするために付けたのか何のために付けた要素なのかわかりませんが、むしろ余計だと感じました。


個人的には、バトル用のポケモンを育てているときがポケモンシリーズで一番楽しい瞬間です。
今作はこのままで良いですし、リメイクなどで似た感じのものを出すのも良いとして、今後の通常のポケモンシリーズでは、これまで通りまたはバトルや育成がより面白く感じられるような方向性の進化に期待したいなと。


松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
前回更新時より変更された点
・ランク外枠に1作追加


これは、
ぼくがプレイしたことのあるゲームの中で、
ぼくがおすすめしたいと思ったゲームを、
ぼくが勝手におすすめ紹介するものです。


※この記事はPS4ソフトのみのランキングです。
※新たにおすすめしたいゲームが増えた時点で更新します。
※現在、ランキング記事はNintendo Switch、PS4、3DSPS Vitaの4つです。
※複数ハードで発売されているゲームは他ハードのランキング記事に載せている可能性があります。


【PS4ソフト おすすめゲームランキング】(計30作以上プレイ)

1位 戦場のヴァルキュリア4

征暦1935年、連邦と帝国に二分されたヨーロッパ大陸。
圧倒的な劣勢を覆すべく連邦が取った大反攻作戦。
仲間との絆、託される想い…様々な犠牲の下、成し遂げる意志を試される。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

ヨーロッパにおける大戦を題材としたシミュレーションRPG。登場キャラたちの想いや成長を中心に、雰囲気を出しつつまじめに取り扱っている。シナリオ内容だけでも手に取って損のないほどよくできている作品でした。ですが、このゲームをランクインさせた理由はその戦闘システムにあります。
自ターンと敵ターンが交互にやってきて、各ターンに決められたCPを消費し、アクションシューティングゲームのように戦場で味方ユニットを動かしていく(行動中はAPというゲージが消費されていき、APが0になったらそれ以上動けなくなる)。動いている最中、敵の視認範囲および攻撃射程距離内にいると、リアルタイムでガンガン攻撃されてしまう(逆に敵ターンであれば近付いてくる敵に対して勝手にガンガン攻撃を仕掛けます)。ここで、行動コマンド(ターゲットモード)を出せばお互いの動きがいったん中断。敵の種類や配置などに応じて、手持ちの銃で撃つか、手榴弾で吹っ飛ばすか、はたまた味方歩兵や戦車を回復したりなどの選択をします。もちろん、土嚢や壁に隠れたり死角から攻めたりと、うまくユニットを動かすことも重要です。
各兵には種類があります。例えば偵察兵はAPが多いため移動可能距離が長く、突撃兵は対人戦闘に長けている。遠くから狙える狙撃兵に、狙撃兵ほどの射程距離はないけど、攻撃が放物線上の軌道をたどるため障害物越しに攻撃できる擲弾兵など。ついでに1~2台しか出撃させられないけど火力も耐久力も高い戦車や、味方歩兵をまとめて移動させられる装甲車といった変わり種もあります。どのユニットをどの位置にどれくらい配備するか、どこに移動させ何をさせるのか。1ターンに同じユニットを何度動かしても良いのですが、動かすたびにそのターン中のAP最大値が減り移動可能距離が狭まるので、1人に特攻させるか全員で少しずつ戦線を上げて行くかと、考えることは多岐にわたります。他にも、物陰に隠れて回復を図ったり、ピンチの味方を撤退させCP消費で新たな味方を召還したり。CPを多く消費して特殊な命令(全体防御アップや1人の対人攻撃アップなど)を下すことも可能。余ったCPは次のターンに繰り越せる(上限あり)ため、CPのやり繰りもしつつ、準備が整ったら一斉攻撃するといった作戦もありですね。
といった具合に、シミュレーション戦闘のシステムが独特で、面白さも光っている作品です。そしてこのシステムを最大限活かすようなマップ構造や、敵ユニットの配置がまた絶妙。ここに敵がいたら嫌だなあとか、あそこを確保できたらかなり有利に戦えるとか、そういった場所にもよく敵兵がいたりします。でもしっかりと考えながら行動を取っていけば着実に対処できる。歯応えは確実に感じさせつつ、嫌になるほどには難しすぎない、このバランスが見事でした。頭を使うゲームが好きな方には特におすすめできます。


2位 ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて

悪魔の子と呼ばれた勇者。
勇者にまつわる伝説の謎を解き明かすため冒険の旅に出る。
そしてふたたび、「勇者の時」が動き出す。


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

ドラゴンクエストシリーズの完全新作ナンバリングタイトル!これだけでも期待値が高くなってしまうところですが、その期待を凌駕する、素晴らしいシナリオ内容でした。本来なら無視されそうなちょっとしたことにまで意味があったりして、「そういうことだったのか!」と、驚きの連続。さらに嬉しくて涙、悲しくて涙と、しっかりとロールプレイングもさせてもらえました。
ファンを楽しませるドラクエらしさもしっかりと押さえられていましたが、PS4版はドラクエらしさよりもこのゲーム自体の面白さをより味わえる作りだったように思います。グラフィックの美しさもさることながら、イベントムービーではキャラの細かい仕草や表情まで表現されているのが印象的でした。そのため3DS版以上にシナリオに没入してしまい、キャラへの感情移入もしやすい。本作の素晴らしいシナリオ内容を十二分に堪能できるでしょう。
ぜひともネタバレなしでプレイしてほしいためあまり具体的には書けませんが、絶対的なおすすめ度です!PS4版にしかない要素、3DS版にしかない要素がそれぞれあり、どちらもすごく面白いため、時間のある方はどちらもプレイしてみてください。どちらかのみなら、ドラクエファンの方にはぜひ3DS版を、ドラクエファンではない方やシナリオに没入したい方にはPS4版をおすすめします!(今後発売予定のNintendo Switch版のプレイ予定は今のところないため、比較は割愛します。)


3位 ペルソナ5

悪い大人を改心させる!
痛快な怪盗ライフ!
ペルソナの力を駆使して、腐った心を盗み出せ!


(↑画像クリックでAmazonのレビューも確認できます)

シリーズファンには待望だった、ペルソナシリーズの最新作。怪盗をテーマとして繰り広げられるシナリオですが、ペルソナシリーズらしさも出しつつ、今作は今作できっちりと締まっていました。少し無理やりな部分もあって個人的には前作や前々作には劣ると感じていますが、意外性のある(完全に裏をかかれた)部分があったり盛り上がりどころもこしらえていて、総合的には優れた内容です。
物語の進行は、強制イベントのある日を除き、1年間の期限の中で毎日自由に行動を選択できます。普段は学生生活で授業を受けたりバイトをしたり、バッティングセンターや釣り堀に行ったりゲームで遊んだり、他にも怪盗に必要なアイテムを制作したりなどできることは様々。そしてもちろん、本懐の怪盗行為をしにダンジョンへ突入するのも良しです。
ダンジョンは、マップの見た目や構造、侵入経路やシステム・演出まで、今自分は怪盗をしているんだとしっかり疑似体験させてくれる出来でした。ただそれ故に少し複雑だったり難解な部分もあります。人によっては楽しいとは捉えず面倒くさいと感じてしまうかもしれません。
戦闘は、敵の弱点を突いたりクリティカルすればチャンスが広がり、逆ならピンチに陥ります。基本は主人公たち人間が戦い、各個が持つ「ペルソナ」という能力が、キャラの使用できるスキルに寄与します。主人公のみ複数体のペルソナを所持することができ、戦闘中にペルソナチェンジしながら戦うことも可能。対峙している敵と交渉して直接仲間にしたり、所持しているペルソナ同士を合体させて新たなペルソナを生み出すなどして、より強い戦力を整えて行きます。パーティー編成以上に主人公のペルソナ作りが鍵です。図鑑もあるのでやり込み要素でもあります。戦闘難易度はNORMALでも高めですが、メニューからいつでも切り替え可能。ただ今作はダンジョン攻略中の回復が容易ではないため、シリーズ初心者の方は最低難易度まで下げないと難しいかもしれません。一度ダンジョンに入ると、出るときに一日を消費するので、こまめにダンジョン外に出て何度も入り直すというのを嫌う人もいるでしょう。そういう方は、引き継ぎ周回プレイはともかく、1周目は難易度を下げてプレイすることも考えてみてください。
総じて見るとすごく面白い作品ではあるのですが、ランキングを少し下げた理由は、戦闘含むダンジョン攻略の難易度のほかに日常のマップの複雑さにあります。主な場所には一度行ったことがあればメニューからジャンプして行けるのですが、初めてのときや、そこから少し歩きで行かないといけない場所だったりすると方向音痴のぼくには訳が分からなくなることもあり…。店もあちらこちらに大量に存在していて、その多くは最初から最後までまったく利用する必要のない場所だったりもするので、よく使う店が確定するまではどこに何があったっけと頭がこんがらがってしまいました。今作は大都会の東京が舞台なのでマップは仕方がないにせよ、利用可能な店の数はもう少し減らしても良かったんじゃないかなと思います。
と、一応気になる点も書いておきましたが、それでも躊躇せずランクインさせるほどには面白い一作です。シリーズ初めての方でも、もし迷ったならプレイしてみてください。


<ランクインまであと一歩!>

-魔女と百騎兵2 > アクションRPG
~戦闘の操作性や難易度バランスが優れている。歯応えがあって楽しいが、敵の種類が少ないのが特にもったいない。シナリオももう二捻り。


-戦場のヴァルキュリア リマスター > シミュレーションRPG
~「戦場のヴァルキュリア4」と紹介文がほぼ同じなため割愛。4がシリーズ初プレイで、別のストーリーや違うマップでの戦闘を楽しみたいという方にお勧め。


-ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ > RPG
~ストーリーもなかなか良く、サクサク進めることもじっくり時間をかけることもできる戦闘システムはどちらも奥が深く面白い。ただ好みが大きく分かれそうだと思ったためにランク外枠に。




松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。