ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

2018年10月

スポンサーリンク
最終更新日時 2018.10.15 18:38

過去記事を少しでも簡単に探せるようにするためのまとめ記事です。
カテゴリー別に振り分けています。

※本ブログ内で書いたプレイ日記カテゴリ「竜星のヴァルニール」のリンクのみとなります。
※すべて時系列です。
※遅ければ毎日就寝前に更新するため新記事を投稿した時間とのタイムラグが生じ得ます。


-ボス戦(8) ※難易度HARD

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「VS.シルフガンデ 全員ファイアソードを使えるようにしておくと楽」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「聖域の洞窟、最奥にてボス戦!確実に高火力を用意しておく」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「VS.フォムレナード サポートキャラに蘇生や回復スキルの習得を」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「VS.エクレイプス 味方のHP最大値アップや蘇生スキルの用意を」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「VS.グランポロス 部位は無視して本体まっしぐらが妥当か」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「VS.レイムナント 3回行動も、全員を別々の階層に配置しておけば問題なし」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「VS.ゲィン・ゾーラ 火力アップの補助スキルも用意しておこう」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「VS.エンジエルマ 多い行動回数に反して火力が低いため楽勝な相手」


-ダンジョン探索(8)

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「裁きの森を探索 最初の戦闘チュートリアル後のダンジョン探索開始」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「聖域の洞窟を探索」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「狂いの森を探索」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「北の星殿を探索」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「呪縛の荒野を探索」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「南の星殿を探索」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「贖罪の荒野を探索」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「地下道を探索」


-システム関連(5)

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「最初の戦闘とチュートリアル」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「因子核ごとにスキルツリーが存在する」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「拠点に到着、クエストとショップ利用が可能に」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「第三章開始、拠点では新たに2つの施設が解放される」

<PS4>竜星のヴァルニール プレイ日記 「新施設・妹部屋が解放、適度に竜の血や肉を与えよう」



竜星のヴァルニール - PS4
コンパイルハート
2018-10-11

松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
第八章で、「地下道」の竜の碑より少し進んだところ、イベントマークにてボス戦です。

竜星のヴァルニール_20181014184637

敵は2層型で、本体HP94500~97800、部位HP23200~26500ほど(難易度HARD)。
毎ターン4回行動、闇・貫弱点でした。

・上層 火球 490~738
・上層 ドラゴンズディナー 追加効果でダメージと同値分HP吸収 511~643
・上層 かみつき 609~723
・下層 瘴気ブレス 699
・下層 アイスブレス 943~978


少し前に3回行動が出始めたと思ったらもう4回行動ですね;;笑
ただ、一撃の火力は低めなので、これまでのボスと比較してむしろ歯応えがないくらいでした。

アイスブレスだけ多少ダメージ量が多かったので、念のため部位を先に破壊するかどうかといったところ。

基本的には回復魔法スキル「ヒールパーティ」だけ用意していれば後は攻撃一辺倒で問題ありません。
ぼくの場合は、シャルロッタとメリッサが闇属性魔法スキル(メリッサは回復役兼任)と、闇をセットしていなかったカリカロは貫属性の物理スキル使用です。


敵の体力が高くて多少時間がかかりましたが、危ない場面は一度もないまま倒せています。
もし味方のSP最大値が低かったなら、途中で息切れしてピンチに陥ったかもしれませんが。

ともあれ、ここは楽勝なので、さっさと片付けてしまいましょう。
倒した後は、次のイベントマークに触れる前に、念のため竜の碑でセーブしておくと良いかもしれません。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。