ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

2018年04月

スポンサーリンク
エンディング後、クリアデータをセーブ。
これをロードすると、引き続き遊ぶか周回プレイに入るかの選択ができました。

METAL MAX Xeno_20180429174612

引き続き遊ぶ場合は、再度カタストロプスを倒さないと周回プレイに入れません。
まだ狩り残したWANTEDや、探索していない場所(ダークシティなど)があれば引き続き遊ぶのも良いでしょう。

METAL MAX Xeno_20180429175352

周回プレイの場合、ストーリーモードかハンターモードかを選びます。
違いは、ハンターモードだとストーリーやイベントは最小限に抑えられるというくらいの模様。

どちらも所持金、アイテム、プレイヤーのレベルなどは引き継がれます。
ただし、ストーリーモードの場合はクルマは格納庫が解禁されるまで使えないとのことです。
おそらく仲間キャラも話を進めないと加入しないでしょう。
(ハンターモードは最初から全員いました。)


難易度は「ノーマル」「ハード」の二択。
周回プレイでは新たなWANTEDも追加されるようです。

戦闘をとことん楽しみたい方はハードのハンターモードで2周目をするのが良いですね。
どっちみち周回プレイするつもりであれば、まだ探索していない場所や狩っていないWANTEDなどが残っていても、引き続き遊ぶよりも周回プレイの方が二度手間にならずに済みそうです。
もちろん、予めレベル上げしておきたいから引き続き遊ぶという選択肢も。


まだやっていないので断言できませんが、シナリオの追加要素などはなさそうですね。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
ようやくカタストロプスの下にたどり着きました…。

METAL MAX Xeno_20180429160753

射撃モードで先制して、戦闘開始です!
近付いても戦闘が始まってしまうため、射撃モード分のダメージを無駄にしまいようにご注意ください。

全属性耐性持ちで、シールド弱点もなし。
なので適当な無属性大砲で攻撃します。


・大砲連射(都度ランダム対象に計2~7回攻撃?、1回あたり500前後、少ない攻撃回数に関しては迎撃できただけかもしれません)
・ビーム(都度ランダム対象に計10回攻撃、1回あたり200~400前後)
・エネルギーを貯めている(このターンは攻撃なしで次のターンに全体2700~4000前後ダメージの攻撃が飛んでくる)

まずはこんな感じです。

エネルギーを貯めた次のターンは全員防御させた方が良さそうですね;;
どうせ大したダメージは出ないだろうと油断していました;;
(防御したら被ダメージを1100~2000前後まで抑えられました。)


しばらく戦っていると変形を始めます。
変形を始めたら攻撃パターンが変化。

・ビーム(単体、700前後)
・ミサイル(単体、900前後)
・エネルギーを貯めてそのターン中に先ほどと同じ高火力攻撃
・全門発射(上記3種すべてで同時攻撃)

エネルギーを貯めてから攻撃が飛んでくるまでの間に防御できなくなっています…。
しかも全門発射だと貯めの時間すらありません…。


まず1ターン目。
主人公は自身の乗っている紅の復讐者に特技「整備の魔術師」を使用して火力アップしておく。
多脚戦車とGロンメルは特性「キャノンラッシュ」です。

2ターン目は全員でキャノンラッシュ。
3ターン目は貯め後だったので全員防御。

5ターン目に多脚戦車とGロンメルのSPが切れたので、それぞれの運転手が特技「シールド命」で電池パックLLを使用して回復。

7ターン目も同じく、シールド命で電池パックLにて2台を回復させる。

9ターン目、多脚戦車が破壊され、同ターン中に運転手も戦闘不能。
Gロンメルは電池パックLLのSP2000のみで、紅の復讐者はSP550ほど。

10ターン目以降、Gロンメルの運転手は特技「挑発ドライブ」で攻撃を引き寄せ、紅の復讐者でのみ攻撃を続ける。
紅の復讐者は他の武器が大破させられ始めたら、特技「電光石火」で穴1に装備させたネフテク大砲を連発。

12ターン目にGロンメルが破壊される。
13ターン目、Gロンメルの運転手は特技「おたけび」で紅の復讐者の火力アップ。
14ターン目、紅の復讐者は破壊されるも、同士討ちの形で敵を撃破。

METAL MAX Xeno_20180429173712

…と、最後は全クルマを破壊され主人公1人だけが残っている状態での勝利でした;;
正直、ネフテク大砲が壊されなかったという運要素が強いです;;

特技「挑発ドライブ」を使用したGロンメルは、被ダメージが少なくなるどころかやたらと回避していたので、これをうまく使えばもっと楽に戦えたかもしれませんね。
例えばクルマを1台だけにして3人全員が乗り込み、1人は「挑発ドライブ」で他2人で「整備の魔術師」「シールド命」のほかキャノンラッシュを続けるなど。


倒したらイベント後、エンディングになりました。
他のイベント同様、R1ボタンで早送りもできます。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。