ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

2016年10月

スポンサーリンク
「氷柱の崖」のセーブクリスタルの先で。
テリトリーでのボス戦があります。

2016-10-28-232526

敵は「オオフェンリル」1体、「ホワイトナック」4体ですが。
邪魔なホワイトナックを先にすべて処理しても。
時々オオフェンリルが仲間を呼び、ホワイトナック4体がさらに追加されます。

なので全体攻撃のアビリティを持っているのが望ましいのですが。
もしなければ、先にオオフェンリルから倒す方が良さそうです。

2016-10-28-232649

体力は3530で、氷に強く炎に弱い。
「もえもえ」用で連れていたミラージュがいるなら炎属性のアビリティもあるでしょうから話が早いですが。
なくてもセイヴァーメダルを3連発で使用して一気に叩けば問題ありません。

一応、全体に氷属性で攻撃する「ふぶき」を持っているので。
弱点属性に関してもそうですが、バラバラになってまとめて倒されないようにご注意ください。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
「氷柱の崖」の、エリア3つ目「3アイス目」。
ここにある滑る床は、北東側と北西側の2か所に繋がっていました。

シナリオ進行が目的なら北東側へ抜けますが。
北西側へ進めば、これまでのダンジョン同様にシンボルエンカウントの特別なミラージュが存在します。


まず行き方ですが。
北東側に抜けたところから、「南、西、南、西、南、西」で「ボカボカ」のポイントがあります。
「どうこびと」をヘンシンカさせ「ミスリルきょじん」にすればボカボカを習得できるので連れて行き。

ボカボカで障害物を壊した先に今度は「ふしぎスイッチ」。
重さ11と土耐性100なので、ミスリルきょじんと後は適当に乗せればどうにかなるかと。
スイッチを作動させると、滑る床の一部地面が盛り上がります。


これ以降は、北東側へも北西側へも、滑る床で頭を使わずとも回れるようになるので。
西側から迂回しつつ北西側へ抜け次のエリアに入る。

2016-10-29-114608

シンボルエンカウントで「ホーリードラゴン」との戦闘開始です!
この5000強のHPが2体もいるのでご注意ください。

ジェムジェムチャンスの条件は「光属性で攻撃」すること。
おそらくこの時点での光属性は、「ベビーホワイトン」の「バニシュ」くらい。
SP的に、ベビーホワイトンのレベルを15前後にしないと習得できません。
ぼくはベビーホワイトンのレベルが1…と言うかそもそも連れても来ていなかったので笑
捕まえるのは後回しにしてひとまず倒しました。


体力が高いだけでも大変ですが。
「リジェネ」か何かを持っているのか、時々敵にターンが回ったタイミングで数百ほど回復されました。
また、HP小で復活させるアビリティ「レイズ」を使ってきます。
片方を倒してももう片方が復活させてくるので何度も倒す羽目に;;

まあ、復活しても500とか600なのですぐ倒し直せば良いだけですが。
その分時間がかかります。
全体攻撃のアビリティがあった方が少しは楽に倒せるのではないかと。
ジェム化してしまえば復活もくそもないんですけどね;;
2体とも倒す場合はレイズに注意です。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。