ゲームは脳力・能力をアップさせる至高のエンターテインメント ――― ゲームをすると馬鹿になるなんて言わせない

ゲームには世間が思いもよらない様々なメリットがあります。 おもしろい・たのしい、それだけじゃない。 ゲームが学びや脳力・能力アップの「ためになる」ことを知ってほしい。 さあ、ここからは「ゲームの時間」です。

2016年09月

スポンサーリンク
ライブラのサークルを2つ解放し、一度ステラ座へ帰還。
酒場でイベントを起こし支配人の話を聞いたあと。
カッスルとプロメスからの呼び出しがありました。

まずは武器・道具屋。
カッスルから「神器」なるものに関する説明と、神器「狩人の目」がもらえました。

2016-09-29-190635

神器は、装備することでその神器に宿されたスキルを使用できるようになるというもの。
とりあえず「狩人の目」を装備すると敵の残りHPが確認できるようになります。
他にも、戦闘で使うタイプの普通のスキルを覚えられるものなどもあるので。
ボス攻略時などは相手によって神器を変えるのもありですね。

ちなみに神器は主人公だけじゃなくデモンにも装備させられます。
誰に装備させるかもしっかり考えないといけませんね。


次にプロメスの部屋へ行くと。
「武器の強化」ができるようになりました。

普通の装備品なら+10、ユニークアイテムなら+30まで。
ユニーク以外強化したくないですね笑

まずはエーテル圧搾機で要らない武器を消費してエーテルを抽出する。
武器のランクやプラス値によって取れる量が変わります。
これらは貯蔵されていくので、すぐに使う必要はありません。
「エーテル確認」で今どのくらい貯蔵されているかを確認できます。

刀なら刀、兜なら兜と、強化するには同じジャンルのエーテルが必要で。
強化する装備品自体の強さ、および現在のプラス値に比例して、強化に必要なエーテル量と金額が増えていきます。
物語終盤の強い武器を強化するにはそれなりにエーテルやお金が必要になりそうなので。
今はむやみに強化しない方が良さそうですね。
どうしても勝てないボスがいる時などのみにしておきましょう。
あ、でも要らない装備品はとりあえずエーテル抽出だけしておくとアイテム整理には良さそうです。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
シナリオに沿って、ライブラのサークルを2つ制圧して一度ステラ座に帰還してきたところです。
酒場で支配人がお待ちだとのことなのでさっそく向かう。

2016-09-29-185525

新クエストの受注と、新ダンジョン2ヵ所に入れるようになりました。

クエストの方はとりあえずデモンを1体倒せば良さそうで。
既に入れる666番街と、新たにオープンした「灯の霊廟」「竜樹の夢」にそれぞれ1体ずつデモンがいるようです。
つまり、どこから攻略しても良し。


このあと、各ダンジョンに入ろうとすると、および入ってからぞれぞれイベント発生。
入るとラジオ放送があり、各ダンジョンの雑魚敵やデモンに関する情報を教えてくれます。

まず、オルム街の「666番街」。
「獣人」が多く生息していることと。
デモン「ライブラ」は攻撃・回復の魔法が得意だとのこと。

2016-09-29-191433

後衛型なので回復役として安定した実力を発揮してくれそうですね。


次は、大星堂の「灯の霊廟」。
多く生息しているのは「不死」で。
デモン「レオ」は複数体をまとめて攻撃できる前衛タイプ。
仲間にいると一回一回の雑魚敵戦が楽になりそうです。


最後に、竜の大樹の「竜樹の夢」。
雑魚敵の多くは「生物」系で。
支配するデモンは「カプリコーン」。
単体相手に高火力攻撃を仕掛けられるタイプのようなので。
ダンジョン探索はレオ、ボス戦はカプリコーンと使い分けられそうです。


難易度によってはどこから攻略しても問題なさそうですが。
高難易度なら、ライブラから攻めるのが若干楽かと思います。
出て来る雑魚敵が他と比べるとやや弱い(気がする)のと。
回復型ならそれほど火力はないであろうと思われるので。
耐久力をしっかり上げたうえで、魔法攻撃で大きく削られた時のみ回復する形で戦えば組みやすそうかな、と。
早く仲間を1人増やしたいという点でも既に2つのサークルをオープンしているので有利です。


と言うことでぼくはライブラから攻略していきます。
この前「その先はまだ待て」と進めなかった場所から。





松山勝弘(まつやままさひろ)
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ


Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。