第三章の2つ目のお役目「河童の頼み事」を進めるため、新たな地域「大泡の洲」にやってきました。
ここは敵のいるところの地面付近に浮露があったりして、戦闘中邪魔になるといった場所が多くあります。

少し進んで最初の水辺、いきなり上ルートと下ルートに分かれますが、まずはすぐ左の穴から落ちて、羽衣を使うなどして左の足場に移ると宝箱一つ。
そのまま下まで落ちて下ルートから探索して行きます。


下ルートは、採取ポイントなどがほとんどないうえ、戦闘地点に大量の牙岩もあってかなり危険なルートです。
最初の戦闘地点は、鮎鬼に羽衣を伸ばして移動することで、戦わずにかつ牙岩に触れずに素通りすることが可能。
素通りした後、鮎鬼たちはそのまま追ってくるので、奥へ進む前に返り討ちにしてしまいましょう。

次の戦闘地点では、まず手前の蜆鬼を適当に攻撃して地面の牙岩に落とすなどで撃破する。
奥の蜆鬼に羽衣を伸ばしてその蜆鬼がいる場所まで移動、武技「胴貫打ち」で蜆鬼を右に飛ばし、飛ばした蜆鬼にまた羽衣を伸ばす。
この方法で安全に向こう側まで移動できました。

天穂のサクナヒメ_20201117150446

そこは一見行き止まりですが隠れた道があり、そのまま真っ直ぐ進めば枝魂「耐水」の入った宝箱などを発見できます。
戻る際は坂道を上る感じでok。


隠れた道の手前まで戻ったら、羽衣で上へ。
近くの水辺は探索目標の「最奥の鬼衆」です。

WAVE1を全滅させて、WAVE2では初見のスッポン鬼が出ます。
スッポン鬼は非常に硬く、ダメージが通りにくい。
できるだけ攻撃力の高い武器を予め作っておいた方が良さそうです。
後は、弱点である術属性で攻撃するために武技「高波返し」を使うといった手もあり。

ちなみに探索目標でもあるスッポン鬼のひっくり返し方ですが、甲羅にこもっている状態のスッポン鬼に対して羽衣技「引き繋ぎ」を使うだけ。
やり方さえわかってしまえばかなり簡単でした笑

天穂のサクナヒメ_20201117151019

最奥の鬼衆の探索目標を終えたら、浮露が左側にあるうちに中に入り、真上の足場へ移動して、羽衣でさらに上へと移動して行く。

天穂のサクナヒメ_20201117151347

次の浮露で上る前に、地面から左斜め上に羽衣を伸ばし、また隠し道を通って左へ行くと宝箱です。


浮露で上ったら上ルートとの合流完了。
右手は行き止まり&鉱石採取ポイントのみ。

左へずっと進み、下に落ちないようジャンプで飛んだ先に宝箱、落ちる途中の左手の足場に採取ポイント。
下まで落ちて、少し左へ進んで行くとスタート地点です。

上ルートの方が最奥の鬼衆のところまで安全にたどり着ける構造でした。


さて、最奥の鬼衆を倒す探索目標をクリアしていれば、新たな地域「日恵千水峡」解放される。
お役目仕事をこなすために次はそちらへ向かいます。



松山勝弘(まつやままさひろ)