第三章、北の渓谷の奥地を目指す途中で、寄り道の地域「暴呪の湖」に入りました。
最初の穴を落ちるとすぐに異様な雰囲気のものがありますね;;

天穂のサクナヒメ_20201117142036

結界の中にいる敵に攻撃してもダメージは軽減される、という効果だと思われます(与ダメージが約4分の1ほどになっているのを確認)。
近くの「結界石」を破壊することで解くことが可能。

天穂のサクナヒメ_20201117142536

地面の左右のほか上空にも左右の計4つあり、そのうち2つも壊せばこの辺りの結界は解けました(1つ壊した時点で半分は解ける)。

鮎鬼を無視しながら結界石を壊してまわるのは少し難しいので、先に結界のないところに敵をおびき寄せてあらかた倒してしまうのが良さそうです(全滅させると追加の敵集団が現れるため注意)。
左側に宝箱があり、戦う場所はその辺りが良いかと。


右へ進み、次の結界地帯は、手前の壁を羽衣で上ったところにある結界石を先に壊しておきましょう。
途中で雉鬼が寄って来たら、道を少し戻って結界のない場所で始末してしまう手もあり。

今壊した結解石のある場所から、右にジャンプして羽衣も伸ばしたら、あっち側にある結界石の場所へギリギリたどり着けます。
これを破壊したらここの結界は解除です。


先へ進むと、今度は結解石がぐるぐると回っているのが見られました。
結界の中には入らず寄ってきた結解石を片っ端から攻撃していって順番に壊すというのが最も安全そうですね。
もし下の方まで落ちてしまったならすぐに壁を上り直せばok。
鮎鬼も結界のないところで1体ずつ倒していくだけです。

結界石は合計で6つほどあったようで、そのうち4つを壊したあたりで結界が完全に解けたように思います。
下に落ちて水の中で戦いながら結解石を壊した方が楽かもしれませんが、敵殲滅後に2~3回ほど追加の敵集団が現れたため、下で結解石を壊す際はご注意ください。


最奥、最後の結界があるところ。
ここでボス群れとの強制戦闘がありました。

天穂のサクナヒメ_20201117225736

群れのすべてが「大鮎鬼・朱筋備」で、ボスの体力ゲージはどれを攻撃しても減る。
ですが1体ずつにも体力が設定されているため、できるなら1~2体を集中攻撃していった方が、数を減らせるので徐々に楽になっていきます。

敵の動きは普通の鮎鬼と同じで、ただ大きくて怯みにくいというだけ。
ただ結界が邪魔で、結解石は壊しにくい場所にあるので、結界の外、左右どちらかで戦うようにしましょう。

一応、武技「高波返し」で敵を打ち上げたところに羽衣を伸ばして真上に飛び、武技「車輪断」を使うなどすれば、結界石の破壊も可能であることは確認しましたが…。
正直なところ、結界石を壊す手間を踏むより、さっさとボスを倒してしまう方が楽ちんでした笑


ボス戦後は右手で採取や宝箱回収を忘れずに行って、やることもなくなったところで帰還します。



松山勝弘(まつやままさひろ)