第十一章に入ったら、まずは真っ直ぐ進んでヴァラク雪山から次のエリア「大剣の渓谷」に移動します。
エリア移動ポイント付近にはこれまで通りランドマークが存在するため、別の場所へ寄り道をしに行く前にランドマーク解放だけはしておきましょう。

大剣の渓谷に入ったらずっと一本道。
シナリオイベントを3つほどこなしたら、すぐそこに補給部隊がいます。
アーツ書はこれまで他の場所でも入手できたものばかりでしたが、防具はなかなか強いのが揃っている。
クエスト報酬やドロップ品ばかり使っていた方もここで新調することを検討してみてください。

やることを終えたらディクソンと会話する。
イベント後はディクソンたちは消えますが、補給部隊(ショップ)は残りました。


ここからは西へ、引き続き一本道を進んで行く。
まだ敵もいないですし、やることと言えばコレクションアイテムを拾い集めることくらいですね。

ランドマーク「ゲト砦」を解放、ここを超えた辺りから敵が出没し始めました。
当然機神兵ばかりなので、シュルクはバトルメンバーに固定しておくのが良いでしょう。

DSC_0002

ゲト砦の真南(奇妙な建物の裏)には洞窟のようになっているところがあります。(洞窟じゃなく遺跡とかって言った方が良いかもですが、便宜上)

無視して進むと「第6ゲート解放パネル」なんかが見つかりますが、ロックされていてゲートを開くことはできない。
つまりは行き止まりでそれ以上進めないため、先ほどの洞窟みたいなところを通って行くのが正解の道でした。


洞窟の中の斜面を通ってゲート(ロケーション「第6ゲート」)を抜ける。
そこには巨大な機神兵「百四式要塞型」がいます。
こいつはレベルも52と高めで危険なので、今は見つからないよう慎重に移動したい。
地上に下りずにそのまま高所を進むのが楽です。

と言うか、次の第5ゲートもロックされているので、地上に下りるメリットがまったくありません笑


第5ゲートは高所の北側にある洞窟を使って通りすぎ、そこから南西へ行くとランドマーク「ドルガン監視塔」解放。
その建物の入口に近付くといきなりクエスト「ドルガン監視塔制圧」の受注画面が現れました。

DSC_0003

ストーリークエストではないため無視もできそうですが、時限である点にはご注意ください。

このドルガン監視塔の1Fには「ゲートロック解除装置」が。
クエストをやるならついでなので装置を調べてゲートロックを解除しておきましょう(クエスト討伐対象は2F)。
続く第4ゲートのロックが解除されているので、地上の開閉装置を調べて開けられるようになります。
(探索の続きはこちら



松山勝弘(まつやままさひろ)