「ヴァラク雪山」上層エリアのランドマーク「巨神の環状骨」にスキップトラベルすると、目の前に洞窟がある。
この洞窟は中が氷の滑り台になっていました。

DSC_0001

途中で滑り台が途切れているところでタイミング良くジャンプしないと落ちます。

滑り台のゴールを下層エリアのランドマーク「ノポンキャンプ」に設定するとして…。
まずは最初のジャンプポイントでジャンプせずに落ちると、水中に入る。
そのまま洞窟の方へ泳いで行くとゴールのノポンキャンプにたどり着くことができました。

2つ目のジャンプポイントは、飛ばずに落ちたら(水中を通らず)そのままゴールです。
この2つ目のジャンプポイントでタイミング良く飛べると、ロケーション「アントルの寝床」を解放できます。
ついでにここにはレベル47のユニーク「蛮行のシトリー」も。
ただ雑魚敵が多くて邪魔なので、もし戦う場合はおびきよせを駆使しましょう。


では、ノポンキャンプでクエスト受注をショップのチェックを終わらせたら、下層の探索に入ります。
モブノポンに話しかけたら近道や上層への戻り方も教えてもらえましたね。

真っ直ぐ進んですぐ右手に見える間欠泉(ロケーション「ジャクト間欠泉」)に乗ると上層に戻ることができる。
このとき、普通に上層を探索しているだけでは入れなかった地帯(マップにクエストアイコンが付いているところ)に入ることができました。

間欠泉を通りすぎて、右手(北)の洞窟に入るとランドマーク「溶岩洞窟」。
洞窟内や奥にある溶岩は、当然のごとく触れていると継続ダメージが入るためご注意ください。
ひとまず今は、洞窟の奥まで行く理由はありません(ロケーションなどもなし)。

間欠泉を超えたところを今度は左(西)の道へ曲がると、本当にもうすぐそこがシナリオアイコンの付いている塔でしたね笑


寄り道のために一旦ノポンキャンプに戻って…。
最初の分岐を、間欠泉とは反対、南の方へと進んでみます。

基本的にはただ遠回りになるだけでしたが、南にある登れる壁の上にはランドマーク「ラ・ルース教会」がありました。

DSC_0002

その付近には、以前にもエルト海かどこかで見たことがある「古代の紋章印」(封印されていて開かない)も。

それと、マップ上にキズナトークのアイコンが付いている場所もありますが、高所のためこちら側からはたどり着けません。

キズナトークのアイコンから北へ行き、東西どちらかのくねくねした坂を上ったら、東西の坂の中央部分に入る。
ユニークモンスター「壮美のブエル」がいるのと、ついでにこの辺りからキズナトークの場所をよく見ると、キズナトークのもとへはどこかから洞窟を通ってくるっぽいことだけわかります。
ラ・ルース教会にあった古代の紋章印の封印がいつか解けたら…とかでしょうか。


さて、ここで一旦シナリオアイコンのある「封印の塔」へと向かってみます。

洞窟に入ってランドマーク「ハリクト礼拝堂」が解放され、もう少し先でイベント。
ストーリークエスト「ヴァラクの熱い石」が受注されました。
間欠泉近くの「溶岩洞窟」の奥で火曜石を取ってくるだけですね。

DSC_0003

…と思ったら、そこで「炎獄のレクシール」とのバトルが必須でした;;
こいつ単体ではそれほど強くないのですが、周辺の溶岩に入ると継続ダメージを受けることと、邪魔な雑魚敵たちがいる点にはご注意ください。
雑魚敵は予め片付けておくのが良いでしょう。

炎獄のレクシールを撃破したら自動的に火曜石をゲット!
ハリクト礼拝堂にスキップトラベルで飛んで、封印の塔を塞いでいる氷を調べる。
イベントを見終えたら、探索再開です。

火曜石があれば上層エリアの洞窟入口を塞いでいた氷も溶かせるので、先にそちらを見て回るのも良さそうですね。



松山勝弘(まつやままさひろ)