第八章はエルト海から始まりました。
スキップトラベルは問題なく使用できたので一度戻ってみると、サイハテ村にあるショップ2つともで、アーツ書の新商品が売られていました。

エルト海の探索ですが、寄り道したりエリアマップを自力で埋めようとすると、一面が海なので、ただただ泳いでいるだけの時間がすごく長くて大変です;;

まず、スタート地点であるランドマーク「ラタエル海岸」より真っ直ぐ南へ泳いで行くと、海のど真ん中でロケーション「眠れる竜の島」。
上陸する場合はレベル80代の視覚感知型や聴覚感知型に気を付けましょう(上陸してもキズナトークや採取ポイントがあるくらいですが)。


引き続き南へ泳いで行ったら、マップの端っこにロケーション「スピカルの離岸」がある。
ここは視覚感知型を多数含むレベル80代の巣窟でした。

岸に上がって橋を渡った先にレベル87のユニークモンスター「暴風のベルラガン」が。
その奥には、近付くと「古代の紋章印」と表示される、壁に埋め込まれた石碑のようなものも見つけられました。
まあ、今そこまで確認する必要はまったくなかったので、寄り道派の人でもロケーションだけ解放したら立ち去りましょう笑


スピカルの離岸より左側の壁に沿ってずーっと西へ行ったら、少しだけ海岸洞窟になっているところがあって、その先に秘境「ファラスの境界泉」があります。

ここから北北東(マップに採取ポイントが表示されているところ)にロケーション「第9浮遊岩礁」、第9浮遊岩礁から北西へ泳げば「巨神後頭部」。
そして巨神後頭部より北東に進むとロケーション「フーディの隠れ家」がありました。

これらのうち海から上陸できるのはフーディの隠れ家だけです。
西側から上陸したならツタを上って島の内側へ、東側から上陸したなら斜面を上がって行き島の内側へ。
水中に飛び込んで北へ行くと、ユニークモンスター「葬送のゴズラ」がいます(レベル42、取り巻き2体)。

DSC_0001

と、スタート地点より西側で見つけられたのはこんなところでした。


十分に見て回ったら一度スタート地点のランドマークに戻り、今度は東側を探索です。

まずは今いる陸地から水中に入らないようにして移動して行くと、イベント中に教わった転移装置が見つかりました。
シナリオアイコンの目的地へ行くときに使用します。


海に入って、左の壁に沿ってずっと東へ行けばロケーション「アヌ海岸」。
やはり高レベルモンスターたちのいる危険地帯で、同じく高レベルのユニークモンスターもいました。

引き続き壁に沿って泳いで行くとすぐに海岸洞窟が見つかり、洞窟に入って一本道を進むとユニークモンスター「光速のソニード」を発見。
レベル44なので、人によっては倒せないことはない程度でしょうか。
ぼくはパーティーのレベルが平均37で惨敗したため後回しにしています笑


さらに壁に沿って南下していき、端っこに着いても引き続き壁に沿って今度は西へ。
途中で島(ロケーション「鎮まりの離島」)が見えますが、上陸してもほとんど何もできません。
唯一ある採取ポイントも高レベルの視覚感知型が見張っているせいで採取できないので。

鎮まりの離島から真っ直ぐ西(スピカルの離岸より北東)にはロケーション「第5浮遊岩礁」。

DSC_0002

と、東側で目ぼしいところはこれくらいですね。


海からは上陸できない浮遊岩礁のロケーション2か所は陸地探索時でも解放できるので無理して行く必要はなし。

後は、シナリオアイコンのある辺りを通ったときにランドマーク「センターゲート」が解放されますが、これも水中ではなく上の方です。
ここでもしスキップトラベルでセンターゲートへ飛ぶと、即時にシナリオイベントが発生してしまいます。
(って、一応階段もあるので普通に上って行くこともできますが。)

エリアマップをすべて埋めるまで泳いだのでものすごく疲れました(笑)が、次は陸地の探索とシナリオ進行を。



松山勝弘(まつやままさひろ)