第七章、新たな仲間を加えて、テレシア本体の討伐へ向かう。
東の端にあるシナリオアイコンのもとにたどり着いたところでボス戦が始まりました。

DSC_0002

事前に分身と戦うなどして情報がある通り、今回はシュルクがほぼ必須です。
イベント後・戦闘開始直前にもパーティー編成画面が出るので忘れずにシュルクをバトルメンバーに加えておきましょう。


そのパーティー編成画面が閉じられたらメリアがアーツ「マインドブラスト」を習得。
既にアーツを8つまでセットしている場合でも、一番右端のアーツが自動的にマインドブラストに切り替わると思われます。

これはエレメントバースト中のみ使用可能なアーツで、オーラ消去やアーツ封印といった効果を持っていました。
もちろん、敵の「思考読み」も消去できる。
なので操作キャラがメリアであれば、エレメントバーストの状態を維持しておけば、敵に思考読みされた後すぐに消去することも可能です。

ただ、再度タレントゲージを溜め直すのにそこそこの時間がかかるという難点もあるため、シュルクもやはりバトルメンバーから外せません。


操作キャラがシュルクの場合は、まずはアーツ「バトルソウル」でタレントゲージを溜めさせます。
アーツの効果で現在の残りHPが半減してしまうため、すぐに「ライトヒール」で回復するまでがセットです。

オートアタックも交えてタレントゲージを溜め終わったら、敵の思考読み使用に合わせてモナドアーツ「ブレイカー」で封じる。
その後はオートアタックで再度タレントゲージを溜めておきます。

攻撃アーツは、タレントゲージが溜まり切っているかつ思考読みを使われていないときのみ使用。
そうしないとオートアタックがミスばかりでタレントゲージが溜まらず、「バトルソウル」を使うしかなくなりますから;;


プレイヤーの取る行動としてはこんな感じですね。

操作するのはシュルクかメリアで、操作しない方も念のためバトルメンバーに加えておく。
もう一人のバトルメンバーは回復アーツが使えるカルナやリキが安全そうですが、ヘイトを稼ぎやすいラインでも戦えないことはないでしょう。


HPを半分ほど削るとバトルが中断されイベントが挟まる。
バトルが再開されたとき、敵のHPは満タンに戻っていました;;
行動などは変わっている様子はありませんし、もともと思考読み以外に厄介そうなものは全然ありませんが、少し面倒ですね…笑

再開後、HP0にしたらバトル終了です。



松山勝弘(まつやままさひろ)