固有の名前が付いている人に話しかけると、キズナグラムというものに登録されます。
一人でもキズナグラムに登録されると、Xボタンのメインメニューに「キズナグラム」の項目が追加。
ここでは、例えば街の人であれば、その人の出没する時間や物々交換でもらえるアイテムの確認などができて便利です。


キズナグラムでは他にも、街の人同士やパーティーメンバーとの関係を見ることができます。

DSC_0001

固有の名前が付いている人と会話したとき、キズナグラムに登録済みの人の話題が出たら、彼ら双方がキズナで結ばれる(キズナグラムで関係が見られるようになる)。
なのでキズナグラムの登録数が増えてきたら、随分前に話しかけた人から順に再度話しかけてみるのが良さそうです。

キズナグラムで見られる各人の関係性は、クエストの進行などで変化することがあるそう。
険悪な関係の2人を良好な関係に変えたりなど、その過程で報酬がもらえることもあるみたいですし、そうでなくとも関係性の変化を楽しむ目的だけでも面白そうですね。


続いてパーティーメンバーとの関係について。
しばらくシナリオを進めていき、パーティーリーダーを変更できるようになった頃。
バトルの状況に応じて仲間を励ましたり助ける、キズナコミュができるようになりました。
キズナコミュをすると仲間同士のキズナを上げることができるようです。

そしてそのキズナが一定以上になると、仲間同士の特別な会話、キズナトークが見られるようになる。

DSC_0002

キズナトークが発生する場所は街中や外など様々ですが、エリアマップなどに専用アイコン(握手しているようなアイコン)が表示されているので、探すのは容易ですね。

また、一度そのアイコンを調べたら、メインメニュー「コレクション」にある「キズナトークリスト」から、その発生条件などを確認することができます。

キズナトーク中にある選択肢は、キズナが上がったり下がることもあるっぽいので、見る前には事前にセーブしておいた方が良いでしょう。
一度見たらゲーム内では二度と見ることができませんが、タイトル画面のイベントシアターからなら何度でも見直すことができる。
その際はファッション装備の変更や、まだ選んでいない選択肢を試すこともできるので、ゲーム内では正解を選ぶことに注力するのが良さそうです。


キズナを上げる他の手段として、まずは戦闘中のキズナ入力に関してです。

DSC_0003

「戦う」を選んでバトルを開始させたときに「抜刀キズナ」入力ができ、タイミング良くBボタンを押せばテンションアップ。
戦闘中もクリティカルヒットやミス時に「突発キズナ」入力が発生することがあり、同じくタイミング良くBボタンで褒めたり励ます。

抜刀キズナの方はテンションアップとしかチュートリアルには書かれていないのでわかりませんが、突発キズナの方はその仲間とのキズナが上げられるようです。
キズナの他にもパーティーゲージが上がるみたいですが、ここでは関係がないので触れません。


キズナを上げるもう一つの手段。
パーティーメンバーはプレゼントを贈り合うことができます。

DSC_0004

誰が贈るか、誰がもらうかを選択した後、プレゼントのアイテムを手持ちの中から選択。
一度そのキャラがもらったことのあるプレゼントは、以降そのキャラの好き嫌いが表示されるようになる。
なので積極的にいろんなアイテムを渡してみるのも良さそうですね。
ただ一応、キズナグラムには各人の好きな物や苦手なものが書かれているので、ある程度は渡す前に判別できますが笑


後は、クエスト進行中(固有名キャラから受けられるクエストのみ?)にも、仲間同士のキズナが上がることがあるようです。
依頼主に初めて話しかけたときや達成時など、上がるタイミングはいくつか。


仲間同士のキズナを上げるメリットですが、キズナトークが楽しめるという以外にも、チェインアタックにおけるチェインリンクが発動しやすくなるなどが挙げられます。
チェインアタックやチェインリンクに関してはシナリオを進めるとチュートリアルがありますし、ここでは触れません。

ひとまず、キズナは上げておいて損はないので、できるだけ意識して上げておきましょう。



松山勝弘(まつやままさひろ)