基本の戦闘チュートリアルが終わったら、フィールド移動に入りました。

フィールドでは、画面右上にミニマップが表示されている。
そして左スティック押し込みでミニマップを全画面モードに切り替えることができます。

DSC_0004

ミニマップにはストーリーの目的地までナビルートが示されているので、迷うことなく移動できますね。

ZRボタンを押せば、ストーリーメモとして画面右下に現在の目的を表示させられました。


ちなみにYボタンを押せばエリアマップを表示できます。
エリアマップは歩いていない部分の地形は映らないので、マップ踏破などを考えている方には便利そうです。

また、おそらく全体マップになっているため、ミニマップより広い地形が確認できること。
そして「!」アイコンなどがそこら中に付いていたので、目的地に向かうときはミニマップ、その他の用途ではエリアマップなど、使い分けができそうな感じがします。

まあ後で詳しい説明があると思うのでエリアマップに関しては今はそんなものがあるんだなくらいに考えておきましょう。


次はZLボタンでカメラ視点の寄り引きなどを調整したり、右スティックでカメラ操作をできることに関して。
ぼくは映像酔いしやすいため、カメラは基本引いて、オプションでカメラの回転速度を少し下げておきました。

その他では、方向キー上でオートランができるということは今のうちから知っていると便利ですね。
左スティックを進行方向の後ろ方向に倒すとオートランは中断してしまいますが、前方斜めや横方向に倒した場合はオートランは中断されない。
これを利用すればオートランのまま進行方向の調整が可能です。
(横方向は真横までがセーフで、少しでも後ろ方向にスティックがずれているとオートランは止まるため注意。)

画面右には時間が表示されており、何もせず放置していても自動的に進んでいく。
おそらく時間帯によって出現する敵が変化したり、街の人々の居場所なども変わるのではないかと考えられます。
(Xボタンでメインメニューを開けばゲーム内時間はいくらでもいじれるので、普段は気にしなくても大丈夫だと思います。)


少し進むと、敵シンボルがその辺に徘徊しているのが見られますね。
向こうから襲ってくる敵でなければ、LRボタンでターゲット、そしてバトルパレットで攻撃を仕掛けなければ戦闘画面には入りません。
こっちから攻撃を仕掛ける場合は、通常攻撃でなくアーツで奇襲をかけることも可能。
いずれにせよ先制攻撃ができるのでHP的に有利な状況から戦闘を始められますね。

ちなみに敵の頭上にあるアイコンの色ですが、こちらとのレベル差が条件か、実力差によって色が変わるようです。
レベル4のときにレベル1の敵を見たときは青色になっており、レベル2以上の敵はオレンジ色をしていました。

戦闘後、味方のHPは時間経過で自然回復します。
移動していても自然回復は進むし満タンまでも早いので、すぐ近くに敵がいて連戦になりそうな状況でもなければ、戦闘後はすぐに普通に移動を再開して良さそうです。


後はBボタンでジャンプなど、一通りの操作方法の確認を終えたら、実際に目的地へと移動して行きましょう。



松山勝弘(まつやままさひろ)