幻想ドル―アの探索を進め、中ボス戦を1つ挟んだ後、高度122mエリアに入りました。
この辺りでリクエストが2つほど追加されているので、一度帰還して確認しておきましょう。

1つは原宿で、「集中力ミスディレクション」を受けたら、もう一度依頼主に話しかけて落し物は渋谷のどこかであることを知る。
2つ目はコズミックエッグで受けられるリクエスト「庵、懲りずに一目惚れ」。
こっちも受注後に渋谷へ行くこと行くことになるので、先に受注だけしておきます。

DSC_0002

渋谷駅前広場の喫煙場所付近で2つ目のリクエスト依頼主から依頼詳細を聞いて、1つ目のリクエストはカフェ前の柱の裏に隠れているアイテムを拾って届けたらクリアです。

ダンジョンに戻りワープポータルで高度54mへ飛んだら、やや南西の位置にミラージュがいるので話しかけて、渋谷駅前広場にいる依頼主に報告。
これで追加リクエストは2つとも終わったので、ダンジョン探索の続きに入ります。


高度122mエリアから新しいギミックが追加されていました。
青色の床は、乗ると次々に床が現れ、その上を移動できる。

DSC_0001

ですが振り向くと、出現した床がすべて消えてしまっています!
どうやら一つ進むと一つ前の床が消えるようです(最初の床以外)。
つまり、緑色の移動台と大きく違う点は、一方通行となっていることですね。
そしてこのギミックがあることにより、ここから先はかなり迷路的で複雑な構造に感じました。
ただ実際には分岐はそれほど多くなく、ほとんどは簡単なものばかりだったので、想像していたより大変ではありませんでしたが笑

まずは青色床を通って真っ直ぐ進み、次の青色床を通っている途中で分岐が出る。
ここで真っ直ぐ進むと宝箱回収、そこにある青色床で戻って来て、今度は分岐で右に曲がります。

次の浮遊地では南に青色床がありますが、これはエリアスタート地点に戻るだけなので無視でok。
緑色台に乗って上のエリア、高度134mに上がるのが正解です。


緑色台に乗って西へ、ここは分岐が3つありますが、まずは寄り道で、すぐ近く(北側)にある青色床を通りましょう。
元の浮遊地に戻って来たら、南東の緑色台で東へ。
宝箱2つを回収し、青色床の方を通って、最初の浮遊地まで戻ります。

また緑色台で西へ一つ移動したら、分岐3つのうち残り2つを確認。
1つは上のエリア高度146mに繋がっているハシゴですが、上っても<今は>行き止まりなので行く意味はなし。
ということで、西側の青色床を通ります。


次の浮遊地では、青色床の方は元の場所へ戻ってくるだけなので、緑色台に乗って下のエリアへ移動する。
ここに浮遊水晶が落ちていたので逃さず拾っておきましょう。

2つある青色床のうち、東側のを通ると宝箱を回収しに行けますが、これは後で正解ルートを選んだときにも回収できます。
正確には、正解ルートを通るときにこちら側の青色床を後で使うことになるのですが、ともかくここは2つのうち西側の青色床を進んで行きましょう。

青色床上での最初の分岐を右に曲がると、同じく上記の宝箱回収ルート(ハズレ)に進んでしまうため、ここは真っ直ぐ。
青色床上での2つ目の分岐は、真っ直ぐ進むと元の浮遊地に戻ってしまうだけなので、今度は右に曲がります。

スタート地点付近の浮遊地に着いたら、最初にここを通ったときにはなかった緑色台があるので、これに乗って移動する。
と、つい先ほどの、青色床が2つある浮遊地に戻ってきますが、これで正解です。
緑色台に乗ったことで別の緑色台がすべて動いていること、この事柄が重要でした。
そして前述しましたが、今度は2つある青色床のうち東側を進みます。

着いた浮遊地で緑色台に乗り上のエリアへ、そこにある宝箱を忘れずに回収したら、青色床を通って移動する。
そこで、先ほどは「上っても行き止まり」だと書いたハシゴがありますが、今これを上ると、上のエリアに緑色台が追加されていました。
緑色台に乗って移動したら、ようやくワープポータルに到着です。


宝の鍵が余っているなら宝箱回収、道中で拾った浮遊水晶を窪みにはめ込んだら、ボス戦に向かいましょう。

DSC_0003

今回のボスは「インバース」で、取り巻きに「白のドラゴンマスター」が2体いました。
白のドラゴンマスターの方はHP1700前後くらいだったのでスペシャルパフォーマンスを使えば瞬殺できます。

後はインバースですが、こちらも1つ前のボス同様、数千程度のHPしかありません。
「風の妬み」で防御と命中・回避をダウンさせられた状態で攻撃を喰らっても500くらいのダメージしかありませんでしたし、まず楽勝でしょう。
弓や衝撃で弱点を突いてセッションを繋ぎ、サクッと撃破です。

戦闘終了後、今回もその辺にいる仲間たちに話しかけたら小イベントが見られました。



松山勝弘(まつやままさひろ)