幻想106の4階でボス戦を終えた後、特別な歌を覚えるために一度ブルームパレスに行こうという話になりました。
イベントでの自動帰還はなかったため自力で戻ります。

ブルームパレスに入ると、先に特訓専用のイドラスフィア解禁イベントが発生です。
ボス戦後にも少し説明がありましたが、きちんとしたチュートリアルはこのタイミングでした。


ブルームパレスに出現したゲートから入れるのが特訓専用のイドラスフィア。
このダンジョンでの特訓「ミラージュハンター」では、育成に役立つアイテムが手に入ります。

DSC_0009

特訓の種類自体が3つあり、それぞれ入手できるアイテムが違う。
まず、「修練の回廊」では経験値獲得の消費アイテム「魔導書」が手に入る。
「錬剣の回廊」では武器のスキル熟練度を上げられるアイテム「技芸書」。
「補囚の回廊」では能力値アップアイテムとの交換に必要な貴重品「シャード」を入手できるとのこと。

いろいろと便利そうですが、特訓を行うのに注意すべき点もいくつかありました。
1つ目は特訓の最中にセーブができないことで、バトルに負けるとゲームオーバーなので、もしかすると長時間プレイが無駄になってしまうかもです。
それと特訓は何度でも行えるため、やりすぎるとゲームバランスが崩れてバトルの面白さを損なうかもしれないとのこと。


後は、実際に特訓をやってみたときに出てきたチュートリアルや気付いたことをいくつか列挙しておきます。

3種の特訓はどれに参加してもマップ構造が同じ、ただしTOPICでのマップ確認では別々に扱われている。

ダンジョンの四隅にはそれぞれの特訓に対応したアイテムが落ちており、どのダンジョンでも確率で換金アイテムが出ることも。
この四隅のアイテムはダンジョンに入ってからの時間経過で消失するため、敵との戦闘より優先して拾いに行く方が良い。
画面左下に「北東のアイテム消失」といったお報せが出るので無駄な時間を食わないようお報せには注意しておくこと。

最初の敵シンボルは弱い敵ばかりだが、剣攻撃やバトルを行うほど敵の種類が強くなっていく(敵が強くなった場合も画面左下にお報せが)。

ワイルドエネミーばかり出る「補囚の回廊」以外は、剣攻撃しまくりで四隅のアイテム収拾にのみ勤しむのも良さそう。
「補囚の回廊」も四隅のアイテムを拾った方が「シャード」を多く拾える(6個とか9個とかがまとめて手に入る)ので、時間経過などとも相談しながら逃げるか戦うかを選択する。

DSC_0011

北側の扉から奥のフロアに行くと、今の実力では太刀打ちできない敵が出るかもしれないがどうするかという選択肢が出現。
ここで引き返さなければ超強敵(一撃で5000超えの被ダメージとか…)とのバトルが始まってしまうため、今は引き返すこと。もしくはそもそも奥のフロアへ行かないこと。

特訓ダンジョン内に回復スポットはなく、出入りする際に全快するといった仕様もない。
なので飲食は使わないなどの縛りプレイをしている人は特訓中のバトルでのHP・EP消費には十分に気を付ける。

と、こんなところでしょうか。
とりあえず効率的に利用したい場合は、アイテムを拾って回ったら出入り口に戻って来て脱出、すぐに再度入り直して…を繰り返すのが良さそうです。


さて、忘れてはならないのは、幻想106攻略のために特別な歌を習得しなくてはならないことですね。

チキからレディアント・ユニティを使えば良いと教えてもらえるのでさっそくチェック。

DSC_0012

そこで、ツバサのスキル「折れない翼」がこれに該当することがわかりました。
忘れずに必ず習得しておきましょう。

他には、ボス戦でクラゲが素材をドロップしている場合、イツキの新しいカルネージをユニティできると思います。
ブルームパレスに戻ってきたついでなのでこれもユニティ&セットを。
(クラゲはこの先普通にエンカウントできるので、ボス戦でリセマラする必要はありません。)


では、幻想106の探索に戻ります。
次は5階からですね。



松山勝弘(まつやままさひろ)