第2話のアドベンチャーパートで「花組、夜のひととき」に入ったら、まずは自室から廊下に出ます。
同時に発生するイベントを見た後、スマァトロンに届いた電文を読むと、「世界こいこい大戦」で花札のこいこいを遊べるようになりました笑

新サクラ大戦_20191213223033

今はさくらとしか戦えません。
□ボタンで難易度変更すれば真剣対戦も可能。

ルールがわからない人は、「勝負する」を選んで対戦相手選択画面に入る前に、△ボタンを押して遊び方説明を見ておきましょう。

ここでも簡単にだけ。
交代交代で手札を1枚ずつ出していき、出した札と同じ植物の描かれた札が場にあれば、出した手札とその場札とを自分のものとして取れる。
この要領で札を集めていって、役が揃ったら、あがることでポイントがもらえる。
ただ、役が揃っても「こいこい!」と宣言することで、今の戦いを続けることも可能です。
続ければさらにポイントを増やすことができるかもしれませんが、相手の方にも役が揃って先にあがられてしまうと、それまで稼いだポイントはもらえません。
あがったとき(このゲームでは役が揃った後に「や~めた!」を選択)しかポイントが入らないため、欲を出してこいこいし続けるか途中であがるか、この駆け引きが楽しい遊びですね。

本来なら数戦(3戦とか5戦とか)が終わった時点でのお互いの所持ポイントで勝敗を決めるのですが、このゲームでは少し違いました。
お互いにHPみたいなものが存在し、その戦いで得たポイント分だけ相手のHPを削れるという形です。
そして相手のHPが0になったら勝利。
さくらの場合は、こちらは10、相手は8でした(真剣勝負時はこちらが10、さくらは16)。

役をしっかりと覚えていないうちは、手札の光っている札を適当に出してとにかく場の札をたくさん回収していきましょう。
そして役が揃ったらすぐにあがってしまうことです。
役を覚えてきたら、手札や場の札、お互いが既に取っている札などを見ながらこいこいすることも考えます。

勝利するとこの対戦で獲得したポイントがそのまま手に入り、これを消費することで他の対戦相手の解放やBGM購入もできるとのこと。
対戦相手の方は「????に勝利」「ストーリーを進める」といった別の条件を満たした後、さらにアンロックにポイントが必要なときに、対戦相手選択画面にてそのキャラを選べば解放可能です。
BGMは、誰かとの対戦中に□ボタンでBGM変更画面を開けば、同じく別の何らかの条件を満たしているBGM一覧が表示され、ポイントを払ってアンロックするという形。


世界こいこい大戦の画面を閉じたら、次のシナリオアイコンは1階劇場に付いていました。
再び自由行動で、資料室の本の内容も一式変わります。

いこいの場、円卓の上に → 2階サロンのテーブル上(No.S09)
夜を照らす灯りのもとに → 中庭、扉付近の灯りの傍(No.S36)
並べられた紙箱のわきに → 1階西側より大道具置き場に入り、西側の壁に沿って斜面を上って行く途中のダンボール横(No.S50)
「清らかなる者へ」~サクラ散るあと、大浴場に魔が潜む

ブロマイドは良いとして、「清らかなる者へ」は、舞台でさくらたちとのシナリオイベントを見た後に大浴場へ行くととあるイベント(後述)が見られることについてです。


続いてサブイベントなどを。
2階クラリスはクエストのようなイベントで、「帝劇・スタァの歴史」「銀座の歩み50年史」「振付の極意」を本棚から探します。
調べられる本棚を調べて、選択肢ではこれらの本のいずれかを選択していけばokです。
3つとも探し終わったらクラリスに報告して信頼度アップ(間違った数に応じてまたは1つでも間違えたら逆に下がりそうですね)。

1階ロビーでいつき、選択肢「ぜひ、お願いするよ!」で良い反応。
売店こまち、選択肢「よっ、帝都一の商売人!」で良い反応と、ブロマイド購入可能(新商品あり)。
中庭に入ると初穂とあざみとのイベントで、選択肢は「あざみくん」にしましたが効果音ありだったので良かったようです。
他のキャラは選択肢や特別なイベントなしでした。

シナリオイベントを見るために舞台へ行き、選択肢では時間切れにしてみるとアナスタシアの信頼度がアップ。
この後のシナリオイベントは自室に戻ることですが、さくらの部屋にハートのアイコンが付いています。

新サクラ大戦_20191214011510

おそらくですが、信頼度で発生する特別なイベントといったところでしょう。


さて、清らかなる者はここで大浴場に行かないとですね笑
とりあえず「見回りに来ただけだよ」は信頼度の変化がなさそうで、大浴場の扉を調べて次の選択肢。
ぼくは1周目は清らかなままで行こうと思っているので「早く立ち去ろう」にして、事態が何も起きないまま事を終えました笑

1階に戻って来て、音楽室でアナスタシアとのサブイベントの選択肢は、「さすが、世界の大女優だ!」で良い効果音を出せています。
中庭のあざみでは「夜、ひとりで怖くないのか」で良い効果音です。


では、ハートアイコンの付いているさくらの部屋へ。
中に入るとコミュニケーションモードというものが発生しました。
左スティックでカーソルを動かして、特定の場所で○ボタンを押せば、会話を進められるようです。

適当にカーソルを合わせて会話を進めていき、途中で選択肢。
「真宮寺さんって、強いの?」を選んでみましたが、まあ良い反応が返ってきたのではないかと。

再びいろいろと調べて、髪のリボンを調べたときの選択肢では「とても似合ってるよ」で信頼度アップを確認。

さくらとの距離が近付いた後は、目尻辺りにカーソルを合わせて「もう大丈夫みたいだ……」と表示されたらいつでも終われそうです。
その前に、手を2回調べたときの選択肢では「恋人同士さ……」を選んでみたところ、良い雰囲気になりました。

コミュニケーションモードのラストはアナログLIPS、高い位置では上々の感触。

部屋の外に出た後にさくらの部屋の扉の下に、No.001のブロマイドが落ちています。


他にできることはもうないので、自室に戻る(その前にさくらからの電文も)。
ここでアイキャッチが挟まり、一段落つきました。



松山勝弘(まつやままさひろ)