エンディングを迎えた後、ゲームを再開すると自宅からのスタートでした。
外に出ようとすると博士がやってきて「マスターボール」がもらえる。
ここからはまずクリア後ストーリーを進めていきます。

DSC_0002

ゲーム再開時にまどろみの森の最奥の映像が映っていたので、そちらへ出向いてみるとホップがいるのを発見。
近付くとイベントで、ホップに勝負を挑まれます。
選択肢と関係なく一旦準備する間があるのでご安心ください。

所持ポケモンは1匹増えて6匹になっていましたが、チャンピオンより弱いのでまず負けないかと。
バイウールーLv.59、カビゴンLv.58、バチンウニLv.58、アーマーガアLv.59、ウッウLv.58、御三家Lv.60。
増えたのがウッウなので特に問題はありませんね。


勝利したら、次は石碑を調べて借りていた剣と盾を返します。
が、ここでもう一戦ありました。
手持ちポケモンの体力には十分にご注意ください。

ソード版の敵はソッド。
手持ちは4匹で、ネギガナイトLv.60、グソクムシャLv.60、キリキザンLv.60、ニダンギルLv.60を使ってきました。
シールド版の敵はシルディで、ネギガナイトLv.60、ドータクンLv.60、タイレーツLv.60、ギギギアルLv.60です。
どちらも今さらな相手ですが、やはり手持ちポケモンの残り体力次第ですね。

勝ったら自動的にハロンタウンに戻っているので、自宅の母親に話しかけるなりして一度回復しておきましょう。


次はブラッシータウンのポケモン研究所へ(2番道路の博士の家ではありません)。
イベントでシーソーコンビ(笑)がターフスタジアムにいることがわかるので、さっそく向かいます。

スタジアムの中に入ってイベントを見たら、マックスレイドバトルを始める。
相手は草タイプのアマージョだったので、炎や飛行、氷などで戦いましょう。
後はいきなりダイマックスしてがんがん攻めるだけですね。

捕獲は不可で、倒したらイベント。
今度はバウスタジアムとエンジンスタジアムでマックスレイドバトルを行います。
バウスタジアムでは水タイプ、エンジンスタジアムでは炎タイプとの戦いが予想されますね。
この予想を基に準備していましたが、実際にバウスタジアムではギャラドス、エンジンスタジアムはコータスで助かりました。


2か所とも回ったらソニアからの呼び出しで再びポケモン研究所へ。
当然バトルがあるのですが、今回はホップと組んでのダブルバトルでした。

ドータクンの「さいみんじゅつ」やギギギアルの「ギアチェンジ」からの攻撃がうっとうしいので、先にシルディを倒してしまいましょう。
ドータクンの特性は「ふゆう」の方だったので地面タイプではなく炎タイプや悪タイプ技で攻撃です。

後は、ホップの手持ちが3匹だけなので、「ほうでん」など味方にもダメージを与える技は極力使わないように。
総合戦力で言えば9対6で圧倒していますしまあ負けないと思いますが。


研究所の外に出たら、再びダイマックスポケモンへの対処。
スパイクタウンを除く残り4つのスタジアムですね。
それぞれジムに対応するタイプのポケモンが出てくるので事前準備は容易です。

ただし、今回はどれも1人で戦う必要がある点にはご注意ください。
それと、アラベスクタウンだけジムリーダーとのバトルでしたが、先頭のポケモンはフェアリー対策をしているので問題ありませんね。
相手の手持ちも4匹だけですしダイマックスもなし。


すべて片付けたら、ナックルスタジアムにいるソニアから呼び出しです。
話しかけてロックが解除されたらエネルギープラントへ。

屋上へのリフト手前でのイベントを見た後、ソード版ならソッド、シールド版ならシルディとのバトルがあります。
所持ポケモンは最初に戦ったときと同じで、レベルだけ64に上がっていました。

勝利後、念のためポケモンセンターに戻り回復しておいて、屋上に行く。
と同時にイベントで、伝説のポケモンとのバトルが始まります。
ソード版ならザマゼンタ、シールド版ならザシアンです。

どちらもムゲンダイナ戦で図鑑登録されているので、先にタイプを確認しておきましょう。
ただ、剣・盾を持っていないせいか、そのうち鋼タイプは剥がれているようですが。
つまりザマゼンタは格闘、ザシアンはフェアリータイプのみということですね。

ザマゼンタは特性や技「てっぺき」などで防御力を上げてくるので、「おにび」でのやけど状態を狙ったり、特殊攻撃で戦いたい。
ザシアンは特性と技「つるぎのまい」で攻撃が上がり、「せいなるつるぎ」などで厳しい攻撃をしてくる。
弱点を突いて一気に倒しにかかるか、一旦「でんじは」などで動きを鈍らせるのも良さそうです。


これらを倒した後は、伝説のもう片方といつでも戦える状態になります。

DSC_0003

伝説のポケモンに話しかけたらバトル開始でき、倒してしまってもこの場で再度戦える。
捕獲するまで延々と続くようですね。

捕獲成功率はやや低め。
HPを瀕死ギリギリの赤色まで削って、「でんじは」でマヒ状態にしている場合、モンスターボール10個前後くらいで捕獲できています(計3戦のみの検証なのでご参考程度に)。

厳選するつもりならマスターボールを使ってしまった方が手っ取り早いです。
もちろん、マスターボールはマックスレイドバトルで万が一色違いに遭遇したときに…などで取っておきたい方もいるでしょうから、使うかどうかはじっくり考えましょう。
相手がレベル70なので、マスターボールを使いたくないけれど手持ちポケモンが弱いということなら、きちんとレベル上げしてから挑むことも選択肢。


伝説のポケモン捕獲後も話はもう少し続きます。
ホップからの連絡があるのでまどろみの森の最奥へ。

DSC_0004

まどろみの森に入ってすぐのところにソニアがいて、話しかけると最奥まで瞬時に移動できるので便利です。

最奥でのイベントでは、ホップが伝説のポケモンの片割れをゲット。
そして勝負を挑まれました。
伝説のポケモンを使う以外、所持ポケモンはこれまでと同じです。

バイウールーLv.69、アーマーガアLv.69、カビゴンLv.68、バチンウニLv.68、御三家Lv.70、伝説Lv.70。
前回のバトルからウッウが外れて、代わりに伝説のポケモンが入った形ですね。

それはそうと全体的にレベルがググンと上がっているのでそれだけで強敵でした;;
加えて種族値の高い伝説のポケモンが大トリにいますし;;
最後はマヒややけどの状態異常にしつつ、「げんきのかたまり」も残っているならふんだんに使いたいところです。


勝ったらクリア後のストーリーは完全終了。
各地には追加要素などもあるので、もう一度ガラル地方を一周しながら見て回りましょう。



松山勝弘(まつやままさひろ)