石切り場跡の探索を進め、最奥までたどり着いたら、最後にボス戦が待っていました。

イースIX -Monstrum NOX-_20191014145511

今回のボス「オストロフラム」は、しっぽにも頭が付いている双頭のモンスターです。
当然、しっぽ側からの攻撃もあるため注意が必要ですね。

・(正面)火炎弾3連発
・(正面)角で横向きに斬る
・(胴体)小さい火の弾をフィールド中にまき散らす、火の弾はしばらくフィールドに残りバウンドしながら動き回る
・(胴体)側面方向にタックル
・(胴体)飛び上がってのしかかり
・(胴体?)フィールド全体に溶岩を流す、一定時間後に溶岩が消失してもフィールドの一部に赤い部分が残り触れるとダメージ
・(しっぽ)火炎ブレス
・(しっぽ)バウンドしないタイプの小さい火の弾を大量に放出
・(しっぽ?)しっぽが前面のときに突進攻撃

とりあえず確認できた攻撃パターンは以上。
どれも離れて戦えば避けやすいので、遠距離攻撃で攻めるのが最も楽でしょう。

注意点としては、敵は2つの頭および胴体の3か所にそれぞれHPゲージがあることです。
それぞれHPゲージを0にすると対応する攻撃を使ってこなくなります。

ただし、2つの頭にはダメージが入りやすいのに対し、胴体への攻撃は微量のダメージのみ。
と言うか、2つの頭のHPゲージをどちらも0にすれば勝利だったので、胴体への攻撃は無意味でした。
胴体が持つ攻撃パターンは絶対に最後まで残るということですね。


敵は時々、身体全体を180度回転させてきます。
つまり正面の頭かしっぽの頭のどっちがこちら側を向いているのかが変わるということ。

基本的には、今こちら側を向いている頭部を狙うのが得策です。
わざわざ背後に回り込もうとするだけ時間を余計に取られるので。

正面の頭部はやや高い位置にあるため、近接攻撃ならジャンプが必要。
遠距離攻撃ならロックオンするだけでokですね。

しっぽ側は低い位置にあるので、一気に削りたいなら近接攻撃を使うのもありかと思います。

イースIX -Monstrum NOX-_20191014151317

後は、フィールド全体に溶岩を流してくる攻撃ですが、ちょっとした足場が溶岩上には残るのでその上に乗れば溶岩でのダメージを喰らいません。
しばらくして溶岩が消失するまで、この足場を移動して敵の攻撃から逃げ回りましょう。


とまあ、少し変わった敵でしたが、強さとしてはそれほどではありませんでした。
遠距離攻撃で安全に戦えますし、特殊性に面食らわなければ問題なく倒せる相手です。



松山勝弘(まつやままさひろ)