異界の最奥にてラスボス戦が始まる。
ものすごく苦労して蝕みの女王をようやく倒したと思ったら、まさかの形態変化・連戦のパターンで;;
今回はその形態変化後についてです(形態変化前、連戦1戦目の記事はこちら)。

DSC_0004

敵の名称は変わらず「蝕みの女王」のまま。
耐性や弱点などもなしで、HPだけ1.5倍の22500になっていました(難易度HARD)。

その他の違いとしては、タクティクスレベルや残りAP、および味方のステータス変化が前の戦闘から引き継がれていることです。
特にリラなんかは四属性の精霊を付けた状態で2戦目に入れるので重宝します。
(他のキャラの通常のステータス強化は一定時間で解けてしまうので、2戦目への引継ぎは狙ってやるほどではないという意味で。)

ただ、CCやコンバートの状況も引き継がれている点には注意が必要ですね。


・黒迅槍 101~108
・砕理針 全体か一列 38~110 追加効果で刺傷
・三蓮華 75~89
・極天・泡沫(スペシャルアタック) 全体か一列 111~209 追加効果で全ステータス50%ダウン
(ダメージ量は参考値。レベル46、店売り最新防具、店売り&クエスト報酬アクセサリー装備で、防御力は124~202。)

2戦目で確認できた敵の攻撃パターンは以上です。
1戦目同様、味方全体が前衛なので、敵の攻撃の対象範囲が全体なのか一列なのかはわかりません;;


とりあえず、緊急回復用に、CCは最低でも10以上残しておいた方が良いでしょう。
クイックアクションでの回復およびコンバートが使えます。

コンバートの優先順位は、状態異常回復系のアイテムからですね。
1戦目では重宝しましたが、2戦目では状態異常の攻撃はほとんどしてこないので。
全体回復や単体大回復アイテムなどはできるだけ最後まで残しておきたいところ。

ぼくが最後まで残したのは、ライザに装備していた「エネルジアニカ」「せせらぎの薫風」の2つです。
エネルジアニカで味方全体にHP継続回復や全能力小アップを付与し、せせらぎの薫風で確実に全体HP回復を行うという形。

回復が間に合っていたため戦闘不能になる可能性がほとんどないと思い、蘇生アイテムは中盤くらいでコンバートしました。
後はCC1で使える単体回復アイテムも、敵に全体攻撃をされたときのことを考え、せせらぎの薫風より先にコンバートしています。


スペシャルアタックを使われたときはタイミングが悪く止められそうになかったので、エネルジアニカでの味方全体強化を頼る。
もちろん、味方全体HP全快していなければせせらぎの薫風も使っていたでしょう。

本当なら、3連続でクイックアクション&エクストラオーダースキルを使えるよう、スペシャルアタックをいつ使われるかわからない中盤以降は、APは常に30付近で留めておくのが理想です。
これならよっぽどでない限りブレイクまで持ち込めます。
(エクストラオーダー達成用にスキルを使えばクイックアクション1回あたりAP13ほど消費しますが、他の味方が通常攻撃を仕掛けてくれればすぐに貯め直せる。)

またブレイク中も、ラッシュチャンスとばかりにAP消費のスキルを使用せず、ネガティブに通常攻撃でAPを貯め直すのが良いでしょう。


相手はとにかく火力だけなので、最後はアイテムとCCとの勝負です。
CC2以上のアイテムは無駄遣いはしないこと、コンバートの順番、および戦闘メンバー全体でのアイテム装備数など。
まあエネルジアニカだけはAPを貯める効果も持っていたので、ぼくの場合は他のアイテムより頻繁に使っていましたが…笑


倒したらイベントで、自動的にキロのキャンプに戻る。
その後キロに話しかけると小イベントが見られます。

と、ここでやることはひとまず終了。
大変な一戦を終えたので、早く帰ってセーブしておきたいところですね;;



松山勝弘(まつやままさひろ)