女王討伐のため2度目の異界に入り、3つ目のエリア「常闇谷の淵」に到着したところからです。
このエリアから、クラストビートルの色違いである「影の司令」(一段上)や「ホーンデーモン」(二段上)、ハリネズミ型の中で一番強い「シャドウイーター」が出るようになりました。

影の司令やホーンデーモンより、むしろシャドウイーターが複数体同時に出てきたときの方が厄介かもしれません。
スイングを当てて戦闘開始しなかっただけで、逃走を余儀なくされるほどの大ピンチに陥ったりしています。

影の司令など甲虫の大型がいるのは、最初の分岐より東側で、西側にはハリネズミ型が大量にいる。
どちらも戦闘なしで素通りするには難しいルートですね;;
もちろん不可能ではありませんし、採取をしなければ確率は上がりますが、初見素材もあるので…。

初見素材の方は、水晶をフラムハンマーで採取したときに珍しい素材とともに入手できました。
この水晶は西側で見つけています。


東西どちらかのルートで進み、合流した後のマップ中央。
そこに魔払いの花がありました。

DSC_0001

魔払いの花から目的地マークまでは敵シンボルはいない。
安全地帯におあつらえ向きにこんなものがあるということは、すぐにボス戦がある可能性も高そうだと考えられる。
この先の東西の行き止まりも探索しておきたいなら、魔払いの花は今すぐは使わないようにしましょう。

東西の行き止まりには、水晶がたくさんあります。
代わりに、東側はサソリ型最強の「渇きの悪魔」のシンボルが2つ、それに影の司令とホーンデーモンのシンボルが1つずつ。
そして西側には甲虫大型シンボルが計3つに、ハリネズミ型も計4ついます。

どちらも結構狭いので、戦闘なしで採取しきるには、エンカウント後に逃走を繰り返すほかありません。
その場合、戦闘メンバーには素早いキャラばかりを入れておきましょう。

ちなみに西側の行き止まりには宝箱も1つありました。
もし宝箱の中身も今回収するなら、ボス戦で負けてしまいカゴの中身をロストする可能性も考慮し、一度アトリエに帰還しておきましょう。


さて、探索も確実に終えて魔払いの花で回復も済ませたら、目的地マークの付いている奥へと進む。
どうやら今いるエリアが最奥だったようで、エリア移動ではなく、その場でのボス戦が始まりました。
まあエリア移動だったとしても移動と同時にイベント&ボス戦だったでしょうから事前の心構えは変わりませんが笑

全力を注いで勝利を掴み取りましょう。



松山勝弘(まつやままさひろ)