ようやく塔の前にたどり着いたところで、採取地は「ピオニール聖塔」に変わりました。
初めて見る素材もあるのでいろんな採取を確かめてみましょう。

DSC_0001

最初のエリア「古き聖地の庭」の強敵は、階段を下りて、マップ中央地帯の南西側にいます。

妖精型の黄色い魔物で、名前は「幻を司る者」です。
リラのパーティクエストで討伐対象となっている敵ですね。
パーティクエストを達成したいなら、レントとリラは戦闘メンバーに加えなくてはなりません。

最近のエリアの強敵たちを倒せるなら、この相手も問題はないでしょう。
スロウにされたのが少し厄介だったくらいです。

「ドンケルハイト」「太陽の花」などの珍しい素材をドロップするので、倒せるなら必ず戦っておきたいところ。


採取や戦闘などのやることを終えたら、階段を上り直して、塔の門を調べてエリア移動。
2つ目のエリア「螺旋回廊」に入ります。
構造としては、螺旋階段を上がって行くだけですね。

少し上ったところでイベント。
見終えたらさらに階段を上って行く。

両サイドの部屋などに採取ポイントや魔物がいる場所を仮に階層と呼ぶと、4階のところで本棚のある部屋に入ってイベントです。
そしてエリア移動ポイントの直前、5階でも本棚部屋に入るとイベントがありました。
この部屋がランドマークになっていたのと、宝箱も忘れずに回収。


そして強敵「ノーブルパラディン」もいますね。
リラのパーティクエスト討伐対象のうちの1体です。
戦うならレントとリラを戦闘メンバーに入れておきましょう。

ただ、物理と火属性に耐性を持っているのでレントやリラだと多少削るのに時間がかかります。
残り1人は魔法や強アイテムで攻撃できるキャラが良さそうですね。

まあ総合的な強さとしては、先ほどの幻を司る者と同程度なので、あれを倒せているならここも勝てるかと。


3つ目のエリア「異端の研究室」に入ると同時にイベント。
どうやらここが最後のエリアのようです。
イベント後はアトリエに任意で帰還します。

カゴに余裕もあったことですし、帰る前に、最後のエリアの探索を済ませておきました。
初見の雑魚敵、タル破壊で初見素材、ランドマークが東西南北に1つずつある、強敵「砂塵の暴君」、強敵の後ろの宝箱から採取地調合器関連のアイテムが手に入る、魔払いの花あり。
と、これくらいですね。

砂塵の暴君の見た目は黒色のサメ型で、とてつもない火力を持っていました。
ぼくは一撃で2人倒されたりして今は勝てる気がしなかったので、図鑑を埋めるための戦闘は後回しにしています。
(一撃で戦闘不能にならない程度には耐久力を整えた後は、案外楽に勝てましたが。)


これでピオニール聖塔の探索は終了。
やることも終えたので、アトリエに帰ってシナリオの進行を。



松山勝弘(まつやままさひろ)