満月のグリムワルドを終えると、西門の障壁が消滅する。
次はそこから先の「エスタット街道」に入ります。

少し進むとイベント、ここでアネモナが加入しました。
戦闘参加メンバーは3人までなので、誰か1人を外さなくてはなりません。

デフォルトでは自動的にクレドが外れてアネモナが入っています。
クレドを参加させたい方は編成し直しましょう。

イースIX -Monstrum NOX-_20191005031729

先ほどのグリムワルドの夜が終わったときに説明された、属性の組み合わせに関しても気にしておきたいところです。

アネモナはアドルと同じ斬撃属性なので、アドルとアネモナの2人が戦闘メンバーになっている場合、属性パーティボーナスは敵への与ダメージ小アップとなります。
これまで通り、またはアドルを外してアネモナを入れるという形だと、属性パーティボーナスはレアアイテムドロップ率小アップに。

どちらの効果が欲しいかも気にして戦闘メンバーを考慮しないとですね。
(ちなみにですが、アドルかアネモナのアクセサリー装備に「射撃のタリスマン」を装備しておけばレアドロップ率小アップの効果も出せます。)


それと、新たな仲間ということは異能が増えるということも忘れてはなりません。
アネモナの「ザ・サードアイ」はタッチパッドボタン右側で発動。
普段は見えないものが見えるという効果でした。

通常では見えない何らかの痕跡や、遮蔽物越しの敵や採取ポイント、宝箱なども。
特に宝箱は、今いるエスタット街道では隠れた位置によくあるのでありがたかったです。
他にもTips曰く、蒼い花びらが探しやすくなったり、グリムワルドの夜で思わぬ役に立つこともとのことで。


さて、探索再開の前に、街に戻るとちょっとしたイベントがありました。
また、アネモナもパーティに残ったままなので、最大HPアップ目的で公衆浴場を利用するのはこのタイミングが良さそうです。
もしアネモナ加入前にも入っていたのなら300G余計に払ってしまうという事態に;;

それと、骨董屋が利用できるようになっていたので、忘れないうちにショップ開拓もしておきましょう。
テイトに渡せるプレゼントアイテムも骨董屋で購入できます。

【追記始】

ザ・サードアイで使うことで入れるようになる、街中の隠しエリアがわかりました。
中央区の「武器屋アンデルフ」より西、「刑務作業品ロザリー」より南側の路地で、落書きの真横にザ・サードアイ使用中しか見られない仕掛けがあります。
ザ・サードアイを解除せずにそれを調べて、隠しエリア「機密の薬品庫」への道が開く。
その中には宝箱が4つあるのと、地図の総合探索率にも影響します。

もう一つ、貧民街にも。
場所は「酒場《極楽亭》」の真上の高所付近にある落書きの隣です。
どちらの落書きの内容も、ここでザ・サードアイを使えというヒントになっていたみたいですね。
ここの隠しエリア「隠蔽の備蓄庫」にも宝箱が4つありました。

いずれもやり込みコンプに影響するため、忘れないうちに訪れておきましょう。

【追記終】


エスタット街道に戻って探索再開。
ある程度北へ進んで行くと、ヘヴンズランで上れる壁がいくつもありました。
宝箱の全回収にはヘヴンズランが必須なので、上れるところはこまめに探しておきましょう。

イースIX -Monstrum NOX-_20191005035922

目的地マークとは正反対のマップ南西の端っこへ行くと、洞窟およびその前に人が3人ほど見えますが、橋を渡ろうとしたところで仲間たちに止められ進めません。


目的地マークの方へ進むには、普通に北の方から迂回して来れば良いだけでした。
ザ・サードアイで痕跡をたどって行けば迷うこともありません。

途中にあるロケーションは早めに解放しておくと、宝箱探しする際の中継地点にできて便利です。
(毒状態にしてくる敵もいるので、最初の刻印盤で回復した後に探索に戻る場合にも。)

道を塞いでいた倒木の裏側に着いたら、閉じられた門で左に曲がり、刻印盤を解放する。
目的地マークでイベントを見た後、残りの宝箱3つも先に回収してから、次の目的地マークの付いている建物内へ。

この時点でぼくはマップ完成率が99.3%でしたが、おそらく余った0.7%は、マップ南西の洞窟のあったところら辺かと思います。
まあ、いずれそこに行けたときにもし100%にならなければ、隙間を探し回るハメになるだけですが笑


建物内は道なりに進むだけですね。
最奥でイベントを見た後、そのまま踏み込むかどうかの選択肢が出ます。
ここで踏み込まない方を選ばないと、現時点で建物内のマップ完成率は100%にできないためご注意ください。

マップも完成して他にやることがなければ、扉を調べて中に踏み込む。
ここからはさらにダンジョンの探索が始まるようです;;



松山勝弘(まつやままさひろ)