第IV部に入ってNOXを100貯めたら、繫華街の北西側に瘴気の渦が出現。
前の部での任意のものを含めると5回目のグリムワルドの夜ですね。

イースIX -Monstrum NOX-_20191004144809

もう慣れたものだと軽く見ていると、今回はこれまでとは違った形でした。
これまでが「防衛戦」であったことに対して今回は「破壊戦」です。

イースIX -Monstrum NOX-_20191004145508

赤色の結晶、ラクリマとやらを、制限時間以内にすべて壊せばクリアとなります。

大ラクリマは、壊すのに時間がかかる分、通常のラクリマの10個分にあたる。
時ラクリマは、それ自身も1個分としてカウントされるうえ、壊すと制限時間が30秒伸びる。

時ラクリマだけは最後の1個に残すともったいないですね。
見かけ次第、優先的に破壊したいところ。


さて、実際に夜を初めてみると、ラクリマはフィールドの至る所に存在しました。
路地裏や、噴水の上などのちょっとした高所と、細かく探して回るのが大変です;;
クリムゾンラインを使える場所がそこそこあるので、ラクリマが固まっている場所への移動はこれを使いましょう。

それと、一定個数のラクリマを壊すとボスが出現します。

イースIX -Monstrum NOX-_20191004145932

ボスを撃破するとすべてのラクリマが破壊されるので、当然その場でクリアです。
ボスを無視してラクリマを壊して回ってもクリアできますが、探すのが大変なのでボス撃破を優先するのが得策。

となると、時ラクリマだけでなく、大ラクリマもさっさと破壊してボス出現を急いだ方が良いのかもしれません。

ただし、HPやSTRといったステータスだけなら本当にボスクラスの敵である点には注意が必要でしょう。
攻撃パターンはそれほど多くなく、ボスと言ってもラルヴァの一種なのでアクセサリー装備「破魔の指輪」(ラルヴァへのダメージ25%増)で与ダメージは増やせますが…。
どちらの手段でクリアするかは、戦闘難易度や余力、残り時間などと相談して、といったところですね。


無事に夜を終えたら、障壁がなくなったので、次は職人街の散策を始めます。



松山勝弘(まつやままさひろ)