アトリエで調合やアイテムリビルドをしていると突然、レントとタオが隠れ家に畑を作るというイベントが発生しました。
シナリオ進行は「焦りの少年・3」のところなので、おそらく流星の古城で竜を討伐した後に起きるイベントではないかと思いますが…。

隠れ家の畑に種を植えてしばらく経つと、素材アイテムが収穫できるようになるそうです。
同じ種でも何が育つかは違うようで、各種数個ずつ植えてみたいところ。

種の品質や特性に応じて採取できる素材アイテムの品質や特性が変化する。
ということは、種を作るときは高品質かつ強い特性を付けなくてはなりませんね。
そういった種を使えばレアな素材アイテムが採取できることもあるとのことですし、是が非でも!
…ただ、使ったら当然なくなるので、調合時にどこまで良い素材アイテムを使うかは悩みどころですが;;


種のレシピは、このイベント終了後に習得しました。
と言っても「植物の種」だけなので、他の種はレシピ変化で習得しなくてはいけません(もしくは参考書なども今後出るかもしれませんが)。

植物の種に必須の材料「若木の枝葉」は、流星の古城で手に入ります。
今回の畑追加イベントが発生したのもここの探索が終わってからですし、やはりこのタイミングじゃないと起きないイベントなのかなと。


さて、畑のある場所はアトリエの南東、坂を下った低い位置です。
立て札を調べると種を植えられました。

DSC_0002

今のところ種を植えられる場所は5か所のみ。

ゲーム内時間で3日ほど経てば収穫できる状態になります。
(アトリエのベッドで朝まで休む、外に出て確認、アトリエに戻ってベッドで朝まで…を繰り返して確認しました。)

収穫したアイテムの特性ですが、種に付けたものがそのまま引き継がれるわけではないようです。
でも同じ種から収穫した素材はほとんど同じ特性が付いていたので、何らかの法則はあるように思います。


とまあ、今書けることはこのくらいでしょうか。
低品質で弱い特性の種を使うくらいならどこかに採取に出かけた方が良いものを入手できるので、こだわりの種を調合できるようになるまでは本格的な畑作業は必要ないかもしれませんね。



松山勝弘(まつやままさひろ)