最初の戦闘と戦闘チュートリアルが終わった後、敵が徘徊する中をさらに奥へと進んで行きます。
難易度HARDだと戦い過ぎると戦闘不能者が出得るためご注意ください(戦闘終了後はHP1にて復活)。
戦闘不能でも経験値は入りますが、単純に全滅の危険性が高まるので。

丸太の橋を渡ったところで初めて「青ぷに」ではない敵を見かけました。
「オオイタチ」や「花の精」も青ぷにと同程度の強さなのでためらう必要はありませんが。

これらを見つけた辺りで、ランドマーク「彩花の円環」を発見。
もう少し進んでエリア移動するとイベント、見終えたらマップ北側からさらに次のエリアへ移動します。
ここもまだ小妖精の森の一部みたいですね。

真っ直ぐ進むとランドマーク「ランタン樹」を発見。
さらに進んでマップ中央にたどり着くとイベント&戦闘です。
先ほど見かけた花の精が1体でした。
ただし、スイングを当てての戦闘開始ではないため、いきなりのタクティクスレベル上げができない点には注意が必要ですね。
タクティクスレベルを上げることより、むしろ最初からスキル全快で挑んだ方が早く終わらせられるでしょう。


戦闘終了後は一時帰還することに。
これ以上奥への探索も、小イベントで止められてできなかったため、大人しく帰ります。

が、一つ前のエリアに戻ったところで再び戦闘が。

DSC_0003

しかも初見の「ブルーフィン」とやらで、やたらと強い!!

…と言うより、強制負けイベントのようですね笑
パーティ全員が一撃でやられてしまいました。

イベントで自動的にこの場を切り抜けられたら、引き続き船着き場の方へと戻って行く。
全回復していたのでまた雑魚戦をこなしながら戻っても良さそうです。

DSC_0004

帰り道、丸太の橋を渡った先でイベントが起き、「魔払いの花」に関しての説明が入りました。
この花にアクセスするとアトリエのベッドのように休息を取ることが可能のようで、時間帯変更のほか全回復もできるそう。
探索中に体力が減ってきた、または特定の時間帯でのみ出現する敵や採取できる素材を狙うときなどに利用することになるでしょう。


さて、船着き場に戻ったらイベントで自動的にクーケン島に帰還する。
今いるエリア「クーケン港」は、港にほど近い場所の西側にランドマーク「魔石の灯台」があるくらいで他に用事もなし。

マップ南側から隣のエリア「ボーデン地区」へ行くとイベントを挟み、引き続き自力での移動です。
東側のエリア「トレッペの高台」や南側の「旧市街」へは寄り道不可、北側のクーケン港へは戻れますが行く意味はないですね。
マップ中央辺りにランドマーク「尖塔の貯水池」があり、西側から「ラーゼン地区」に戻ります。

ラーゼン地区の南西から「島外れの農場」に入れるようになっており、ここの南西にはランドマーク「ヤギの放牧地」、南東には「海を臨む高台」がありました。

と、いろいろと寄り道していて気付いたのですが、島の中ではエリア移動するたびに1時間ずつ経過しているみたいです。
まあベッドで休めば自由に時間帯はいじれますがご参考までに。


今行ける範囲をすべて見て回ったところで、ライザの家に帰る。
2階の部屋に入るとイベントが発生し、自動的に朝になっていました。

すぐに次の目的地が設定されますが、久しぶりに帰ってきたので忘れないうちにセーブしておきましょう。
(アトリエシリーズは突然のフリーズが恐いので;;笑 最近は頻度がかなり少なかったりそもそも発生しなかったりですし、今作もどうかはわかりませんが一応。)



松山勝弘(まつやままさひろ)