第09地区、伍番街で聞き込み捜査を進め、ハーミットへの潜入経路を探る。
ブルーケース「電力供給」クリアで教えてもらった、マップ北東にある潜入経路へと向かう。
ハシゴを下りて排気口にたどり着いたら、アーム・レギオンで干渉してこじ開ける。

DSC_0009

しゃがんでから排気口内に入って行きます。
サプライケースなどはないので余計なことはせず素直に進みましょう。

埋まっているアイテムがたくさんある場所で一休憩。
ビースト・レギオンですべて掘り起こして、もう一度その先にある排気口に入って真っ直ぐ進むとイベントが挟まる。
ここからはミニマップも見られるので安心ですね。

DSC_0010

所々で、下を覗き見れるポイントがあります。
試しにAボタンで覗いてみると、ハーミットたちの会話が聞き取れました。

最初の1つ目はこれが結構長めで、セリフが途切れたと思ってもまだ続いたりするので、全部聞いてみたい方は根気よく待機しましょう。

突き当たりを左に進んで下を覗くと、イベントで勝手に下りて敵との戦闘になってしまい;;
オートセーブをされてしまったためリセットできず、他のルートを進んだらどうなったか、サプライケースなどがあったかなどは不明です。


ひとまずレッドケース「力の証明」開始。
敵が多かったので、真っ先に支給品のドローンガンを1つ使用する。
その後は、ビースト・レギオンに装備していたスキル「ハウリング」「オートバインド」などで複数の敵を硬直させながら戦いました。

敵の数が減ってきたときに気付いたのですが、1体はドローンを操作しているようです。
それはソード・レギオンの斬撃で電波を断ち切って対処します。

雑魚敵たちを倒したら、親玉のカイルも登場。
飛び上がって地面に攻撃を叩き付け着地点周囲に電気のような衝撃が走る、という攻撃が多めです。
それ以外は近接攻撃ばかりだたので、ソード・レギオンやアーム・レギオンなどを差し向けたうえで、銃で戦うのが比較的安全でしょう。


戦闘が終わったら、約束の情報を聞き出すため、カイルの後を付いて行く。
着いた部屋でカイルに話を聞いたら、机の上の物をもらって、ハーミットのアジトとはおさらばです。

…と思ったら、レッドケースが1つ追加されいました笑
この部屋を出てすぐのところで教官気取りの男から受注。
普通に雑魚敵たちとの戦闘を行うだけですね。

最初の2体を倒した後に追加された獣型は、途中でキメラに操られて無敵状態に。
ビースト・レギオンで地面に隠れているキメラを掘り出して解除します。

WAVE3は炎を吐くカエル軍団ですが、数が多いだけ。
次はさっき戦ったのと同じようなハーミットの連中で、またドローン使いが混じっていたのでソード・レギオンの斬撃を用いる。

最後にゴリラ型のデカブツです。
このタイプとも何度も戦ってきているので、一騎打ちなら特に問題ありませんね。
これでレッドケース「ハーミットの訓練」は終わりました。


エレベーターから屋外へ出たら、ブルーケース「カバンの嗅覚捜査」開始。
捜査範囲は壊れた電車内を通って東側、伍番街の方とマップには表示されていますが、先に真っ直ぐマップ西側へ進んで寄り道してみたところレアスライムを発見しています。
ぼくは例のごとく逃げられましたが、その辺に落ちていた物をアーム・レギオンで投げつけて気絶させられたら倒せそうです。

それと、もう一度排気口を通って先ほど行けなかった場所を見てみようかと思ったのですが、進行不可状態になっていたため排気口には入れず;;
大人しく嗅覚捜査を開始しました。


ビースト・レギオンが反応したのはその排気口入口より北の方で、完全に未踏の地。
橋を渡ってすぐにビースト・レギオンが反応した場所を調べると、目的の人物の臭いは2階に続いているけどハシゴが壊れているとのこと。

DSC_0011

他に2階へ行く方法がないかを探してアイリス起動後に見上げてみたら、それっぽいのが見つかりました。

吊り下げられた鉄板をアロー・レギオンの精密射撃で撃って、これで偏移体との戦闘開始です!………ん?笑
ちょうどその上にいた偏移体が落ちてきたようですね;;


倒したら引き続き嗅覚捜査。
ちょっと外を見てみると「自律型工事作業用ドローン」なんてものが見つかりますが、高所にあるのでアーム・レギオンを飛ばしても届きません(今は無視)。

ビースト・レギオンの向かった方へ移動し、扉をアーム・レギオンで干渉してこじ開ける。
と、また偏移体たちとの戦闘です。
キメラより雑魚なので瞬殺ですが、だからこそ面倒くさいですね;;

サプライケースなどを回収したのち、階段で上がると、今度はキメラを発見。
その辺の物をアーム・レギオンで拾って投げつける奇襲攻撃をすればすぐに片付けられるでしょう。

付近でゲートを見つけたら、目的の人物はその中にいるであろうことがわかります。
先に寄り道しておこうと思ってもハルのセリフに止められ、無視して続けようと思っても進行不可で進めない。
ということで、素直にゲート内に入れば良かったようで。

ここからはいつも通りのアストラル界探索ですね。



松山勝弘(まつやままさひろ)