FILE05が始まったら、最初はアキラの見舞いをすることに。
医務室のブレンダに話しかければ話が進められます。

もちろん、先に他の場所を回りました笑
と言っても現時点での新たなケースはブルーのが1つだけでしたが。
それ以外では、いつも通りトイレの妖精に紙を渡したり、落とし物を拾ったり、エクスバトンやレガトゥスを強化したり。
データベースに新たな適正個体を登録(戦闘中に敵をカメラで撮影)しているなら司令室でリチャードに話しかけたりくらいですね。


ロッカールームでマリーから話を聞いて、ブルーケース「ラッピーのお悩み相談室」を開始する。
この状態だとみんなのセリフが変化するので、ケースを進める前に全員と話して回るのも良いでしょう。
普通にショートカット移動もできましたし(セーフハウスまで行けるとは思いませんでしたが笑)。

ケースの進行は、ほとんどは単純に各人物に話しかけて行くだけでした。
選択肢は出ますがどれを選んでも大差なさそうです。

まずは地下2階エレベーターホールのマイク。
続いて同階医務室のミツル、談話室のエイヴリー、再びミツル。

最後に地下3階トレーニングルームのジンですが、ここだけ戦闘がありました。
レギオンなし、武器変更なし(警棒で固定)なので、回避や通常攻撃だけで戦います。

戦い抜いたらケースクリア。
すべて集めると何かいいことがあると言われている6つのアイテムのうち1つ、ラッピーアームもゲットです。
前がラッピーバッジだったので、6つのアイテムはすべてラッピーに関連するものっぽいですね。


さて、やることを終えたら医務室のブレンダに話しかけてアキラの見舞いに。

ブレンダを追いかけて建物の中に入る。
自由にしても良いと言われたら、ベンダー3号の利用や人々との会話ができるようになり、移動も歩行のみ状態が解除されます。

自由行動中に準備ができたというブレンダのセリフが出たら、ブレンダに近付いて、再び移動などに制限がかかる。
ブレンダの後を付いて行き、目的地に着いたらイベント。

再び自由行動になり、帰りたければヘリを使えと言われました
が、研究所内にブルーケースが3つほどあったため、戻る前にこれをクリアしておきましょう。

DSC_0014

レッドシフトの治療を受けている患者がいれば、レギオンで干渉して汚染を取り除くことができます(スコアを稼ぎたいならお忘れなく)。


では近い順に、最初は「ラッピーファン」を。
患者の子どもがラッピーのぬいぐるみを見たがっていて、ベルンハルト先生なら知っているはずだとのこと。

DSC_0015

マップに捜索範囲が表示されているので適当でもすぐに見つかるとは思いますが、アイリスで周囲を見るとピンポイントで見つけられますね。

隣の病室で患者を診ていたベルンハルトに話しかけると、今度はブレンダのもとへ行くことに。
マップに表示されている範囲まで移動しブレンダを見つけたら、ぬいぐるみをもらって、後は依頼主に届けるだけです。


2つ目のブルーケース「逃走する患者」。
近付いたらケース開始され、患者が走り出す。
ダッシュで追いかけてレギオンをぶつけ気絶させたら、チェインバインドで拘束して終わり。

ここで緊急コールが入り、ハーモニースクエアへ出動してくれと指令が入ります。
ということは、もしブルーケースを無視してヘリに向かったとしてもそこでコールが入っていたかもしれませんね。


指令は一旦無視して最後のブルーケース「漏電自己の対処」を始める。

DSC_0016

部屋内の無停電電源装置(形状は円柱形)を破壊して電源を止めてくれという内容です。

今回使うのはアーム・レギオンのみ。
まずはアーム・レギオンを扉に干渉させてこじ開ける。

続いてLボタンでアーム・レギオンを纏い、電流床の上を移動して行く。
アーム・レギオンを纏っている状態のまま最奥の無停電電源装置を攻撃して、ケースクリアです。

これでブルーケースはすべて終わらせたので、他にやることがなければヘリに乗って現場へ向かいましょう。



松山勝弘(まつやままさひろ)