FILE02、警察庁庁舎を出た後、グランアベニュー崩壊事件の情報収集から始まり、キメラの痕跡を追いかけて行く。
途中で中ボス戦や雑魚戦、ブルーケースの消化などをいくつも重ね、ようやくターゲットのキメラ「エンケラドゥス」とのボス戦にまでたどり着きました!

もっと巨大な敵を想像していましたが、道中で戦った中ボス「ブリアレオス」と同じくらいでしたね。


戦闘開始早々から、敵は突進攻撃を連発。
離れた位置から長距離を突っ込んでくるので、訓練時よりも容易にチェイントラップで跳ね返せます。

DSC_0001

でかいからか重いからか、チェイントラップに引っかけた後に跳ね返るまで多少の時間がかかり、フリーズしたのかと焦りましたが;;笑

跳ね返したらもちろん、ラッシュチャンスです!
近接武器に切り替えて一気に畳みかけましょう。


何度かこれを続けていると、赤い何かを放ってきて、狭いエリア内に閉じ込められてしまいました。

DSC_0002

まあ出られないだろうなとは思いつつも確認のため壁に触れると、まさかのダメージ;;
決して触れないようご注意ください。

さて、この状態になったら、敵は一切動かなくなります。
いえ実際には溜め攻撃の準備をしているような感じでしたが、そこそこ時間に余裕があるので、焦らずゆっくり対処しましょう。

脱出する方法は簡単です。
壁の外側に見えている光のボックス(?)の方へレギオンを飛ばして、それを破壊してもらうのみなので。
ただ、この技は使われるたび、破壊対象の光のボックスは二個、三個と増えていきましたが。


脱出後は普通に戦闘再開。

DSC_0003

今度は両手だけを放ってきて、これらがずっと追尾してきました。
本体にレギオンを飛ばそうかと思い近付いたのですが、時間切れだったのか、両手が叩きつけるような攻撃をしてくる。
両手はその後、本体に戻りました。

直前にレギオンを出したときは本体へは向かわず片手の方を攻撃していたので、両手とも攻撃してしまうのが正解だったのかもしれない。
そう思い、後でもう一度この攻撃をされたときに確認してみると、やはり両手ともに一定以上のダメージを与えることで敵の攻撃を止められました。


再び突進攻撃をしてきたので、これは普通に跳ね返してラッシュする。
次は、離れた位置から小さい球の射撃を連射してきました。
連射の方向をよく見れば一発も喰らわずに逃げ切ることもできると思います(ぼくは喰らいましたが笑)。

またまた突進してきたので跳ね返し。
今度は腕を地面に叩きつけて、地面のブロックが宙に舞い、そのブロックが空からランダムな地面に落ちてきました。
もちろん当たればダメージなので逃げ回ります。

他に確認できた攻撃は、
・連続で殴りながら直進する攻撃(チェイントラップにかかるかは未確認)
・両手の指すべてからレーザーを放ち、前方に地面を伝わせる
こんなところです。

とりあえずは突進攻撃を跳ね返すのが一番ダメージを与えられるチャンスなので、これだけは逃さないようにしましょう。


しばらく戦っていると、一定以上削れたからか、敵が覚醒(敵の周囲を光がまとう)。
攻撃パターンも多少変わります。
・空に浮かんだ状態で、両手のすべての指から射撃を地面に放ってくる
・固めたレーザーで敵正面をクロス
・固めたレーザーを一直線に放ってきて、最終地点付近の地面が数回爆発するような感じになる

通常の射撃やレーザーでの攻撃がこれらに変わっていました。
ここからは被ダメージなしで戦うのは至難の業ですが、道中で大量に手に入った支給品の回復アイテムを垂れ流せば問題なし。
突進攻撃はまだ出してくれたので、これまでと変わらずラッシュチャンスに利用できますし。
後は、このラッシュチャンスを逃さないよう、レギオンのクールダウンのタイミングにだけ注意していれば大丈夫でしょう。


次にイベントが始まったときが戦闘終了。
そのままイベントで進み、レッドケース「巨大な手の正体」クリアとなります。



松山勝弘(まつやままさひろ)