FILE02でグランアベニュー崩壊事件を調べ、事を起こしたであろうキメラの痕跡を追っていく。
ボス「ブリアレオス」の撃破で解決したかと思った矢先、これはターゲットのキメラではなかったことが判明。
引き続き痕跡を追いかけることになりました。

その前に、まずは開いているゲートをどうにかしろとのことです。
ゲートは適当に攻撃したりチェインバインドで破壊可能。
チェインバインドだと破壊が一瞬なので、こちらの方が良いでしょう。


痕跡を追う前にその辺をちょろちょろしていると、マップ北側にある屋内通路で怪しい人物を発見する。
DSC_0004

念のために電話の会話内容を確認できないかと頼まれました。

情報収集のときに非協力的な警察官たちの会話を傍受したときのように、ここではレギオンを使います。
が、今回の会話傍受は結構大変で;;

主人公は一定以上離れた位置を保ち、レギオンも一定以上近付けていなくてはならない。
レギオンとの鎖の長さには限りがあるのに、対象人物は常に歩き回っている。
そのため、主人公はレギオンとともに後を付ける必要がある。
つまり、左スティック、ZLボタン、右スティック、全部を同時に操作しなくてはいけませんでした。

しかも!レギオンと対象人物の距離が離れてしまうか、主人公との距離が近付きすぎてしまった場合、まさかの最初から聞き直しです!
盗み聞き達成率が100%になるまでずっと、神経質なコントローラー操作を続ける必要があります。
シナリオ進行には必須ではないので、やり込みする予定がなく面倒な方は無視してしまうのも良さそうですね;;


会話の傍受に成功した場合は、続いて拘束せよとの指令が下りました。
相手の動きは遅いままですし、チェインバインドを使うだけなので、こちらは簡単です。

「犯罪計画の阻止」クリアと画面に表示されたところで、探索再開。

DSC_0005

この人物を発見した通路内に入ると、アーム・レギオンじゃないと持ち上げられない「トラッシュボックス」がありました。
ビースト・レギオン同様、こちらも今はどうしようもありませんね。

トラッシュボックスのすぐ隣にはレーザーで通れない道が存在します。
ここはどうすれば通れるのかのヒントすらないため、ひとまず今は無視です(その奥の行き止まりにはサプライケースがあるようなので後々のやり込み時にでも)。
レーザーに当たるとレギオンも主人公でも大ダメージが入るため、決して触れないようご注意ください。

ちなみにですが、街中に炎上している部分がいくつかありましたが、一部の大きい炎は触れるとダメージがあるようです。
こちらは今のところ主人公のみダメージを確認(レギオンにはダメージは入らず)。


一通りの寄り道を終え、キメラの痕跡をたどって行くと、道中でブルーケース「苛立つ市民の鎮圧」が始まりました。

と言っても、ここもチェインバインドで市民たちを囲って動けなくするだけでしたが笑
近くのサプライケースを回収したら、引き続き痕跡を追って、連絡通路内へと入って行きます。



松山勝弘(まつやままさひろ)