ゲーム開始後、最初のバイク操作が終わっても、まだ気は抜けなさそうな状況が続きます。

次は普通にキャラを移動させて先へ進む。
負傷者の救助を手伝ってくれと頼まれるので、すぐそこに倒れている負傷者に近付きAボタン。

DSC_0002

勝手に担いでくれるので、また普通に移動していき、担架の近くに着いたら救助手伝いは終了です。


今度は墜落したヘリの方へ、またさらに奥へと進んで行く。
…と、突然の敵出現!

そのまま戦闘に入ります。
ボタンの割り振りはバイクのときと変わりませんが、攻撃は武器変更することで射撃と近接を選べるようです(方向キー上下)。

DSC_0003

目の前の敵を倒しながら少し進むと、さらに敵が複数体追加。

右スティック押し込みでロックオンできるので、ここで試してみましょう。
ロックオン中の敵を倒したらすぐ別の敵をロックオンしてくれるので、敵の居場所を探るのにも便利でした。
特に宙に浮いている敵は、ロックオンしていないとしばらく気付かなかったかもしれませんね;;

戦闘の方は、まだまだ回避を使わずともどうにかなる程度です。
回避も使ってうまく戦えば被ダメージを完全にゼロにできたかもしれないですが。
少なくとも回復アイテムを使うほどの事態にはならないでしょう。

気を付けなくてはならないのは、その辺に落ちるドロップアイテム(青い光)は、近付いてAボタンで自力で拾う必要がある点です。
一定以上進むとそれまでいた区域に入れなくなったりもするため、戦闘中であろうが関係なく見つけたらすぐに回収しておくこと。


戦闘後は消費アイテムについての説明もありましたね。
保有品はファイルをまたいで持ち越せるけど、支給品は持ちこせないため温存しすぎるのももったいないとのこと。
同じアイテムなら支給品から優先して使用されるのはありがたいですが、何をどれくらい持っているかは先に確認おきたいところ。

DSC_0004

Xボタン長押しでアイテム画面を開いて左スティックを動かせば所持数が見られました。
支給品かどうかはアイコンで見分けるか、アイテム名の最初に「支・」と付いているかどうかで見分けられそうですね。

確認を終えたら、さらに奥へと進んで行きます。



松山勝弘(まつやままさひろ)