第二部 紅花の章、弧月の節。
エーデルガルトが特殊職「カイゼリン」にクラスチェンジし、「アーマーロード」よりさらに強くなりました。
そして来たる末日のシナリオ戦闘。

DSC_0004

魔物や固有名ユニットの数だけでなく、マップ構造や敵の配置を見ても骨の折れそうな一戦となりそうです。

ひとまず、東側の3人には3マス以上の遠距離攻撃ができるユニットを揃えておきました。


1ターン目。
東側は、1人目に攻撃魔法で壁の向こうの敵を倒させ、馬の再移動スキルで橋の方へ移動する。
2人目は普通に橋の前まで移動して、そこを守っている敵を攻撃魔法で撃破。
3人目、橋の上まで移動してから、弓の戦技「狙撃」で魔物近くにいる敵を1体倒す。

中央側は、回避の高いユニットや防御力の高いユニットで壁を作りながら全員固まって進みました。
魔防の低い重装だけは、固有名ユニットである敵魔法の射程に気を配っています。

敵軍フェイズ。
その固有名ユニットがいきなりクリティカルを出しやがり、エーデルガルトが倒されたので巻き戻し…笑
主人公以外はこいつの射程に入らないように配置し直しています。
このとき、西側の敵飛行の移動距離にも気を付けなくてはなりませんでした。


2ターン目。
東側は、橋を渡った後に2人を北側へ進ませ、弓で魔物付近の雑魚敵をもう1体倒す。
もう1人は南へ進み、「制御装置」のある方へと向かわせています。

中央側は付近の敵を固有名もろとも一掃し、主人公や重装らで壁を作りながら、城壁より内側に少しだけ入る。
回復も確実に施して、フェイズ終了です。

敵軍フェイズでは、西側からやってきた敵将の1人(固有名ユニット)が、遠距離武器で壁越しに攻撃を仕掛けてきました。
しかも再移動で壁から離れているので、こちらから攻撃を仕掛けられるのは次のターンになりそうです(超遠距離攻撃魔法でもあれば話は別ですが)。


3ターン目。
東側のうち北へ進んでいる2人は、ダメージ床の先にいる敵を1体撃破。
南へ進んでいる1人は、制御装置付近の雑魚敵を1体倒す。

中央側はまず、重装と魔法の2人を東へ進ませました。
制御装置のユニットと合流した後、魔物との交戦時にさらにもう2人とも合流を図る予定です。
次に主人公を1人で西へ一気に進ませ、固有名ユニットに狙わせる。
他のユニットらは、西へ進軍するつもりで固まって移動させながらも、敵固有名のギリギリ射程外で止めています。

敵軍フェイズで、予定通りに主人公が狙われたのですが、計略だったため反撃できず。
しかも再移動で射程外に逃げられているので、撃破するのはまた次のターンに延びてしまいました;;
制御装置側も残っていた雑魚敵を反撃では倒しきれなかったのはさらに予想外で;;


4ターン目。
東側の北2人は、雑魚敵を倒してダメージ床越え。
魔物の射程に入らないところでストップです。

制御装置側は雑魚敵を先に倒しておき、次のターンで制御装置をいじれる状態にする。
中央からサポートに向かわせた2人は、雑魚敵2体のいるダメージ床の手前で停止。

他のユニットは全員西へ進め、固有名ユニットに対しては主人公とエーデルガルトで壁を作っている状態にしました。


5ターン目。
真っ先に南東の制御装置を解除したのですが、もう片方、北西の制御装置も解除しないとダメージ床は健在のようですね。
一部だけでも先に消えてくれたらなと思っていたのに期待が外れて残念です。

仕方がないので、中央から東へのサポートに出した2人は、ダメージ床上に乗り、その先の雑魚敵を攻撃(魔法と遠距離武器を使用)。
これでとりあえず1体は撃破する。

北東から回ってきた2人は、広範囲計略も持っていたので、先に魔物との交戦を始めてしまいました。
実際に破壊できた障壁はまだ1つですが、全障壁にダメージを与えられています。

西へ向かっているユニットらは、主人公だけダメージ床のない南西から迂回させることに。
主人公はついでに、固有名ユニットをようやく撃破です。
他のユニットたちはダメージ床の先にいた雑魚敵2体を倒し、数名がダメージ床上でストップしました。


6ターン目。
北東2人は魔物をアーマーブレイクし、HPストックを1つ削る。
南東3人は、ダメージを回復しながらダメージ床越え(北東2人との合流)を目指す。
南西側6人は、主人公は一気に進軍し、他はダメージを回復しながら進んで魔物の射程内に入ったところで止まる。

敵軍フェイズで南西側も魔物との交戦開始と、主人公は反撃で雑魚敵を1体撃破です。

7ターン目。
東側は魔物を撃破でき、制御装置をいじっていた1人以外は合流完了。
西側は、主人公は残った雑魚敵を撃破し、他はダメージ床上で魔物をアーマーブレイク&HPストック2つ削る。
それと、味方1人だけ、奥にいる敵魔法の射程に入っていたので、念のために「サイレス」で魔法を封じておきました。


8ターン目。
東側は、制御装置をいじっていたユニットの合流を待つ間、建物越しの弓攻撃でマップ中央の雑魚敵を倒しておいたりHP回復やらで時間を潰す。

西側はとりあえず魔物を撃破。
2人がダメージ床越えを果たし、主人公とほぼ合流する。
「サイレス」で再び敵1体の魔法を封じておいて、フェイズ終了。

9ターン目。
東側はマップ中央への道にある最後のダメージ床の手前で全員ストップ。
遠距離回復魔法「リブロー」で西側のユニットを回復させたり、弓の戦技「狙撃」でマップ中央の雑魚敵をもう1体倒しています。

西側は、まずはダメージ床越えを果たした2人で雑魚敵2体を撃破する。
主人公は1人でマップ北西へと進行し、他はダメージ床越えを目指しつつ回復魔法などで味方のサポートです。

敵軍フェイズではマップ北西の固有名ユニット他雑魚敵らが主人公に向かってくる。
しかし固有名ユニットには計略を使われたため反撃でのダメージは与えられず。


10ターン目。
東側は数人だけ一気にダメージ床越えをし、計略などで魔物をアーマーブレイク。
歩みの遅いユニットはダメージ床上で止まっています。

西側は、制御装置にたどり着くには移動力が足りなかったので、とりあえず1人だけそちらへ向かわせ、後はマップ中央への進軍準備を整える。
主人公は1人で、固有名ユニットらとの交戦です。

ここで倒しきれないと固有名ユニットには他の味方を狙われかねないので、場合によっては時を巻き戻して、主人公を1人で北西に向かわせるというその行動から改める必要があるでしょう。
ぼくはクリティカルが出てくれたおかげで(笑)倒せたので、そのまま続けています。

ついでに敵軍フェイズでの反撃で北西の雑魚敵らも全滅させました。


11ターン目。
制御装置を先に解除してダメージ床が消えた後、マップ中央は魔物を撃破し終え、弓だけ先行して北へ進み、雑魚敵を1体撃破。
主人公は西の橋にある扉を開けて、城壁より外側の宝箱を回収しに向かわせる。
他はマップ中央での集合に向けて移動するのみ。

もう2ターンかけて主人公は宝箱(中身は「はやての羽」)を回収、それまで敵将への攻撃は加えず。
同ターン中に最後の敵将を倒しきり、戦闘終了です。
最後の敵将は射程3の攻撃魔法を装備していましたが、移動が0なので、射程4以上で攻撃すれば無傷で倒せました。


敵増援が一度もなかったのはこの戦いが奇襲だったからでしょうか。
ともかく固有名ユニットが個別で強かった以外は、特に大して厄介な事態は起きませんでしたね。



松山勝弘(まつやままさひろ)