第二部 紅花の章、天馬の節のシナリオ戦闘。
今回はガルグ=マクの防衛が必要なので、敵が特定のマスに到達しないよう気を付けなくてはなりません。

DSC_0002

初期配置の時点では敵の数はかなり少なめですね。
ただ、戦闘前のイベントではどこから敵がやってくるかわからないと言われているので、弱いユニットは突出させず、できるだけ固まって行動したいところです。


1ターン目。
まず初期配置で東側に置いた3人のうち1人で、「壊れる壁」越しに攻撃魔法を繰り出して敵を1体撃破する。
残りの2人は順当に東の道から南下します。

続いて、マップ中央の敵のうち飛行を弓で倒す。
その他、攻撃魔法など遠距離から安全に戦い、主人公らの目の前の雑魚敵を2体撃破です。

敵軍フェイズでは自軍の近くにいた雑魚敵が数体動いたのみで終わり、ターン終了時にイベント。
マップ最南西の敵将よりやや北にいる敵と、マップ南東の投石機にいる敵が火攻めの準備を始めていることがわかりました。
これらを急いで倒さないと、森や茂みなどはダメージ床となりそうです。
ただし、どこに伏兵がいるかがわからないので、急ぐにしても慎重さを欠いてはなりません。


2ターン目。
まず東側は、移動力のある2人が先行して南下し、森や茂みを確保して止まる。
西側は付近の敵を殲滅して、弱いユニットは優先的に森や茂みの上に置きつつ、全体で進軍して終了です。

敵軍フェイズ。
城壁周囲からマップ中央にかけて、敵が大量追加されました;;

DSC_0003

まさかこんな数が一度に出てくるとは、さすがに予想外でしたね;;


3ターン目。
東側で先行している2人のうち片方は深い森の上に移動し、そこから計略を放つ(範囲が縦4マスで今回は敵3体にダメージ)。
もう1人は森から遠距離攻撃魔法を用いて、増援の固有名ユニットを撃破です。

西側は、攻撃魔法や射程2の武器などを用いつつマップ中央の敵を計5体、マップ西側の敵を1体倒しています。
もちろん森や茂みは確保したまま。

敵軍フェイズでは当然のごとく増援たちからの猛攻を受けましたが、地形効果のおかげでほとんど回避できました。
戦闘不能者は出ず、反撃で敵2体を撃破です。


4ターン目。
東側3人は、付近の敵を処理し終わったので南への進軍再開。

西側は、マップ中央の敵を優先的に処理しましたが、その他もほとんど倒しきってしまい、少なくとも包囲されている状況からは脱しました。
付近に残っている敵は重装のみで、敵の配置されている場所は普通に敵将への道中です。

敵軍フェイズでの反撃でその重装のうち1体も撃破。


5ターン目。
東側は、投石機などの被弾で少しピンチだったので、敵増援処理の過程でマップ中央まで来ていた主人公を援護に向かわせました。

西側にいるユニットの遠距離回復魔法「リブロー」での回復も。
他の西側のユニットは、周辺の敵を倒しきったので進軍再開です。
敵将付近の飛行3体がまとめて襲ってくることを警戒して、城壁近くの森を確保したところで移動終了。

敵軍フェイズでは予想通り、雑魚敵飛行が全員向かってきて、うち1体を反撃で倒せました。


6ターン目。
東側、雑魚敵の残党は主人公に任せて、元々いたユニットらで南東の投石機を攻撃、撃破する。
火計を準備していたもう1体は、先ほどの敵増援らが出たときに一緒に突っ込んできていたので撃破済み。
ということで、火計は完全に阻止できました。

さらにこのターン中には南西の敵将を除くすべての敵を撃破できています。
当然、後は敵将を安全に倒すだけ。
移動0、射程1なので遠距離攻撃を使えば反撃されることもなく倒しきれます。


今回は同時に出現する敵増援の多さに驚きましたが、そこさえ乗り切れば後は楽勝でしたね。



松山勝弘(まつやままさひろ)