第二部 蒼月の章、青海の節のシナリオ戦闘。
前節のシナリオ戦闘後に英雄の遺産武器(弓)を入手し、戦力はさらに増強されていますが…。

DSC_0004

物語も終盤に近付いている様相なので、さすがに難しそうなステージです;;

まず気になるのは、北東と北西の魔導砲台。
魔導砲台を抜いてもすぐに魔物との交戦で、その辺りはマップ中央の東西にある弓砲台の射程圏内でもある。
また、弓砲台のすぐ近くにはそれぞれ固有名ユニットがおり、息つく暇もありません。
ひとまず最初は魔導砲台を倒しに行かないとですね。


1ターン目。
まずは東の魔導砲台を飛行ユニットで倒しに行く。
1人だけで倒せたのですが、すぐ東にある宝箱回収のため、宝の鍵を持っている飛行ユニット1人も向かわせました。

その他、主人公、ディミトリ、馬(弓)の3人を南東方向へ。
魔物の射程外、東側弓砲台の射程内です。

残り5人は西側へ。
飛行ユニットで一番手前の敵1体を倒し、後は馬や徒歩だったので、西の階段を上ったあたりでストップ。


2ターン目。
東側は、まず飛行ユニット1人で宝箱(中身は「巨大な金塊」)を回収し、もう1人は宝箱付近の雑魚敵2体のうち魔法を撃破する。
馬(弓)は魔物を北側から攻撃し、ディミトリと主人公をその南のマスへ。
主人公は、先ほどのターンに弓砲台で傷付けられた仲間を回復魔法「ライブ」で回復もしています。

西側、飛行ユニットで魔導砲台を倒し、再移動で南側にいる魔法3体のうち1体のみの射程内に入る。
他4人は次の階段を上ったところで止まり、先のターンに魔導砲台でダメージを食らった味方を回復しておく。

敵軍フェイズで、東側はすべての攻撃を回避して、なおかつ反撃で雑魚敵1体を倒してくれました。
西側は、魔導砲台より北側にいた雑魚敵を反撃で倒した他は、南側の敵が固有名ユニットも含めて4体も進軍してきています。


3ターン目。
まず西側ですが、今寄ってきた4体のうち雑魚1体を飛行で倒し、再移動で他4人のいる北へと逃げ込む。
傷付いた仲間を回復しつつ、魔防の高いユニット1人だけ、南の敵魔法1体の射程内に入っておく。

東側、主人公とディミトリの計略で魔物をアーマーブレイク。
馬(弓)で弓砲台を倒した後、再移動でできる限り北へ戻る。
飛行2人は近くの雑魚敵を倒してから、主人公らに合流する。

敵軍フェイズ。
東側は予定通り、固有名ユニットやその辺の雑魚敵が主人公らに近付いてくる。
西側は、雑魚魔法2体は北に来てくれたのですが、何故か固有名だけは東へ進み始めました。
後、南西と南東に敵増援が追加です。
これらを招き入れている将とやらを倒せば増援は止められるようですが、敵の名称では割り出せそうにはありません。
まあ、片っ端から倒していればいずれ増援も止まるでしょう笑


4ターン目。
まず東側は、魔物より先に固有名ユニットを倒すことを優先しました。
通常では魔物よりも火力やらスキルやらで厄介な敵が多いですしね。
その後は見栄えを良くするために雑魚敵を一掃し、付近の敵は魔物のみになる。
それと馬ユニット1人だけ、マップ南東の宝箱を開けに行くために再移動で戦線を離脱させています。

西側、とりあえず近付いてきた雑魚敵2体を撃破し、これらのユニットは再移動で南へ。
他のユニットも全員足並みを揃えつつ、西側弓砲台の射程外でストップ。
後は、1人だけ魔導砲台を使用して、すぐ東にいる雑魚敵を攻撃しておきました。

敵軍フェイズ。
南東宝箱近くにいた敵が向かってくるも、反撃で撃破する。
西側は、固有名ユニットが踵を返し、戻って来てくれました。


5ターン目開始時、敵将のセリフで、西側の部隊に東側の援護へ向かうよう指示を出しています。
が、西側も既に結構な数を倒しているからか、以降に特別変わった行動をする敵は出て来ていません。

ひとまず、自軍フェイズ開始。
東側、馬ユニットは1人で宝箱に向かう。
主人公は南の回復床まで進める(南の敵たちの射程内)。
残る3人で魔物を倒しつつ、飛行2人は再移動で主人公の傍へ。

西側、魔導砲台で先ほどと同じ敵を攻撃して撃破。
他の自軍ユニットで戻って来た固有名を倒す。
再移動などで全員を南へ進め、マップ南西にいる長射程魔法持ちの射程外でストップして終了です。

敵軍フェイズでは、主人公が回避&反撃で敵2体を倒してくれました。


6ターン目。
東側は、他にも近付いてきていた雑魚敵3体を倒しつつ、南へ進軍。
魔物の射程外、南東の敵馬の射程内で止まりました。
自軍馬は宝箱(中身は「黒真珠」)を回収完了です。

西側、まずは飛行ユニットで弓砲台を倒す。
続いて移動力アップの計略を使用して、他の3人で南側の敵魔法2体を攻めるも、長射程魔法持ちの方は倒しきれず。

7ターン目。
東側も西側も、南東および南西にいる雑魚敵をすべて倒しきりました。
初期位置から全然動いていないユニットが増援を呼ぶ将だったようで、ひとまず敵増援は完全に封じれています。

敵軍フェイズでは、東側が魔物との交戦を始めたほか、マップ中央の魔物および雑魚敵らが南へ移動し始めました。

8ターン目。
東は魔物をアーマーブレイク、HPストックを2つ削る。
西は雑魚敵を1体倒しつつ、中央に向かって移動です。

敵軍フェイズ、マップ中央から南へ下りて来ていた魔物らが、軒並み南東方向を目指すような動きをする。

9ターン目。
東は魔物と、近付いてきていた雑魚敵1体を撃破。
西は、残る1体の魔物や周辺の雑魚敵に、長射程魔法を一発放って、離れた位置で全員固まったまま終了です。

敵軍フェイズ、挑発も虚しく、魔物やほとんどの雑魚敵は南東へ向かいました;;笑


次のターンはひとまず、東は雑魚敵3体の方を計略も用いて倒してしまう。
西側は、目の前の重装を魔法1人で倒してから、残り4人で魔物に突っ込ませてアーマーブレイクです。
このとき、再移動などで逃げないと、敵将やその付近の雑魚敵らに狙われてしまう点には注意が必要でした。

と、この魔物まで処理できたら、後は確実に雑魚敵を始末しつつ敵将と慎重に戦うだけですね。
兵器をすぐに潰したら、思っていたよりは楽な一戦だったようにも思います。



松山勝弘(まつやままさひろ)