第二部 翠風の章、いよいよ帝都への侵攻が始まりました。
さすがにここまで来ると戦力差がすごいことになっていますね;;

DSC_0011

勝利条件はすべての敵将の撃破。
魔物3体に囲まれた位置に1人と、南端に1人います。

自軍ユニットは最初から二分されていて、南東に5人、北に6人という配置をしなくてはなりません。
北には主人公もクロードもいるので、南東の5人はレベルの高いユニットなどを揃えないと結構大変そうです。
2つある宝箱のうち北東角の方なんて敵将とはまったく関係のない場所ですし、これらを回収しようとするとより一層…。

と、マップの確認も終えたところで、とりあえずは戦闘を始めてみます。

DSC_0012

時間をかけてしまうと増援がどんどん出てくるというセリフがありましたが、これは場所が場所だけに予想通りですね。

予想外だったのは、戦闘開始後に弓砲台や魔導砲台、投石機が表示されたことです。
東端に2つと、魔物らがいる付近に1つ。

東の2つは宝箱回収や全敵撃破をする気がないなら無視でも良さそうですが、魔獣付近の魔導砲台だけは邪魔なので折を見て倒したいところ。
あ、でもぼくは宝箱回収もできるだけ多くの敵撃破も行うため、これら兵器は潰しに行きます笑


まずは北の自軍ユニット6人のうち、クロードと飛行1人を東へ。
主人公、ウォーマスター、グレモリィ、踊り子の徒歩4人は、敵複数の射程に入らないよう南へ少しだけ進ませる。
ついでにグレモリィの攻撃魔法で1体撃破しました。

南東の5人は、南や西の雑魚敵らは無視して、まずは全員で北へ進軍です。
弓砲台付近と道中の雑魚敵、および弓砲台の計3体を倒してフェイズ終了。

敵軍フェイズでは、まず南東側は、自軍ユニットより西と北の敵が1体ずつ攻撃を仕掛けてくる。
北側は、魔物と雑魚敵2体が攻撃してきました。


2ターン目。
北スタートで東へ向かっていたクロードたち2人は、そこから南東へ進み、飛行の天敵である弓2体を倒す。

続いて南東スタートの味方のうち飛行1人で一気に突っ込んで投石機を撃破。
次のターンでクロードらと合流できる位置まで来ました。
周辺の敵も3体だけなので、こちら側はこのクロードら3人以上は要りませんね。

ということで、南東スタートの残り4人は、近くの雑魚敵2体を倒したらスタート地点まで戻ります。

続いて、北スタートの残り4人。
敵の計略のせいで計略を撃てないキャラが3人もいたので、このターンでのアーマーブレイクは諦める。
代わりに雑魚敵2体は確実に撃破し、近くにいるのは魔物だけという状態にしておきました。

敵軍フェイズ。
北東、クロードら3人に敵3体が攻撃してきて、うち2体を反撃で撃破する。
他にも投石機より西にいた3体のうち2体が東へ寄って来て(1体を反撃で撃破)、残る1体は北に進んできました。


3ターン目はとりあえずクロードで宝箱(中身は「勇気の剣」)を回収し、再移動で南へ。
残りの2人で近くにいる雑魚敵2体をそれぞれ攻撃し、片方のみ倒しきる。

南東の4人で、スタート地点より南にいた雑魚敵2体を倒す…つもりだったのですが、片方には回避されて1体しか倒せず;;

主人公ら北の4人は、2人が計略使用と、踊り子による再行動も含めて、魔物をアーマーブレイク&撃破しました。

ここで敵の増援が、主人公らの北に到着!
…で、増援は4体もいるうえまさかの魔物まで;;


次のターンで、南東の4人は残った雑魚敵を処理しつつ橋を渡って西へ。
北東のクロードら3人は主人公たちのもとへ向かわせる(ついでに1体撃破)。
主人公ら4人は、魔物と一緒に増援で来た雑魚敵2体を倒して終了です。

5ターン目には通常攻撃だけで魔物をアーマーブレイク&撃破し、周辺の雑魚敵も倒しきりました。
マップ南東の4人は橋を渡り切ったあたりでストップ(弓で敵1体の撃破も)。

6ターン目。
中央の敵将、死神騎士と主人公との距離が遠く、他のユニットでは反撃で倒されそうだったので、概ね近付くだけに留める。
クロードだけ「ワープ」で魔導砲台付近に飛ばして、魔導砲台を撃破後に再移動で北に逃がす。
これで北は7人固まっている状態です。

南東の4人もこちらへ近付け、残る魔物2体の東側まで来られました。

敵軍フェイズで敵増援の第二弾、魔物1体と雑魚敵2体がマップ南東に出現。
死神騎士が北に攻めて来て、被弾した自軍ユニットはギリギリ耐えられたのと、反撃で死神騎士のHPを残り3分の1ほどまで削っています。

死神騎士より西にいた弓がクロードを狙い、回避&反撃で倒す。
後は、魔物2体がどちらも東に攻めてきました。


7ターン目。
グレモリィの攻撃魔法で死神騎士を確実に仕留め、他は南へ進軍する。
クロードは魔導砲台の辺りから南の雑魚敵を撃破し、ウォーマスターは踊り子で再行動させ魔物のもとまで向かわせています。
このウォーマスターの計略や、魔物より東の残ユニット4人のうち3人の通常攻撃などで魔物1体をアーマーブレイク。
と、1人だけは近くにある宝箱(中身は「ゾルタンの斧」)を取らせました。

敵軍フェイズでは、アーマーブレイクしていない方の魔物が攻撃してきたほか、南東増援で出てきた魔物含む計3体が進軍してきています。

次のターンは、まずクロードをさらに南下させ雑魚敵1体を倒したのち、再移動で北に退避。
他はアーマーブレイクした魔物を撃破しつつ自軍ユニットを全員中央に揃え、フェイズ終了です。


9ターン目、近くの魔物をアーマーブレイク&撃破し、すぐ東まで来た敵増援のうち雑魚敵2体も倒す。
未行動たちは適当に配置を整えて、南東から来た魔物および南の敵を迎え撃つ態勢にする。

敵軍フェイズで南から雑魚敵4体が攻めてきましたが、魔物は何故か寄ってこず北に真っ直ぐ進みました。
魔物の移動が予想外で自軍ユニット数人の射程から外れてしまったので、一旦無視します。

対魔物部隊を砦付近に4人ほど残し、残りの7人は南の雑魚敵3体を倒しつつ、あまり進みすぎないように調整。
11ターン目に対魔物部隊の4人でアーマーブレイクと、HPストックを2つ削る。
残りの7人は付近の雑魚敵を倒しつつもまだ少しずつの南下です。

敵軍フェイズ、ここで敵将がそこそこの遠距離から魔法攻撃を仕掛けてきました。
今回はたまたま回避できましたが、ここからは一気に攻めないとですね。
それと、魔法攻撃型の増援2体が敵将の左右に追加されています。


12ターン目。
魔獣側は全員飛行ユニットだったので、撃破後に再移動で一気に南へ進み、先行している味方と合流の位置まで来る。
他の7人は、遠距離で敵を攻撃しつつ、壁の手前で東西に分かれる。

敵軍フェイズの攻撃を耐えきった(時の巻き戻し不要)のを確認したら、次のターンは片っ端から倒していくだけです。
敵将を最後まで残して、きっちり全敵撃破で終了しました!



松山勝弘(まつやままさひろ)