物語は第二部に突入。
まずはしばらくイベントで進みます。

ぼくは第一部で金鹿の学級ことヒルシュクラッセを選んでいましたが、第二部に入るときにはルート分岐はありませんでした。
そのままクロードたちをメインとした物語が進むようです。

章の名称は「翠風の章」。
おそらくルーヴェンクラッセかアドラークラッセの担任だった方はここの名称が違うのではないかと。


さて、長らくのイベントが終わったら、いきなり戦場に放り込まれました。
しかも自軍ユニットは2人だけです;;

レベルはおそらく第一部ラストと変わりませんが、仲間の方はレベルを覚えていなかったので、どうなのかわかりません。
仲間の兵種は見覚えのないものにクラスチェンジしていました(後で確認したところ、踊り子やニルヴァーナのような特殊職でした)。

持ち物は輸送隊の分も含めて一切なくなっておらず、手持ちの武器に限り耐久が最大まで回復済み。
仲間の持ち物も同様ですが、英雄の遺産武器が追加されています。

後は騎士団も同じような感じで、主人公は戦力全回復、仲間は別の騎士団に置き換わっていました。


続いて戦闘マップのチェックを。
とりあえずステージ名は「夜明けの追討戦」ですね。

DSC_0004

自軍2人に対して敵軍は36体もおり、そのほとんどがアイテムをドロップする。
勝利条件は敵将撃破ですが、先に雑魚敵を狩りつくしたいところです。

宝の鍵持ちは3体、宝箱は4つなので、第一部の時点で1つ以上の宝の鍵が手持ちか輸送隊に余っていないとすべての宝箱を開けることはできません。
それと、北西の宝箱は扉の向こうにあり、近くにいる弓装備の敵も扉の先なので、宝箱を優先して手間をかけているとチクチクやられてしまいます。
宝箱の中身は、北西「アーマーキラー」、北「銀の槍」、北東「妖刀アシュラ」、南東「ウコンバサラの斧」でした。


では戦闘開始!
とりあえず主人公は森を確保しつつ雑魚敵を撃破していきます。

仲間は飛行ユニットだったので、そのままでは森の地形効果を得られません。
降りれば良さそうですが、ぼくはとりあえず、複数の雑魚敵の射程内に入らないように配置するに留めました。
それと、仲間は何故か英雄の遺産武器しか使用できなかったことも書いておきます(おそらくこれは特殊職の仕様で、後々兵種を変更したときは他の武器も使用できています)。

2ターンの間、主人公は森での反撃で敵を次々に仕留めていく。
仲間の武器は弓だったので、主人公の後ろから確実に1体ずつ撃破。


そして3ターン目、ようやく仲間たちが追加です!
とりあえずは4人が追加され、計6人になりました。

クラシックモードだと失われたキャラにも寄るのでしょうが、出てくるキャラはおそらく固定でしょう。
兵種は当時と同じで、所持アイテムや耐久回復、騎士団も同様。
レベルの方も当時から変わっていないようでした。

主人公たち最初の2人はこれまでと同じ行動を、北に追加された2人は主人公たちに近付け、南の2人は距離が遠かったのでそのまま東へ進軍です。

4ターン目からは、北から中央にかけた敵は主人公ら4人が引き受け、南の2人は敵から宝の鍵を回収しつつマップ南東を目指します。
幸い、南は2人とも傷薬を持っていたので、回復役がまだいない現状でも問題ないと判断しました。


5ターン目開始時にはマップ北東に仲間が3人追加!
これで、最初から自学級にいた生徒たちは全員集合です!
ぼくの場合は他学級の生徒をスカウトしていないのでこの戦闘に出てくるのかはわかりませんが、セイロス騎士団や教師およびフレンは来ませんでした。

北東3人のうち1人は、装備のおかげで射程の長い魔法攻撃ができたので、壁に囲まれた安全圏からまずは弓を撃破。
1人は南側の壁を攻撃して壊し、もう1人は宝の鍵を持っていた(第一部ラストの時点で所持していた)ので北東の宝箱を回収させています。


とまあ、この先は森など有利な地形効果を確保しつつ慎重に敵を削っていき、宝箱やドロップアイテムをすべて回収してから敵将を倒すだけです。

さあこれでクリア…と思ったら、どうやら影武者だったようで、敵将(および雑魚敵2体)がやや南に追加されました;;
雑魚なので倒すのは簡単ですが、自軍ユニットの配置によっては追いかけるのに少し時間がかかるかもですね。

敵将を再度撃破したら、今度こそ戦闘終了です。



松山勝弘(まつやままさひろ)