初めての休日を終え、カレンダーで日数がどんどん進んで行く。
4月30日になると、フェルディナントの誕生日だからお祝いの花(200G)を購入するかどうかの選択肢が出ました。
が、ぼくは彼の担任ではないため購入していません笑(確かフェルディナントはアドラークラッセでしたね。)

DSC_0001

その後、学級対抗戦の課題出撃があります。
出撃前にXボタンでメニューを開き念のためにセーブしてから…と言いたいところですが、出撃を選択した後にセーブ画面が勝手に出てくるのでこっちでセーブしておけばokですね。


イベント後、戦闘マップに移動したところで指南が2つ。
まず魔法を使えるキャラは、使用回数分だけ戦闘中に攻撃や回復の魔法を使用できます。
使用回数は戦闘終了で全回復するので、武器耐久と違って気兼ねなく使えますね。

続いて戦闘準備に関して。
一つは、「ユニット選択」で出撃ユニットを選択するとき、名前が緑色のユニットは固定であること。
二つ目は、「身支度」にて持ち物やスキル・戦技のセット、騎士団の配備や丙種の変更ができること。
最後に、「マップ・配置」にて戦闘マップに実際にユニットを配置すること。
これらの説明がありました。

今のところは出撃ユニットの選択と配置以外は気にしなくても良さそうですね。
魔法を二つ以上覚えているキャラ(ヒルシュクラッセの場合はマリアンヌのみ)は、どちらの魔法を装備するか、「身支度」の「持ち物」から変更できることは覚えておきましょう。
まあ、武器と同じく、2つ以上の魔法を覚えているキャラは戦闘中に使う魔法の切り替えが可能でしたが(もちろん魔法から武器装備へと変更することもできます)。


さて、今回の出撃ユニットは5体までですね。
ヒルシュクラッセの担任であるぼくは、固定の主人公および級長クロードの他、ヒルダ、リシテア、ラファエルにしました。

主人公と級長は配置場所も固定の模様。
他の3人も配置可能マスに大差はないので、配置は適当でも良いでしょう。

DSC_0002

後は勝敗条件と敵軍ユニットの位置確認を。
主人公または級長の敗走で敗北、敵の全滅が勝利条件でした。

ヒルシュクラッセの場合、敵の位置は北西側にアドラークラッセの5体、北東側にルーヴェンクラッセの5体、計10体が相手です。


戦闘開始させたらまずは自軍フェイズ。
敵の移動範囲を確認しつつ、主人公他2人を西に、クロードとラファエルを東に寄せてみました。

敵軍フェイズでアドラークラッセのフェルディナントが主人公たち側に寄ってきたので、次の自軍フェイズで一気に撃破。
また、クロードたちの近くにいた、ルーヴェンクラッセのアッシュも撃破完了です。

ただ敵に近付いてしまった分、敵軍フェイズでアドラークラッセのヒューベルトからの攻撃されてしまいました。
当然、次の自軍フェイズでヒューベルトを倒して逆襲!


敵軍フェイズでは北西のアドラークラッセのユニットたちが後ろへ下がり、北東のルーヴェンクラッセたちは前へ出てくる。
ここでルーヴェンクラッセに近い自軍ユニットを後ろに下げて、遠い自軍ユニットを寄せておく。
味方5人が全員固まっている状態を作りました。

アドラークラッセの残り3体は北東へ進軍、ルーヴェンクラッセは教師を除く3体がマップ中央へ進軍。

もちろんここは、自軍ユニットに近付いてきたルーヴェンクラッセを叩きます。
と言っても弓持ちの1体しか倒せず、敵軍フェイズで逆に1体倒されてしまいましたが;;
まあ、クラシックモードでも今回は敗走したキャラは失われないので良しとしましょう。

それよりも恐いのは、北東へ進軍していたアドラークラッセたちがマップ中央に寄ってきたこと。
目の前のルーヴェンクラッセを早めに、かつ反撃を少なくして倒さないと厄介そうです。

ということで、敵の攻撃射程的に反撃されない弓や魔法でHPをギリギリまで削ってから、近接武器で止めを刺してやりました。
これでルーヴェンクラッセの残りは教師1人のみ。


ですが、懸念していたアドラークラッセの3体がまとめてかかってきたため、自軍ユニットをさらに1体倒されてしまい;;
次はエーデルガルトを撃破するも、自軍ユニット1人を倒され、残る自軍ユニットは主人公とクロードの2人に。
さらに2ターンかけて、ようやくアドラークラッセを全滅させられました。

敗北条件を考えると残る自軍ユニット2人はどちらも倒されてはならないため、HPの低かった主人公は傷薬で回復。


残る敵軍ユニットは、1ターン目からその場をまったく動かなかった、ルーヴェンクラッセの教師ハンネマンのみです。
が、かなり近付いたところでようやく動き始めます。

先制攻撃を受けて、ダメージもそこそこでした;;
まあ敵に有利な地形効果がなくなっただけでもありがたいと思いますか。
傷薬で回復してたおかげで何とか耐えられましたし。

ハンネマンは防御力がそれほどないようで、次の自軍フェイズで一気に勝負を決められました。
主人公のHP6、クロードは2と、本当にギリギリでしたがなんとか勝利です!



松山勝弘(まつやままさひろ)