本日より、Nintendo Switchソフト「ファイアーエムブレム 風花雪月」のプレイを開始しました。

最初に難易度選択があり、ぼくはFEシリーズは初ですが難易度ハードで、および失った仲間は戻らないというクラシックモードにてやってみます。
もちろん、戦闘中に仲間がやられたらリセットするつもり満々ですが笑

イベント後、主人公を男女どちらかから選択。
すぐに会話選択肢が三択で表示されますが、これは「人間だ」を選ぶまで終わらないみたいですね。
次に主人公の名前入力で、男ならデフォルト名は「ベレト」となっていました。

続いて誕生日入力。
現実世界と同じ366日(うるう年換算)から選べるようで、とりあえずは自身の実際の誕生日で良いとは思いますが、これが本編でどう影響してくるのか…。

さて、この先も選択肢がいくつかありましたが、今のところはどれを選んでも変わらなさそうですね。


しばらく会話で進み、初めての戦闘が始まります。
出撃前にセーブ画面が出たので確実にセーブしておきましょう。

今回の戦闘では、敵軍ユニットは計7体、味方ユニットは4体(以降「自軍」)と、操作できないキャラ1体(以降「友軍」)でした。
まずは指示通り、目の前に1人でいる敵を倒しにかかるのが良さそうです。

DSC_0001

とりあえず主人公を敵の隣に向かわせて攻撃。
ここで武器耐久が0になると壊れる旨のチュートリアルが表示される。

次の自軍ユニットを行動させると、システムメニューとフェイズについてのチュートリアルです。

DSC_0002

システムメニューの「状況」を選ぶとマップや勝敗条件が見られて便利でした。

射程の長い弓についての説明も受けつつ、自軍全ユニットを動かすなどしてフェイズ終了。
敵はまったく動かないまま、次の自軍フェイズが回ってきます。


地形効果のチュートリアルがあるので、言われた通り、陣取ると有利な地形である「森」に自軍ユニットのいずれかを入れておきましょう。
まあ、敵フェイズでは敵はまたまったく動かなかったので、チュートリアル進行の目的以外では森を取る必要はありませんでしたが;;笑

3ターン目の自軍フェイズでは、必殺技こと「戦技」について。
武器耐久が通常より大きく減るので、使いどころには気を付けなくてはなりませんね。


敵軍を残り3体にしたところで、アイテム使用の説明が入ります。
HP回復や武器装備変更などですね。

ここでやっと敵が動き始めました。
次の自軍フェイズが回ってきたら、最後に連携攻撃とドロップアイテムについてのチュートリアルです。

連携は簡単に言えば、敵1体を隣接包囲しながら戦うとより有利になる、といったところ(弓など長射程武器では隣接させる必要はないでしょうが)。
ドロップアイテムは、敵軍ユニットに緑色のアイテムアイコンが付いていたら、その敵を倒すとアイテムをドロップするというだけのことですね。


さて、後は敵を上手い具合におびき寄せながら戦うだけですね。
自軍ユニットの残りHP次第では、友軍ユニットが攻撃してくれるのを待つのも良さそうです。
自軍ユニットが1体でも敗走すればゲームオーバーなので。

倒しきったら戦闘終了。
セーブ画面が開くのと、続きの物語が始まります。



松山勝弘(まつやままさひろ)