第八章で、ルルアの家にいるロロナから話を聞いた後、アトリエに戻るとアルケミリドルにページ8-3が追加。
「錬金術の叡智」の解読が始まります。

キーワード2つのうち、1つ目は錬金レベルですね。
レベル38の時点でクリア済みだったので、35以上あたりでしょうか。


2つ目の条件は、質の高い「失敗作の灰」を作りだすことです。
クラフト、フラム、レヘルンなどの爆弾系統のアイテム調合で、1つ目の効果ゲージを悪い方へと進ませると、失敗作の灰になります。

フラムやレヘルン、ドナーストーンだと、必須材料が持つ良い方向の錬金成分が多いため、クラフトでやるのが良いでしょう。

DSC_0001

ブーストアイテム「荷電粒子」を使う必要はありますが、他の爆弾だと悪い錬金成分を上げた中和剤などを用意しなくてはならないので、それと比較すると断然楽。

また、クラフトの材料のうち「ニューズ」は、ページ8-1のキーワード条件で高品質うにを入手した際についでに高品質のものが手に入っているはずです。
これを使えば品質も楽々クリアできます。


さて、次は失敗作の灰をどれくらいの品質にしなければならないか、ですね。
試しに51あたりから作ってみようかなと思ったところ、いきなりクリアしてしまいました笑

一度リセットして今度は41で試すと、こちらはミス。
なので品質は50以上あたりが条件だと思われます。


解読を完了したらイベントで、「賢者の石」のレシピを習得!
賢者の石を調合し、それを材料に「賢者のパイ」を作る。
賢者のパイをロロナに納品して終了です。

賢者の石の材料には、失敗作の灰のほか「産業廃棄物」が必要でした。
前の章で「シュテル高地」へ行く際、手前の採取地「忘れられた村」で採取していれば問題ありませんね。





松山勝弘(まつやままさひろ)