第七章でアルケミリドルのページ解読を3ページ分進めたら、スティアの風邪を治すレシピを習得。
次はその調合に必要な材料探しをすることになりました。

ヴィントシュトーネの羽根を入手する必要があり、その住処の情報を聞くため、ステルクに会いにアーランドへ向かいます。

アーランドで議会に入るとイベント。
ステルクから新採取地「シュテル高地」を聞き出しました。


ついでに、ステルクがここで加入です!
単体攻撃や範囲攻撃の強いスキルを持ち、ボスクラス相手だと火力が上がったり被ダメージを10%減らすパッシブスキルもある。
プライマルアーツまでどれも便利で、前衛に置けば安定した活躍を見せてくれるでしょう。
ただアシストスキルの発動条件もアイテムでダメージを与えることなので、錬金術士2~3人を前衛にしてステルクを後衛に置く手もあります。

いずれにせよ、さすがステルクといった実力の持ち主でした。
装備をすぐに整えられるなら即戦力として計算できますね。


ワールドマップに出てシュテル高地へ向かおうとすると、その手前の採取地「忘れられた村」を通らなくてはならないことがわかりました。

DSC_0006

忘れられた村に入り、橋を渡った先からワールドマップに出れば、シュテル高地に繋がります。

忘れられた村にある井戸では、品質の高い水を無限入手できました。
探索道具「秘密バッグ」があるなら、「栄養剤」を使ってさらに良い材料へと変化させたうえで、一度カゴいっぱいまで採取しても良いかもしれませんね。


シュテル高地の探索を進めて3つ目のエリアに入り、少し進むとイベント。
ここでいきなりヴィントシュトーネとの戦いが始まりました。

DSC_0007

しかもルルア一人です;;
…って、ルルアだけの時点で予想はしていましたが、負けてもイベント進行しました笑

一撃で倒されるほどの火力ではありませんでしたが、連続行動されたためにルルアに行動が一度も回らないうちに倒されています。
なので、現時点で戦闘レベルがすごく高いなど相当に強い状態なら勝つことも可能なのかはわかりません。


速攻で敗北した後、イベントは続き、ヴィントシュトーネの羽根が手に入る。
ようやく風邪を治すアイテムの調合です。

適当に探索を終えたらアトリエに戻りましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)