間章から最終章に入る際、トゥルーエンドおよびノーマルエンドに分岐した場合のラスボス戦です。

竜星のヴァルニール_20181016191357

敵は星そのもの、ヴァルニール。
3層型の巨大竜でした。

難易度HARDの場合、本体HP126000~147000前後、部位HP31000~35500前後。
回行動で闇・斬弱点です。

確認できた行動パターンは以下の通り。

・上層 グレートスピア 796~1473
・上層 業火ブレス 459~839
・上層 星の槌 4回連続攻撃 1回あたり620~739
・中層 星の光 10回連続攻撃?(8回くらいかもです) 1回あたり913~1084
・下層 グレートヒーリング 本体のHP回復(部位破壊するまで本体への与ダメージが0だったため回復量は不明)
・下層 滅びの星 全体攻撃 610~781


まず、こちらが最初のターンに取る行動は、補助魔法「攻力弱体」「守力弱体」(対象は本体でok)、および「肉魂強化」です。
敵は能力変化系の補助スキルを持っていないので、これだけでもかなり戦闘が楽になります。

続いて、全力で中層の部位を破壊しにいくこと!
中層のスキルを使われるだけで、ほぼ確実に1人が戦闘不能に陥ってしまうので;;(助かるのはサポートガードが発動したときのみ)
当然、戦闘不能者が出たら「フルリライフ」で都度蘇生させます。

中層部位を壊した後は、回復スキルを持つ下層部位を破壊しておく。
それが終われば、後は本体とのガチンコです。

が、途中で一度でも戦闘不能になったキャラは「肉塊強化」の効果が切れているので、改めてかけ直しておきましょう。
個々に物理スキルの強化補助をセットしているならそれも使っておきます。


と、ここまで来れば後は時間の問題ですね。
無茶して回復を怠るようなことさえなければ倒せるでしょう。
もちろん、できるだけ早く倒すために敵の弱点である闇属性や斬属性のスキルを使用します。

倒したらイベントとエンディング、それとトゥルーエンドの場合は好感度最大のキャラエピローグです。





松山勝弘(まつやままさひろ)